【オカルト】彼の実家の山では、変わった蛇が目撃されていたらしい。その蛇は丸太ほどの太さのある蛇なのだが、さらに奇妙な特徴があるのだ。 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part47∧∧

961: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/12/02(水) 21:54:25 ID:i8xVAx920
友人の話。

彼の実家の山では、変わった蛇が目撃されていたらしい。
山道を歩いていると、丸太のような物が横倒しになって行く手を塞いでいた。
近よってみると、この丸太には大きな鱗が生えていて、しかもズルズルと動いている。

これが幾ら待ってみても、尻尾の先が出てくることはない。
かと言って太い蛇体の上を跨ぐ気にもなれず、仕方なく引き返すことになるという。

これまで決して頭も尻尾も見られたことのない大蛇。 
地元ではネブトと呼ばれていたそうだ。 

最近は目撃例がないのだという。 
「いや、単に山奥に人が入らなくなっただけかもしれないけどね」 
彼はそう断りながらこの話を聞かせてくれた。 

962: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/12/02(水) 21:55:50 ID:i8xVAx920
知り合いの話。

彼の実家のある山村では、よく狐憑きが発生したのだという。
「私も祖父に聞いたことがあるだけで、実際に目にした訳ではないけどね。
 何でも村の伝えによると、昔の村民たちが地の狐たちと諍いを起こしたらしい。
 それ以来事ある毎、狐に目の敵にされたのだとか」

「面白いと言っては何だが、あまりにも憑かれたせいか、経験値が高くなったようでね。
 対処法というのがちゃんと確立されていたんだ。
 “狐憑きが発生したら、ヤマシロで作った艾で灸を据える”
 と、そういう流れになっていたらしい。
 狐はヤマシロの薬効が大の苦手で、すぐに落ちて元に戻るという話だ。
 祖父自身は経験しなかったが、親戚が何人か灸でヒィヒィ言っていたのを見たって」

ヤマシロって何ですか? わからなかったので聞いてみた。

「大麻のことだよ。
 狐はどうやら、大麻の匂いというか成分が駄目みたいだね。
 今は栽培も厳しく規制されているし、とても艾なんて作れないけど。
 狐憑きも出なくなったみたいだし、まぁこれも時代の移り変わりなんだろうね」

そう言ってニコニコと笑っていた。

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【都市伝説】『人を喰った話』彼女は「見てて」と言って、紙とボールペンを取り出して「ぎょーざ」と字を書きました。そして口に放りこんで……
  • 【ほんのり】関東大震災から逃げて来た人の話。当時はまだ今で言うオカルトみたいな迷信とかも信じられていた
  • 【オカルト】「通りすがりの変質者の霊にからかわれた!」と怒り心頭でいたら……
  • 【不思議な体験】大学生のとき祖父が他界した。最後、意識は無いが苦しみながらずっといろいろ独り言(うわごと?)を言ってたらしい。
  • 【オカルト】「おばあちゃん、つれてくからね」  自分は必死に足を動かそうともがき同時に、連れてっちゃ駄目!と心の中で叫んだ。
  • 【オカルト】笹子トンネルの天井の裏に妖怪がみえた。頭は大きくて、色みは黄色と茶色と緑、みたいな。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク