【怖い話】オカルト大好きな私、その日も洒落怖のまとめを読み耽っていると、不意に「オラッ!」と野太い男の声がして… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ その54

702: 本当にあった怖い名無し 2009/02/26(木) 23:45:25 ID:cOTTl+DoO
数少ない体験から。

霊感はほとんどないけどオカルト大好きな私。
あの日も携帯サイトで「洒落にならないほど怖い話」の
まとめサイトを読みふけっていました。
気づけばもう夜中の1時半。寝なくてはと思いトイレへ。
私は用を足しながらまた続きを読んでいました。
どれくらい経ったでしょう…

不意に「オラッ!」と野太い男の声が隣の男子用から聞こえて 
心臓が止まるかと思うくらいびっくりしました。 
我が家のトイレは男子用と便座の個室の間の壁に穴が開いています。 
改築前はそこに電球があったのですが今はそれぞれ電気がついてるので 
ただの穴だけが開いています。 
それは2㍍くらいの高さにあるので、覗けるような穴ではないのですが 
その時はそこから誰かが覗いてるような感覚があったので 
怖くてそっちを見ないようにして逃げるように出ました。 
当然というか、男子用に明かりはついてなかったし 
旦那は部屋で高鼾かいていたし、あの声はやっぱり 
存在しない人のものだったとわかったら益々怖かった。 
それからは怖い話を夜中に読まないように、早く寝ています。 
また霊に怒られたくないからw

710: 本当にあった怖い名無し 2009/02/27(金) 11:15:46 ID:+8lT77BvO
>>702に酷似した体験をしたことがある。

週一で更新されてる怖い話サイトを見つけ、昼夜問わず読み続けて3日目の事。
その日は休みで、朝から布団でゴロゴロしながら携帯で読みふけっていた。多分3時間位は経っていたと思うが、そろそろ腹も減ったしトイレ行ってから何か食うべ~と部屋を出た。
自分の部屋を出るとすぐ玄関で、部屋と玄関の扉が少しズレて向かい合う間取りになっているんだが、2、3歩行った所で「おいっ」と中年男の声がした。

集合住宅なので、誰か階段で話していると響いて聞こえたりする、それかと思い覗き穴で様子を伺ったが誰も居ない。扉の閉開音もなければ、階段を移動する音もない。
おかしいな…と思った瞬間、あることに気付いた。

その声、耳元でしたんだよ。

それ以来サイトを見るのは止めたけど、偶然にも100話目を読み終えた所だったんだよね

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2016年06月01日 14:19
    • スタープラチナだろ
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2016年06月01日 17:59
    • 承太郎

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】事故物件に入居してしまうのは、たまたま偶然になどではない。   その人が必然的に呼ばれてしまうんだよ。
  • 【怖い話】昔、本当に通称『幽霊列車』と呼ばれていた列車が走ってた時期があった。それは時刻表にも載らない臨時列車で、乗っているのは男のみ。
  • 【陰謀論】面白い陰謀論教えてや 『現在の欧州の王家や旧王家がドイツ系かフランス系しかいないのは独仏が裏で手を組んでるから』
  • 【ほんのり】自分が来たときから住んでる上の階の住人が、小さな子供連れで、深夜になってもどたどた足音が聞こえてきてた
  • 【オカルト】灯台の断崖絶壁を、人が這い上がって登っているのです。 三人とも無言で、ひたすらその異様な光景を見ていました。
  • 【風習・信仰】埋葬後3年目に遺体を掘り出して洗骨する風習があった。  洗骨しないと次の死者が埋葬できないしきたりだった
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク