【怖い話】タレントの仕事で小さな民宿に宿泊してた時、数人で泊まってた全員がひどく不気味な夢をみたのです。夢から覚めても血生臭い臭いが… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・不可解な体験、謎な話~enigma~ Part90

304: 本当にあった怖い名無し 2013/09/06(金) 04:07:09.46 ID:HO3z9m3R0
学生時代、僕は地元の小さなタレント事務所に所属して
時々エキストラ的な仕事をもらって小遣い稼ぎをしていました
これは、某県の田舎に1泊2日のロケに行った時のことです


低予算の仕事で、民宿では7、8畳の細長い和室に男4人で押し込められました
仕事が終わったのが夜中近かったので、みんなかなり疲れていて
床の間を頭に、窓際からA、B、僕、Cの順で布団を敷いて就寝
僕はすぐさま眠りに落ちましたが、ひどく不気味な夢にうなされたのです

白昼の川のほとりで、着物姿の4,50人の老若男女がざわめいています(戦国時代頃?) 
川べりには等身大のカカシが立てられていて、 
カカシの頭部には、歌舞伎役者のように真っ白く化粧された女の人形の頭がついています 
と、その人形の頭がごろっと落ちたので見ると、斬り口から生々しくのぞく赤い肉、白い骨…… 
それは人形ではなく、死んだ女の本物の生首だったのです! 
村人たちはその生首を拾い、再びカカシの竹串にぐりぐり突き刺します…… 

急激に吐き気をもよおして目を覚ますと、枕元に血なまぐささがもわっと漂っています 
頭をもたげて床の間を見ると、床の間には血でぐっしょり濡れた座布団が置かれ 
座布団の上に女の生首が……「あった」のか「あるように思えた」のか? 
(室内は暗かったので、後から冷静に考えると「見える」はずないんですよね) 
悲鳴を上げて隣のBに抱きつくと、Bもすでに目を覚ましていて「わーっ、わーっ」と叫ぶ 
窓際のAも目を覚ましていたようで「ギャッ!」と跳ね起き、 
戸口側にいたCはパ二くって襖にぶつかりなからも必死で立ち上がり、部屋の電気をつけてくれました 
明かりの下、4人でヘタレながら床の間を見ると、そこには血濡れた座布団も女の生首もなく、 
寝る時にあった古びた壺がひとつ置いてあるだけだったのです

305: 本当にあった怖い名無し 2013/09/06(金) 04:07:42.22 ID:HO3z9m3R0
が、血なまぐさだけが相変わらず漂っています
僕たちは怖くてもう眠ることが出来ず、窓を開け、電気をつけたまま
床の間と反対側の壁に寄りかかって「何が起きたのか?」を確認しあいました
すると、4人ともまったく同じ夢を見ていたらしいことがわかったのです
身長130センチぐらいの奇形じみて小さい女がいたとか、
白い布製のランドセルのようなものを背負っていた男がいたとか、
僕たちの記憶は細かなところまでかなり合致しました
室内の血なまぐささは次第におさまりましたが、僕は胸がムカムカして、明け方に一度吐きました
みんな2時間ぐらいしか寝れなかったので、翌日のロケは揃って体調最悪でした


10年以上前のことなので、今落ち付いて分析()すると
昼間の仕事で同じような緊張を強いられた4人が、その疲れからたまたま似たような夢を見て
集団ヒステリー的に同じ幻覚、幻臭を感じただけなのかなという気もします
が、人生でオカルト的な経験をしたのはあの時一度きりなので
僕にとってはいまだに忘れられない不思議な記憶です
スレ汚し失礼しました

312: 本当にあった怖い名無し 2013/09/06(金) 13:52:15.34 ID:ywYcgJjf0
>>304
おお、結構怖かった!
幻臭ってめずらしくね?


場所の記憶、みたいなものってあるのかな
自分も白昼夢のように見たことがある
といっても、数時間前(たぶん)の白昼夢


子どもが多く来る文化施設に勤めてるんだが
閉館後、見回りも終わって、自分と上司2人以外帰宅したころ
残務処理の途中でトイレに行きたくなった
事務所から廊下へ向かおうとしたとき、
目の前を「きゃははははっ」とすごく楽しそうに
年中児くらいの女の子が横切って行った

一瞬意味が分からず、我に返って走り抜けていった廊下を見たが
足音はもちろん、姿もなかった

でも幽霊って感じがしなかったんだよな
昼間の楽かった時間が、今もう一度再生された…って感じがした

気のせいかな、と思ったとき、背後から上司が
「自分さん、今笑った?」と聞いてきた

ホントに子どもが館内に残ってたら大変だから
女児を見た気がする、と正直に言って、もう一度館内を見回ったけど
やっぱり何もなかった

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2016年03月30日 10:10
    • クトルゥちゃんだ。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】こないだ彼女と待ち合わせしてたらさ、時間になっても来ない。横断歩道の向かいで携帯耳に当てて喋ってるのが見えた
  • 【オカルト】高い音で コン コン コン … きっと狐の鳴声だ、やっぱりこっくりさんに呪われたんだ
  • 【オカルト】僧侶の読経の最中に、本堂の柱から吊るされていた飾りものが ゆっくりと時計の振り子のように動き出した
  • 【ほんのり】移動式の鉄の門扉、開いてたんだよ… 入って下さいって云わんばかりに。
  • 【オカルト】昔、一人の青年が遊びに来てたことを、最近になって思い出した。結局その人は亡くなったらしいがどうも話がおかしい。
  • 【オカルト】気が強い人を幽霊は避けるらしい。何故か両隣が頻繁に引っ越ししてたな。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク