【オカルト】羊飼いの少年ははぐれた羊を追いかけ、廃墟の城へ近づいた。好奇心にかられ、地下へ続く階段を下りた彼は激しく後悔することに… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ その54

650: (1) 2009/02/25(水) 06:09:22 ID:2HLGxA300
ある理由から廃墟となってしまった城下町。
その奥には象徴ともいうべき古城が鎮座する。

羊飼いの少年は群れからはぐれた羊を追いかけ偶然そこを発見する。
村の者から戒めとして語られていたあの言葉を思い出しそこを立ち去る。

「あの城へは近づくな」

しかし好奇心が恐怖心に勝ってしまい、ある日その禁を破り城へ近づいてしまう…

651: (2) 2009/02/25(水) 06:13:40 ID:2HLGxA300
地下へと続く長い廊下を発見し「お宝でもあるのかな?」そういう
誘惑にかられ足を進める…。

ほどなくして長い廊下に出る。両側には無数の牢獄が並ぶ。中には
誰もいないか…骸骨のみだ。
やがて突き当たりには重い扉があった。少年は意を決して扉を開けた。
むせ返るようなカビの臭気と湿気…そして独特のすえたような臭い。

眼前には重厚な牢獄があり、暗闇のむこうには何かが蠢いていた。
暗闇に慣れてくると、それの正体がはっきりする。
人間であった。それも、ひどく年をとった人間である。

652: (3) 2009/02/25(水) 06:19:01 ID:2HLGxA300
牢獄で鎖につながれた老人は言った。

「久しぶりに人間を目にする…なぜワシがこんなところで
繋がれているのか、それが気になるようじゃな」

そういうと不自由なその右手でゆっくり手招きする。
少年は固唾を呑み見守るも、やがて牢獄の扉に手をかける。
老人は言った。

「おいで…。鍵はかかってないから。君にひとつ聞こう。
人間には好奇心がある。そして恐怖心もある。勇気もある。
ここに来たのだから君には好奇心と恐怖心がいっぱいなのだろう。
だが…勇気はあるのかな?」

少年は思いたったように鍵を開けると老人の前に歩み寄った。
後ろでバタンと重い衝撃と音が鳴り響く。

653: (4) 2009/02/25(水) 06:24:37 ID:2HLGxA300
少年は動揺した。
老人はうつむいていた顔を上げるとこう冷たく言い放った。

「ときに過剰なまでの勇気は身を滅ぼす…。城を発見し好奇心を満たし
この牢獄の前で恐怖心にかられて逃げれば良かったものを…」

少年は慌てて周囲を見渡すと次第にはっきりと見えてきた。
おびただしい白骨の数々が。そしてその重い牢獄の扉は内側からは二度と
開くことのない構造だった…。
そして少年は次の瞬間、ここに来たことを後悔し絶望の淵へと落ちる。

老人は狂ったように涎を流し狂喜してこう叫んだ。
「疫病の間へようこそ!」

 ※「米国都市伝説「エイズのマリー」の元ネタとなった欧州の童話より抜粋

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2016年05月31日 16:12
    • 誰がその話を伝えたんだよっと思ったら童話じゃしょうがないなあ

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【意味怖】両親を墜落事故で亡くした俺は去年から妹と二人暮らし…だったのだが、その妹は今年の春から留学中。【解説あり】
  • 【意味怖】両親を墜落事故で亡くした俺は去年から妹と二人暮らし…だったのだが、その妹は今年の春から留学中。【解説あり】
  • 【怖い話】団地の階段の前に黒いゴミ袋があって、開けてみたら血とグニョグニョしたへんなものが入ってて【体液注意】
  • 【オカルト】彼女らがいる部屋に一直線にコツコツとハイヒール鳴らして何者か、おそらく女が向かってきている
  • 【ほんのり】親友の女の子の母親が、ヘンな能力を持っている。行方不明者の生死を当てるんだけど  生きてる人とは交信できない
  • 【意味怖】「降りる駅が落ちる駅だよ」 「貴方の降りる駅が、私の落ちる駅」【解説あり】
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク