【オカルト】最近、モノが無くなるんです。それも普通だったら無くさないようなモノを。気にしないでいたら、それはエスカレートして… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・時空の歪み Part 11

98: 本当にあった怖い名無し 2011/04/11(月) 11:52:03.03 ID:j3hHtRcp0

最近、モノが無くなるんです。
それも普通だったら、あまり無くさないような、そういうモノです。
たとえば、ハードカバーの本。文庫本だったらどこかに取り紛れて、という事も
考えられるのですが、ハードカバーのものですから、それなりの大きさがあって、
「今日、ここまで読んだから、明日辺りに続きを読もう」と思って、机の上(だ
ったと記憶している)において、二日ほど経って探してみると、何故か本が見
つからない。

勿論、どこかに紛れ込んでしまった、という可能性も考えて、部屋のあらゆる 
場所を探しましたし、部屋の外、つまり家の中を全て探したのですが、見つか 
りませんでした。 
ただ、見方を変えれば、本一冊です。「まぁ、そういう事もあるのかなぁ?」と思 
っていたのですが……。 

つい最近は、バッグが無くなってしまいました。 
普段、帰宅すると、部屋の床に適当に、ポンと置いておく、いわゆるリュックサッ 
クタイプのバッグです。数日前、確かに部屋のバッグをおき、そこから、書類を取 
り出した記憶はあるんですが、何故か、あんなに大きなバッグが忽然と消えてし 
まいました……。 
これも、部屋だけでなく、家全体を探したのですが見つかりませんでした。 

何だか、こうしたモノの紛失が相次いで起こり(いつも私の部屋にあるものが無く 
なります)、とても気味悪く思っています。 

部屋が悪いのか、はたまた私自身に何か原因があるのか……。アドバイス頂け 
れば幸いです。

103: 本当にあった怖い名無し 2011/04/12(火) 07:28:51.79 ID:FvWNUEcT0
>>98
友人はかなり前からそういうことを経験しています。
今では「いい加減に返してよー」と言うと、忘れた頃に出てくるそうです。
「どうしてなくなるの?」と尋ねたら、
半分冗談で「妖精が隠した」って教えてくれました。
必要がないから隠されるそうです。

逆に、知人から「面白いから読んでごらん」と言われて借りてきた本が、
「この本を読みなさい!」って感じで家の中を空間移動したこともあったそうです。
1階に置いたはずなのに2階に上がると目の前にある。
それを片付けるとまた違うところに出現する。
「読めばいいんでしょ!」と腰をすえて読み始めると、
面白くてやめられない。
その日に一気に読んでしまったと言ってました。

今後も頻発するようなら伝えたい事があって「妖精が隠した」のかも。
いずれにしても怖がる必要はないと思います。

私は意図的にそういう時空間を作り出しました。
小物が無くなったり、無くなったものがありえない場所から出てきたり。
99さんがおっしゃっていることと関係があるのかもしれませんが、
めざまし時計が1時間ほど遅れたことがあります。
次の日も全く同じ。もちろん電池切れではないですよ。
それから3ヶ月以上も正確に動きましたから。

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2016年05月04日 05:59
    • ふぅ~ん。宝くじとかお金絡みはないから不思議。
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2016年05月04日 21:45
    • オカルトより大家や管理人など合鍵を持っている人物もしくは空き巣
      などを考慮したほうがよくないかな?
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2016年05月06日 09:01
    • 亀ですが
      テーブルって毎日片付けるよね?そんなとこに二日も本を置いておく、しかもあるかないかすらわからない、
      帰って来たらバッグを床に置く、それを当然のように思っている
      以上のことからかなり汚部屋住人だとわかります。
      部屋を掃除しろ。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【ほんのり】痛みは前世の記憶、だとありきたりだから  それは一種の予知夢でいつか正夢になるとか  あるいは来世で体験する事を先取り記憶とか
  • 【オカルト】新聞配達をしている友達から聞いた話。  角にある古い一軒家にまず投函して、奥の三軒目に入れるというコースがあった。
  • 【オカルト】家族4人で、築20年の庭付き一戸建てに引っ越した時にその恐怖は始まりました。
  • 【オカルト】線路の上を青白く燃え上がった丸太が直立したまま通った。
  • 【都市伝説】乗り物に関するオカルト話『バミューダトライアングルの最新の定説』『ロアノーク島集団失踪事件』『53年後に帰還した爆撃機』
  • 【ほんのり】俺は幽霊や不思議系な話は好きだが、実際オカルトだとかそんなのは信じてない。 ただ、考えれば考えるほど不自然としか思えない。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク