オカルト速報:怖い話カテゴリの記事

【中篇集】夢って実際は記憶にないものもそこそこ出てくるよね / 」「オイテカナイデ」「ミズヲクダサイ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

726名無しのオカルト 2020/07/11(土)03:44:43.73 ID: hPWINIE80.net

‪夢って記憶の整理をしてるらしいね。‬
‪その日あったことを取捨選択して長期記憶にするんだと。‬

‪でも、それだと夢には記憶にないものって出てこないってことになるけど実際はそこそこ出てくるよね。‬

‪昨日の夢にも知らない人が出てきた。‬
‪ニキビ顔で三つ編みした女の人。‬

‪内容はうる覚えだけど、俺が「〇〇知らない?」って聞いたら‬
‪「そんなの知るわけないじゃん!キャハハハ」って笑われた。‬

‪その時の笑い顔が何故かすごく不快で身が覚めてもはっきり覚えてた。‬

‪今ファミレスにいるんだけど、‬

‪奥の席にそいつがいる。‬
‪夢と同じ顔でずっとこっち見てる。‬




 

【民話】オリジナルの民話って少ないのかな『シジラ・ゴジラという兄弟』『像の目が赤くなると村は水没する』『パンツで顔を拭え』

このエントリーをはてなブックマークに追加

339名無しのオカルト 2009/04/04(土) 21:18:53 ID: ID:SOgK4usW0

こんばんは 
また地方紙の切り抜きを投下しに来ました
熊本県の地名の由来を紹介する記事です

[くまもと地名あらかると]

宇城市三角町【石打谷】
昔、石打谷にシジラ・ゴジラという兄弟がいた。
谷の北側に兄、南側に弟が住み、それぞれ旅人宿を営んでいたという。
そして、互いに谷を行く旅人のことについて連絡を取り合っていた。

ある時、僧行をした旅人がシジラに一夜の宿を乞うと、シジラの一人娘が食事の世話などをしてくれた。
しかし夕食時になると、シジラの眼を盗んで、娘が囲炉裏の灰に何やら書いては掻き消している。
[この宿の石の枕をする人は生きて再び世には帰らじ]

床に就いた旅人は娘の書いた歌を思い出し、夜具の中に身を潜めて寝込んだふりをした。
すると、ちょうど石の枕の真上から大石が落ちてきた。
シジラ・ゴジラ兄弟は宿に泊まった旅人の頭を石枕と大石でかち割って、金品と命を奪っていた。
それ以来、石打(いしうち)という地名で呼ばれるようになったと語り伝える
この兄弟の墓と言われる五輪塔が現在も残っている

類話が結構ありそうですが、殺害方法を地名にしなくても…







 

【怖い話】父方の家系は嫁が不幸になり、生まれた娘は早逝、蒸発、笑われ者の三択なので怖い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

785名無しのオカルト 2009/06/29(月) 00:55:38 ID: ID:3zhgaNIMO

洒落にならないって程ではないかもしれませんが…
最近、母から聞いて心底ゾッとした話。

うちの父方の家系は、どういった訳か嫁が不幸になる家だそうです。
そして生まれる子どもは、何故かほとんどが男。
父から結婚後に家系図やら写真やら交えて色々教えてもらった母が言うには、
曾々祖母→夫に心身共に虐待され、夫を毒殺未遂するまでに心身衰弱、精神病院行き。
曾祖母→曾々祖母にストレス解消でいびりぬかれて、井戸に飛び込み入水自殺。
祖母→曾祖父の新たなはけ口になった上に夫からもいびられて家庭内暴力されて早死。
母→父にいびられて心身衰弱。家庭内暴力で家庭は崩壊寸前(身近で見てる)。

曾々祖母以前の代にも似たような事が色々あったらしく、それで近所で噂になっては
居を転々とするような一族だったらしい(別系もあるにはあるが、縁を切られたそうな)。
前々から親戚付き合いが少ない一族だな、繋がりが希薄な人達だって思ってただけに、
妙に納得させられた。父も叔父もかなりアレな変人だったし。
とにかく、最初は優しいが最終的に嫁をボロ雑巾にするような暴力的性格になるのがデフォらしい。
実際、父は小さい頃普通だったが小四くらいで人が変わったみたいになった。
長い歴史の中でたまーに娘が生まれても、すぐに早世するか、
十代の内に蒸発するか、狂人のような振る舞いをして笑われ者になるかの三択。


実を言うと、私は五代目ぶりに生まれた女です。
叔父にも娘はいましたが、十代の内に蒸発して行方知れず。
私はもう二十代なので、狂人にならないかすごく心配です。




 

【怖い話】自動車から放り出され「捨てられた、休ませてね」としくしく泣き続けたSは数年後、疑惑の中荼毘に付された

このエントリーをはてなブックマークに追加

346名無しのオカルト ID: ID:BFws8Btw0

広島の少女殺人事件で思い出した、嫁の少々アレな同級生。とりあえず名前をSとしておく。
ある日、嫁の友人のアルバイト先のコンビニに、自動車からぽいっと放り出されたS。
「ごめん、仲間から捨てられた。ちょっとここで休ませてね。」と云って、コンビニでしくしく泣き続ける。
Sは外見だけは可愛いかったので、店長と嫁の友人で慰めたり話を聞いたりしていたが、なぜか店長
がSをお持ち帰りにw そしてそのまま付き合いが始まり、Sと店長は入籍をw

この辺で既に良く理解出来ないのだが、結婚して数年後、Sは、自分たちを捨てた友人たちが優しく
なって来たと云って一緒に飲み会に。そして、帰宅して店長(夫)に、「こけて頭打ってしまったの。」と
云って寝ころんだきり、翌朝には死亡していた。自宅での死亡なので、病理解剖(?)が有って、
頭の周りの打撲が非常に多く、一度は旦那の暴力か、飲み会での暴力が疑われた。
が、旦那が大事にしたくないという話でそのままSは荼毘に付された。

恐らく広島のあの連中と、Sは感覚が似ているんじゃないかと思うんだが・・・こいつらの感覚って、
ほんのり怖いよな。




 

【オカルト二篇】耳元で赤ん坊の笑う声がした。幻聴とは違うリアルな声だった / ばあちゃん、誰と会話してるの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
209: ryo 2006/06/18(日) 12:13:27 ID:lXKj/I1p0
中3の夏休みの話だったかな
俺は塾の帰りにいつものように公園で友達と雑談をして、10時ごろに家に帰った。
その日はなぜだか体が重く、疲れてるのかなと思って晩飯を食べてすぐに床についた。
蒸し暑く寝苦しい夜で、なかなか寝つくことができなかった。
すると、耳元で赤ん坊の笑う声がしたんだ。よく幻聴で、サイレンの音とか友達に名前を
呼ばれる、見たいな事はよくあったので、それほど気にはしなかった。
もう一度赤ん坊の笑う声がした。
今思えば幻聴とは違う、リアルな声だった気がする。
その笑い声が止んだ瞬間、俺の顔を何かが両手で激しく掴んだ。
その手は小さかったが、握力は凄まじく、頬をぐいぐいと引っ張る。
体も動かすことが出来ず、目も開けられない。「これが金縛りか」と冷静に感動していた。
俺は今までにこんな体験はしたことが無かったので、何をしていいのかわからず
とりあえずこの間のばあちゃんの葬式の時に聞いたお経を必死に唱えた。
「(なむあみだほーれんげーきょー・・・ナムアミダブツナムアミダブツ)」
唱えていると、おでこにフッと息をかけられた。ロウソクを消す時のような、短い息を。
すると急に体が軽くなり、顔を掴んでいた手がフェードアウトしていくようにスゥと消えていった。
目をゆっくりと開けると、そこには天井しかなかった。外はもう明けかけていて、少し明るい。
体は汗だくで、寝相はわるくないのだがベッドのシーツはぐしゃぐしゃになっていた。

あれは何だったのだろう?
朝、親にそのことを話すと、
「きっとおばあちゃんが守ってくれたんだよ」
とサラッと言った。
あの息を吹きかけてくれたのはばあちゃんだったんだろうか。
もしそうなら、あのときそうしてくれなかったら、俺はどうなっていたんだろう。
今思い出しても、鳥肌が立つ。


駄文失礼しました。

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?133

ギャラリー
  • 【陰謀論】Twitterの陰謀論のQAnonアカウントが大量停止されたのは言論統制か?
  • 【事件】子供が犠牲になる事件は本当に非道で悲しい / 混同されがちな事件『児童虐待事件』
  • 【事件】子供が犠牲になる事件は本当に非道で悲しい / 混同されがちな事件『児童虐待事件』
  • 【事件】子供が犠牲になる事件は本当に非道で悲しい / 混同されがちな事件『児童虐待事件』
  • 【事件】子供が犠牲になる事件は本当に非道で悲しい / 混同されがちな事件『児童虐待事件』
  • 【事件】子供が犠牲になる事件は本当に非道で悲しい / 混同されがちな事件『児童虐待事件』
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク