【オカルト】常陸、下野、奥州にまたがる山があった。近づく者はなかったが若い猟師が頂上付近まで入り込んでしまった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

499名無しのオカルト 2009/02/01(日) 12:44:37 ID: ID:bP2n602p0

むかし、常陸、下野、奥州にまたがる山があった。
人里離れた山奥だが、修験者などが登る程には険しくもない中途半端な所だったし、
国境をはさんでいたので越境するとなにかと面倒なこともあるため(特に奥州側は)
誰も近づくものはいなかった。

ところがあるとき猪をおって大子の若い漁師がその山の頂上付近まで入り込んでしまった。




 

オカ速おすすめ!

500名無しのオカルト 2009/02/01(日) 12:51:51 ID: ID:bP2n602p0

あ、猟師ね。


つづき
結局そのとき、鉄砲は当たったはずなのに猪には逃げられてしまい。
その若者は手ぶらで帰るハメになった。
次の日、若者は体調を崩して寝込み、友達の猟師が見舞いにきた。
若者から打ち逃した猪の話をきき、手負いなら簡単に仕留められるかもしれんと
さっそく、その山までいったが猪は見つからず。てぶらで帰ってきた。
帰ってきたとき最初に猪を追った若者はぽっくり死んでいた。
若者の友達の猟師も帰ってきてすぐに病気にかかり友達を追うように死んだとさ。

そのときから、この山は登ると病むから、「病むぞ」とか「病みぞ」と言われるようになった。
後に病みぞ山ではさすがに気味が悪いということから八溝と当て字をして今にいたる。




引用元:∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part40∧∧
このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2021年01月14日 09:58
    • へぇ、知らなかった。 八溝って黒羽の先の茨城との県境の方にあるイメージ…
      大子も茨城の北だよね。 福島と近いから、あの辺を八溝というのか…

      なんか、奥多摩地方の禁足地にも縁起の悪い地名がつけられているのを思い出した。
    • 0

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【オカルト】山の中で一夜過ごしていると動物が争うような声とおっさんの笑い声が聞こえてきた。
  • 【風習・信仰】知らないと怖い町? ある祭りの年々増える“村民”を見てみよう【画像】
  • 【風習・信仰】知らないと怖い町? ある祭りの年々増える“村民”を見てみよう【画像】
  • 【風習・信仰】知らないと怖い町? ある祭りの年々増える“村民”を見てみよう【画像】
  • 【風習・信仰】知らないと怖い町? ある祭りの年々増える“村民”を見てみよう【画像】
  • 【風習・信仰】知らないと怖い町? ある祭りの年々増える“村民”を見てみよう【画像】
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク