【オカルト二篇】おばあさんの絵と買ったおじさん / 雪山登山中スキー客とすれ違った。ん?

このエントリーをはてなブックマークに追加
292: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/02/15 12:12
おいらが消防のころ、おばあちゃんが亡くなりました。
おばあちゃんは、ちと有名な絵描さんでした。
なくなったとき、地元のデパートの最上階で追悼個展を開きました。
それは、基本的なスタンスとして、売買や譲ったりというのはなしということだったのですが
ある、おじさんがどうしても欲しいと言うので、ばあちゃんが最後に描いた絵を
譲ることにしました。
それから、2年ほど経った今その絵は家に有ります。
そのおじさんから連絡があり、その絵を引き取ることになったのです。

引用元: ・洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part27

オカ速おすすめ!

293: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/02/15 12:21
続き

絵を持って行った当初、おじさんは絵をちゃんと飾っていたらしいのですが
一年ほど経ち新しい絵を購入し、ばあちゃんの絵を押入れにしまったのだそうです。
その家には、霊感の強い娘さんがいて、絵を買ってきた当初から「あの絵はさびしい」
としきりに言ってたらしいのですが、絵を押入れにしまってから娘さんが
「夜中になると、家の中を見知らぬおばあさんが歩き回ってる」
と言うのだそうです。
日が経つにつれ、「昼夜とわず家の中を歩き回って何かを探している・・・
このままでは、ノイローゼになりそうだ」
どうやら、そのおばあさんは押入れから出てくるらしいのです。
押入れを調べたおじさんは、あの絵のことを思い出し、有名なお寺さんにもって行きました。
すると、「この絵の作者は、自分の息子を探しているんです」・・・・・・・・・
結局、オレのオヤジが長男ということで家にくる事になりました。
絵が来た当初は何も教えてくれませんでしたが、俺が中学生の時に真実を教えてもらいました。
以上です。
長くてすいませんでした。
|♀゚≡))

63: 楢山 03/02/12 23:29
これは私の父の体験談です。
父は高校の時分、登山部に所属していたそうです。高校二年の冬、友達と二人で雪山登山をする事
になりました。その日は昼間の晴天と打って変わって、夕方近くになりますと、とんでもなく吹雪き、
ほぼ視界はゼロになってしまったそうです。引き返そうにも前が見えず不可能と判断した二人は、
もう暫く頑張って登り続ければ、その先に山小屋がある事を知っていたそうで、とにかくその山小屋
までいそいだそうです。その途中、吹雪の中スキー客二人が、上の方から滑ってくるのが見えたそ
うです。そのスキー客は、父のすぐ横を滑って麓の方に行ってしまいました。
父とその友人は暫く歩いているうちに、ある事がとても気になったそうです。「こんな吹雪の中、よく
スキーをしていられるな、ましてや視界はほとんどきかない・・・」
実は、そんな事よりもっと気になる事があったそうです。彼等が滑って行ったあとに、スキーでできる
はずの轍(わだち)がなかったということです。それと、ほんの1M先も見えないような中、上からス
キー客の滑ってくるのがどうして僕等に見えたのだろうか・・・
父と友人は山小屋で一晩過ごし、翌朝下山したそうです。麓では捜索隊が騒がしく人を探していました。
はじめは自分達を探す為の捜索隊かと思いとても焦ったそうです。しかし、話を聞くと、三日前から
戻らない男女二人連れのスキー客を探しに行く為に編成された隊だということがわかりました。
父は、昨日の出来事を話したそうです。急遽、いま来た道を逆戻り、隊をその場所に案内しました。
昨日の吹雪の中では見えなかったそうですが、スキー客とすれ違ったと思われる場所のすぐ横には崖が
ありました。その崖の下で二人の遺体が発見されたという事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2023年11月07日 12:08
    • おじさんが買った絵の題材はなんだったんだろう?
      なぜおばあちゃんはその絵に念を残してたんだろう?
      なぜその念が息子を想うものだったんだろう?

      因果が全く分からんな。
    • 0
      occlut_soku

      occlut_soku

      likedしました

      liked
      • 2. 名無しのオカルト
      • 2023年11月11日 01:34
      • >>1
        普通に考えて、これが最後の絵だろうからと我が子を思いながら描いたのでは?
        この世(我が子たち)と離れる無念さや寂しさが絵にこもるのは考えられること。
        それが他人の手に渡り、飾られている間は絵師として満足も出来るが
        仕舞われてしまったら、絵に込めた気持ちの行き場がなくなり
        それなら我が子のところに帰りたいと、探していたのだろう
      • 0
        occlut_soku

        occlut_soku

        likedしました

        liked

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【オカルト談義】まさか矢追純一と大槻教授のバトルで矢追純一が勝つとは思ってもいなかった
  • 【オカルト談義】本当は怖い?? スピリチュアル。あるスピリチュアル会社を調べたら出るわ出るわ……
  • 【オカルト談義】みんなが信じていたUMAの思い出『正体が虫って……』『蛇か猫か』『チュパカブラというネーミングセンス』
  • 【画像あり】昭和のオカルト・超常現象の思い出 『開運・強化グッズ』『Mr.マリック』『バミューダトライアングルの謎と真実』
  • 【画像あり】昭和のオカルト・超常現象の思い出 『開運・強化グッズ』『Mr.マリック』『バミューダトライアングルの謎と真実』
  • 【画像あり】昭和のオカルト・超常現象の思い出 『開運・強化グッズ』『Mr.マリック』『バミューダトライアングルの謎と真実』
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
タグ絞り込み検索
アーカイブ
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク