【オカルト】山頂に向かう途中に2mくらいで宇宙服のようなものを着たやつが車の横を通り過ぎて行くのを2人が目撃。

このエントリーをはてなブックマークに追加

767名無しのオカルト 2009/02/19(木) 16:16:54 ID: ID:6HVz8XaQ0

竹内義和の話で、
酒呑童子で有名な大江山の隣にある和田山に映画撮りにいったら
わけわからん建物があって気持ち悪かった
って言うのがあるんだけど、
和田山行ったことある人とかいる?
あー、あと、和田山の中腹あたりにゼロ戦が突っ込んでるらしい




 

オカ速おすすめ!

828名無しのオカルト 2009/02/20(金) 02:29:35 ID: ID:JhCvkOB90

>>767
>竹内義和の話で、
>酒呑童子で有名な大江山の隣にある和田山
自分で調べればいいんだけど、もっと詳しく教えてくださいな
鬼と関連してるのですか?

しかし、0219はもう大炎上の日でしたね
低気圧接近のせい?
油を注ぎそうだけど、雷鳥さん様子を見てぜひ作品をおながいします




835名無しのオカルト 2009/02/20(金) 03:49:34 ID: ID:dBvM5MGx0

>>828
和田山に10人くらいで映画撮り行ったときのこと。
車で山頂に向かう途中に2mくらいで宇宙服のようなものを着た
やつが車の横を通り過ぎて行くのを2人が目撃。
気のせいだべ、ってことで先へ。
しばらく行くと道の脇に置いてあるドラム缶に白ペンキで「あと100メートル」って書いてある。
さらに行くと「あと50メートル」、そして山頂近くに「行き止まり」。車を停め、山頂へ。
山頂へいくと研究所みたいな建物があるが、
小石が賽の河原みたいに積まれていたり、
忍者が使う罠のように草が結ってあったりと異様な雰囲気。
研究所に近付いてみると、建物の端の鉄骨がぐにゃっと曲がっている。
さらに、その横にはひっくり返ったブルドーザーが。
建物のなかに入ると、土間っぽいところに大きい丸い石が三角形に置いてある。
その近くの壁には大きい石板が立てかけてあり、丸石の上に置くと、
ちょうどテーブルのような感じになる。
その後、2階に行くことになったが、階段がない。
おかしいと思って一回外へ出てみると建物の脇に土が盛られていて、
そこから二階へ行けるようになっている。
二階へ行き、部屋を見てみると、
ある部屋には、首を取られた人形が何百とおいてあり、
別の部屋には、日本各地のお守りが壁に貼られている。
さらに別の部屋では、藁半紙によくわからない言葉が書かれているものが積んである。
極めつけが、ある部屋の奥にある押入れの襖が倒されていて、
その押入れの壁に、ドラム缶の字と同じペンキで「たすけて」と書いてある。
これはおかしいなと、早々に撮影終わらして帰ろうと思ったが、カメラが動かない。
仕方なく下山して、建物について調べてみると、昔、牛の種付けの研究やらをしていたらしい。
そして、和田山一帯はUFOの目撃例が多い。
あ、なるほど、これでなんとなく合致するな、と。

こんな話だった気がする。




836名無しのオカルト 2009/02/20(金) 04:06:26 ID: ID:UsGbv9k70

http://piza.2ch.net/occult/kako/965/965034250.html
過去ログ見つけたよ。
当時と違ってグーグルマップがある今なら、違う検証ができるかも。




・新耳袋の山の牧場
1: 自爆 零 2000/07/31(月) 18:04
以前はスレッドありました?
今回のはないようで・・・ダブったらすみません。

兵庫県と京都の県境という情報しか知らないのですが
詳しい場所ご存知の方はいらっしゃいますか?

4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/01(火) 01:43
今はやくざ!

10: 科ルーセルまき 2000/08/09(水) 00:24
前に読んだ「文芸百物語」って本に竹内義一が書いていたやつのことかな?
正確には覚えてないけど兵庫県の和田山(私の田舎)に大江山っていう山があってその山頂近くに昔何かの研究所だった建物があって、その建物には二階建てだけど上にあがる階段がない不思議な構造である部屋にはお守り(御札?)がいっぱい張ってあって、またある部屋には人形がたくさんあって全部首がなかったっていう話。
あと押し入れの中に「助けて」って書いた紙が張ってあったと書いてあったと思う。明日図書館に行ってその本があったら借りてきます。
読みにくい文章でごめん。

11: 科ルーセルまき 2000/08/09(水) 00:28
確か竹内氏本人の体験だったような・・・。

12: 裏業界人 2000/08/09(水) 00:50
この牧場の話は「新耳袋」作者の木原氏の体験談から
有名になったのだよ。

13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/09(水) 01:30
それが噂が噂を呼んでマスコミにまでのぼってしまった、と
新耳袋自信は言ってる模様。

21: 兵庫県但馬人 2000/08/09(水) 09:42
>14
過去ログにありました?
スレッドを教えていただければありがたいっす!

>科ルーセルまき氏
京都と兵庫の県境ということでしたが・・・和田山ですか?
私は出石あたりと睨んでました。
ちなみに私は近所なので行きたいのです。


28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/10(木) 01:45
伝説のままがいいのか?
その正体をしっかり見据えた方がいいのか?

悩む問題ですなあ・・・

36: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/11(金) 09:31
本当に有名なの?
地元では聞いたことがない。

どこで噂が?

兵庫県の中部あたりにねえ・・・?

41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/11(金) 22:40
西床尾山 東床尾山 鉄鈷山のどれかではないでしょうか?

近所の奥山という地名もきになるが?

49: これかも・・・? 2000/08/16(水) 21:16
科ルーセルまき氏のでしょうか?
以前 北野誠がTVでやったとの情報もありますからね。

大江山UFO事件

初期サイキックの最大のテーマのひとつ。京都府大江町(福知山市と天橋立のあ
る宮津市の間)の大江山にUFO基地があり、さらにUFOについて情報を握った
人間は、黒ずくめ服装をした「ブラックメン」がどこからともなく現れ、確実に連
れ去られるなどの話題を展開。結局、誠さんが問題の建物を訪問するも、「やたら
便器の多いトイレと壁に小泉今日子(記憶不確か)のポスターが貼られた空き室を
発見しただけや」で終焉。しかし、どこか不自然だったため、「誠さんはブラック
メンを恐れて真実を語っていない」と邪推するリスナーが多く、90年夏のイベント
でも「大江山UFO事件の真相?」という質問が。会場は大拍手で盛り上がるも、
誠さんは「大江山のことは、もうええねん!」と一喝、以後この話題は放送でもほ
とんどされていない。大江山は鬼伝説があるなど、もともと結構怪しいところらし
い。なお、90年11月に朝日放送で放映された「サイキックTV」で、シンデレラエ
キスプレスが大江山を取材、便器がたくさんあるのは、近くにキャンプ場があるか
ら、との情報をいただきました。

しかしまあ・・・ホントに古い話だったのね。



66: 電波レモン 2000/08/23(水) 00:33
牧場はどうやら大江山ではないようです・・・

77: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/26(土) 10:37
>66
大江山ではないというのは第四夜に確実にありましたね。
今後の調査に期待。

78: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/26(土) 11:13
>77
そうだったんですか、てっきり勘違い(笑)
ありがとうございます。

79: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/27(日) 19:45
>78
その勘違いを北野まことがやってしまい。
皆が車で大挙して大江山は大迷惑を被ったそうですよ。

調査はなかなか順調です。
文中の近所の山に・・・
つまり著者の実家近くにあると見る方がいいですね。
大江山までは一時間半以上かかりますし、役場の友人に調査を頼んだ
ということは同じ町の可能性が大です。

80: 科ルーセルまき1 2000/08/27(日) 19:50
文藝百物語が借りられました。第二十五話「鬼伝説の山で」
やはり場所的な因縁というのがあるんですね。関西でも、丹後の方に大江山というのがいるでしょう。酒呑童子の鬼伝説で有名な。その大江山の横に和田山という小さな山があって、実はそこが酒呑童子の本当の発祥の地なんですよ。
そこは昔から鬼がいるとずっと言われ続けてきたところで、大本教の出口王仁三郎がそこを訪ねたときには、鬼とか武将の霊がいっぱいおるとか言うて、実際そこで撮られた写真を見ると、王仁三郎の周りに武者の姿がいっぱい写ってますよ。
一番有名なのは、和田山の中腹に零戦が突っ込んでるところがあるんですよ。それはそこまで戦闘機が飛んでくるはずないから、何かに連れられてきたんだろうとか言われている所なんです。
僕の友人がそこの近くの出身で、十六ミリ映画を撮っていて、和田山をロケ地に使おうということになって、みんなで行ったそうなんですね。バンに乗って目的地まで行こうと,山の麓から上がっていったときに・・・ここが僕はポイントやろうと思ってるんですけれども・・・走行中、ひとりの奴が、「あっ、ちょっと待ってくれ」と言って、車を止めさせたんです。

81: 科ルーセルまき2 2000/08/27(日) 20:19
訂正:いるでしょう→あるでしょう
そいつが慌てて降りて、また戻ってきて、「何があったの」と聞いたら、いまこの車の横を、銀色の服を着た二メートルくらいの背の高い、怖い顔をした人が横切ったと言う。「宇宙服みたいなものを着ていたのか?」という話になって、「なんか銀色に光るようなものやった」と。それは二人くらい目撃したらしいんですけどね、十人くらい乗ってて。
気のせいかどうか分からんということで、ともかく車を走らせて、山道になってくるでしょ。だんだん道が細くなってくる所を走っていったら、ドラム缶が並べられていて、そこに「あと100メートル」と白いペンキで書かれていて、ずっと行くとまた矢印があって「あと50メートル」。それでいちばん最後の所に「行き止まり」と書いてあって、そこを上がると山のてっぺんというか小高い丘みたいになっている。
そこに車を停めてみると、山のてっぺんに研究所みたいな二階建ての建物がある。あとで聞くと、牛の種付けみたいな研究をしていた施設らしいんですけれども、そこをみんなで登っていったら、なんか異様な感じがするんですって。
まず、その中腹のR(?)がついたてっぺんを歩いていくと、小石が全部賽の河原みたいに積まれていて、それがずっと向うまで並べられているんだって。おかしいじゃないですか。そんなの誰がするねん、と思いません?
草地を行くと、昔の忍者映画みたいに、草をくくって足を引っかけさせる罠みたいなものが作ってあったりして、とにかく変なんですって。
それで、その研究所に近づくと、建物の端の鉄骨がグニュッと、曲がるのじゃなくて押し潰されたみたいに・・・何か重いものが載って、そこだけ圧力がかかったみたいになってる。どんなものが載ったか分からないんですよ。ただ、上から物凄い重いものが研究所の縁に圧力かけたみたいに凹んでいるんだって。その横を見たら、ブルドーザーみたいなものが、完璧にひっくり返って放置されている。


82: 科ルーセルまき3 2000/08/27(日) 20:53
これはおかしいなあ、と思って、研究所の中に入っていったら、誰もおらんのですけれども、土間があって、そこに大きくて丸い石球がね、三ヶ所に三角形に設置されてるんですって。その設置されている横の所に、石板みたいなものが斜めに立て掛けられてて、それを三角形の上に持っていったら、ちょうどテーブルになるわけですよ。それがまた物凄く大きな石板で、誰が持ち上げるんやというような、まるで巨人のテーブルみたいなものがあって。おかしいなと思って、いろいろ部屋を探したんだけれども、そこにはそれしかなかった。
二階に行こうということになって、そこで初めてみんなが、いちばんおかしいことに気づくんですよ。二階に行く階段がないんですって、どこにも。どう行ったらいいんだろうと一回外に出たら、建物の片脇に土が盛られていて、それを登っていくと二階の窓に行けるようになっている。
そこから二階に入って、いろんな部屋を見たら、ある部屋に行くと、小さい人形が何百体とあるんやけど、全部首を取られてるんだって。うわっと思って別の部屋に行くと、日本各地のお守りがズラッと壁に貼られている。別の所に行くと、藁半紙が積まれていて、そこに日本語でも英語でも何語でもない言葉が気の狂ったように書かれている・・・いったい、これはどういうことなんやろと。
これはチョットおかしい、階段もないしと、みんなだんだん変な気になって、この山には酒呑童子の伝説があるし、そういえばさっき、麓で銀色の服を着た奴に会うたなあと。その一帯は、よくUFOが目撃される場所なんですよ。
それで、なんとなく全部合致してくると、みんな想像働かすじゃないですか。そういう目で見たら、ある部屋に行くと、襖とか戸が倒れて、誰かが慌てて逃げたような感じになっていて、その一番奥の押し入れの襖がドンと倒されている。そこが行き止まりやねんね、そこまで逃げたら。その押し入れの壁に、登ってくる途中で見たドラム缶の道しるべと同じ白いペンキで「たすけて」と書かれていた。結局そこでは撮影できなかったらしいんですよ、カメラが動かなくて。戻って麓の人に聞いたら、そこは牛を研究しているとこやと言われて、牛というのは昔からアメリカでも、だいたいUFO研究をすると牛を研究するとか言われているじゃないですか。
「そこの研究員はどうしたんですか」と聞くと、誰も知らない。誰かが働いていたということは周りの人が証言したりするんだけども。

83: 科ルーセルまき4 2000/08/27(日) 21:11
そんなことがあって、じゃあ、そこを一回、テレビ局で調べに行こうということになって、Kテレビが、そこにクルーを入れたんですよ。それで戻ってきた奴は一様に「何もなかった」と言うんです。「見せるものは何もない」の一点張りで。
なぜ、みんなそんなふうに頑なに「何もない」と言うのかなと思って、その和田山に行った僕の友達がね、いろいろ聞くと、ディレクターだかが何かを写して帰ってきたらしいんですけれど、そこには何か、見てはいけないものが写っていた。それで、変な話でうそかホントか分かりませんけれども、その人の住んでいるアパートに、黒づくめの服を着た男が三人訪れて、そのビデオを回収していったと。そのディレクター自身も、それ以来、会社に来ないで行方知れずになってしまった。
僕らラジオをやってるでしょ、北野誠君と一緒に。僕は怖くて行かなかったんですけど、誠君はそういうの好きやから、一回行ってきたらしいんですよ。
そしたら、確かに変だった、と。トイレも物凄いおかしいんですって、男便所がなくて、そのかわりに女性用が二十くらい並んでいたりするんだって。そうやっていろいろ調べていくと頭クラクラするように変な建物で。何かを呼ぶために意図的に作ったんちゃうかと考えると、いちばん分かりやすいと思うんですけどね。

85: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/27(日) 23:17
ごくろうさま。
しかし「新耳」の山の牧場では宇宙服を見た話はなかったなー。

黒服の話は絶対に嘘!
作者の木原と中山が今、有線でトークしてるけど、胡散臭いなこの2人。
本の3分の2はネタだよ。
稲川といっしょで、そのうち飽きられるよ。
こいつら商売人だよ。


90: あぐら縛り 2000/08/30(水) 11:39
山の牧場=安愚楽牧場

でもなんで2ちゃんにこんなもんが?
なんか「オーナー制度」ってうさんくさいなぁ。
登録して持ち逃げってことないの?
ステーキプレゼントって「ぞぬ」だったりして・・・

安愚楽牧場 - Wikipedia

837名無しのオカルト 2009/02/20(金) 04:15:55 ID: ID:UsGbv9k70

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412013069
さらに追加。個人ブログだから間接リンクにしておく。
突撃した人が何人かいるみたいだね。




838名無しのオカルト 2009/02/20(金) 04:30:39 ID: ID:dBvM5MGx0

>>836
グーグルマップか。考えてなかったわ。
そして>>837の廃墟写真がすげー怖い

こんな朝方にありがとう。




引用元:∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part40∧∧ 
・新耳袋の山の牧場


このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2021年01月17日 19:39
    • 竹内の話の時点で解散じゃないですか
      大ぼら吹きよ?
    • 0
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2021年01月17日 19:39
    • 裏世界ピクニックのおかげでここら辺の懐かしいオカルト話いろいろ思い出すなぁ
    • 0

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【怖い話】なぜか怖かった起動音、ロゴのトラウマ『PS起動画面の怖さは異常』『深夜の休止画面』『しまじろうの後』
  • 【怖い話】なぜか怖かった起動音、ロゴのトラウマ『PS起動画面の怖さは異常』『深夜の休止画面』『しまじろうの後』
  • 【怖い話】なぜか怖かった起動音、ロゴのトラウマ『PS起動画面の怖さは異常』『深夜の休止画面』『しまじろうの後』
  • 【怖い話】なぜか怖かった起動音、ロゴのトラウマ『PS起動画面の怖さは異常』『深夜の休止画面』『しまじろうの後』
  • 【怖い話】なぜか怖かった起動音、ロゴのトラウマ『PS起動画面の怖さは異常』『深夜の休止画面』『しまじろうの後』
  • 【怖い話】なぜか怖かった起動音、ロゴのトラウマ『PS起動画面の怖さは異常』『深夜の休止画面』『しまじろうの後』
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
アーカイブ
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク