【オカルト】「ここって出ると噂されているよな」などと、友人と話しながらトンネルを歩いていると、何かがおかしい事に気がついた… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part47∧∧

838: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/11/23(月) 20:03:27 ID:h+GGaiAu0
友人の話。

高校生の時分に仲間三人で、山に星を見に行った帰り道のことだ。
ダラダラと駄弁りながら歩いていると、トンネルが見えてきた。
「そういや、ここって出ると噂されているよな」
一人が面白そうにそう言う。

「行きも通ったけど何も出なかっただろうが」
そう詰まらなそうに返すもう一人の声を聞きながら、暗いトンネルに入った。
古い隧道であまり整備もされていないので、中に灯りはない。
懐中電灯を頼りに足を進めていく。

・・・何かおかしい。 
それほど長くないトンネルの筈なのに、何時まで経っても向こうの出口が 
見えてこない。 
他の二人はそのことに気が付いているのかいないのか、中に入ってからは 
ずっと黙りこくったままだ。 

やがてトンネルが二股に分かれた場所で立ち止まった。 
古い煉瓦とコンクリートで作られた壁の奥は真っ暗で、照らしてみても 
その先が見えない。 

「ここ、一本道だったよな」 
自分の声が震えているのがわかる。 

839: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/11/23(月) 20:04:32 ID:h+GGaiAu0

迷わず引き返すことにした。
来た時と同じように、かなりの距離を歩いた。
入ってきた口が見えると、思わず駆け出していたという。
無事に外に出られた時には、安堵のあまりへたり込みそうになった。

「もうこのトンネルは通りたくない」三人の意見はそれで一致した。
仕方なく横手の笹が茂る斜面を、苦労しながら麓まで降りたのだそうだ。

「その後も何度かそこを通ったけど、あんなことはもう無かったな。
 アレって一体何だったんだろう?」
不可解だという表情で、彼はこの話をしてくれた。

そんな体験した後も何度かそこを通ったという彼ら自身が、私には一番
不可解に思えたのだが、口に出して言うようなことはしなかった。

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2016年03月29日 14:15
    • 生活道路だと、色々あっても通らにゃならんのよね。
      登下校で通るトンネルで、後ろに居たはずの友人が行方不明になって騒ぎになった事があったけど
      (一晩で帰って来た。本人は普通に通っただけと言っていた。記憶も前日のまま)、
      でもその後も、みんな普通に使ってるわ。つか山一つ迂回なんてしてられるか!

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】気が強い人を幽霊は避けるらしい。何故か両隣が頻繁に引っ越ししてたな。
  • 【オカルト】五人で肝試ししてて、俺以外のうち2人が途中でビビって帰った。次の日その2人が死んだ
  • 【オカルト】近所にどうしても好きになれない場所がある。別に日当たりが悪いわけでもないのに、なーんか暗い感じ。
  • 【妖怪】寝物語を聞かせ寝かしつける善良な妖怪「枕女」  その記憶を持つ者は、朧げながらも不思議と一致する…
  • 【不思議な話】その夢は見渡す限りモノクロやったんやけど、遺影の前の花だけには色がついとった
  • 【怖い話】おまえら俺を馬鹿だと思ってるだろ、でもそんなことはどうでもいい。 いいか、これから大切な事を話すから良く聞くんだぞ。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク