【オカルト】仲間と二人で地元の山を縦走していると、何処からともなくポン、ポコンと太鼓のような音が聞こえてきたんだ。 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part47∧∧

895: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/11/28(土) 20:00:12 ID:lT58Jnbh0
知り合いの話。

仲間と二人で、地元の山を縦走していた時のことだ。
夕食を食べ終え片付けをしていると、何処からともなく音が聞こえてきた。
ポン、ポコン・・・と何か太鼓でも叩いているかのような、そんな音だった。

「狸囃子か。首吊り狸かな?」
「かもね。近頃は聞かないってことだったが」

そんな会話を交わし、各々持参していた刃物を取り出すと、山に向かって振り回す。

「研いでるぞー、だから切れるぞー、当たると痛いぞー!」 
「でも出来ることならー、こういう物は使いたくないぞー!」 

取りあえず闇の奥にそう叫んでから、刃物をザックの上に置いて休むことにした。 
いつの間にか、あの囃子音は聞こえなくなっていた。 

久しぶりの再会で酒を飲んだ夜、そんな話を聞かされた。 
「何だそれ?」そう聞く私の顔が余程キョトンとしていたのだろう。 
二人は笑いながら説明してくれた。 

896: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/11/28(土) 20:01:12 ID:lT58Jnbh0

「うちの地元じゃ、首吊り狸ってのが出るんだと。
 狸囃子を人に聞かせては山奥へ誘い出し、首を吊らせるっていうんだ。
 狸って呼んではいるが、まぁモノノケの一種だな」

「金気の刃物が苦手らしくてね。
 こっちが刃物持ってるぞーってアピールすると、とっとと退散するらしい。
 だから地の者は山に入る時、各人が刃を持って行くようにしてる」

「よくそんな所に出入りしてたねぇ」

呆れ顔でそう言う私に、彼らは平然と口を揃えて言った。

「いや、ちゃんと決まり事を守ってさえいれば何も起こらないし。
 実際に首吊ったって奴なんかも、聞いたことないしな」

何とも不思議な感じを抱いた飲み会だった。

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【不思議な話】家に初めて来た時に80歳だったとしても最後に来た時には98歳だ。 そんな老人が一人で峠を越えてどこぞへ行くだろうか?
  • 【オカルト】どうせ電車が通り過ぎたらいなくなるんだろ……。通り過ぎたら確かに向こうにはいなかった。左の視界の端、俺の左隣にその足があった
  • 【都市伝説】東京とかいうガチで結界張られてる都市【陰謀論】
  • 【ほんのり二篇】高速で動く白い手  /  亡くなったおばあちゃんがちょこんと正座。両親を連れてきたがまだいる。
  • 【オカルト】朝早く座禅をしていると、砂利を踏み鳴らしながら誰か来て引き戸を開ける音がするが、しまる音がせずにおなじことが繰り返しということがあった。
  • 【オカルト】こないだ彼女と待ち合わせしてたらさ、時間になっても来ない。横断歩道の向かいで携帯耳に当てて喋ってるのが見えた
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク