【不思議な体験】その日は大事な取材のアポが入ってたんだけど、家に俺1人で熟睡してしまってた。すると、突然「何をぐずぐずしている!」 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ほんのり怖い話スレ その17

206: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/03/18 14:26
2年前の9月、敬老の日の直後だから16~17日頃だった。

当時ある雑誌の編集やってた俺は、その日、ある取材のアポが入っていた。
ちょっとした事情で締切ギリギリのスケジュールになり、
その日のうちに取材→原稿書き→先方確認→版下まで進めておき、
翌日午前中に編集長に提出する必要があった。
取材先は千葉の外れ。家から直行しても6時台の電車に乗らなければ間に合わない。

その日はちょうど家族が出払っていて、家には俺一人だった。
前夜、2時近くまで取材の下調べをした後、目覚ましをかけて熟睡していた俺は、
いきなり親父の声で叩き起こされた。 
「何をぐずぐずしている!」 
半分寝ぼけながら時計を見ると、まだ早朝4時半過ぎ。 
いくら何でも早すぎる・・・そうは思ったが、ここで二度寝したら確実に寝過ごす。 
仕方なく起き出すことにした。 
二階の自室から一階に下りると、俺はまず仏壇に線香を供えた。 

そう、親父は1年半前に死んでいた。 
家に誰もいなかったので、わざわざ起こしに来てくれたらしい。 
心配かけてごめんな、親父。でも、ちょっと気が早すぎるよ。 

取材の方はお陰でうまくいった。 
雑誌はその年の暮れに潰れたが、朝が苦手だった俺は、 
あれから少しは早起きできるようになった。

207: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/03/18 15:09
>>206
ジ~ンと心に響くいい話だよね
いつまでもお父さんに感謝しないとね

208: 206 04/03/18 15:49
>>207
ジ~ンと心に響くレスをありがとう。
去年の年末、新婚の嫁を連れて墓参にいってきました。
何度も来ているのに、何故か墓のある場所がわからなくて
小一時間迷ってしまいました。

親父、照れてたんかな・・・。

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2016年08月01日 01:04
    • 時々寝過ごしそうになると、背中をトントン叩かれて起こされます。
      家には私しかいないのに・・・・

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【ほんのり】結婚して結婚7年目になる嫁が、蛇なんじゃないかと思う。そう思った根拠は色々あるんだが
  • 【怖い話】北欧の小さな町に滞在したら、日本人が来たのは初めてらしく歓迎してくれた。それに味をしめて今度は西部の田舎へ行った。
  • 【オカルト】ふと目線を下げて見ると、背後に、俺の太ももの位置位の身長しか無い女がいた。全力で逃げた。
  • 【オカルト】古い寺の前に差しかかった時、 『ミー、ミーミーミーミー・・・』 道の先から、か細い子猫の声が聞こえてきました。
  • 【オカルト】実家の離れに蔵がある。元々物をしまっておく蔵じゃなくて、 昔の村の病人を隔離するとこだったらしい
  • 【ほんのり】私は死んだら地獄行きなのかもしれない。善行も始めたけど多分間に合わないだろうな
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク