オカルト速報:怖い話カテゴリの記事

すれ違いざま、女の子の顔を見た。卒倒しそうになった。肌の色まで真っ紫だったのだ。顔の皮膚、腕の皮膚、足の皮膚、全てだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?287

874: 本当にあった怖い名無し 2012/01/11 12:57:02 ID:1SS1xqKP0

この話を人に話す時、「確かにその話、滅茶苦茶怖いけど、本当かよ?」と結構言われる事がある。
よっぽど霊が出てくる様な話の方が、逆に現実味があるからだ。これは俺が実際に体験したそんな不思議なお話です。

俺が小学5年生だった頃の朝、いつのも様に、自分の家の近所の2人の同級生達と、学校に登校する為に登校路を歩いていた。
しばらく話しながら歩いていると、前方を歩いている2人組の女の子が視界に入った。
1人は自分と同じクラスの同級生、もう1人は別のクラスの女の子である。

俺は同じクラスの女の子の方に目が釘付けになった。「全身、真っ紫」なのである。
「真っ赤」とか「真っ青」とか「真っ黄色」等と言う言葉はあるが、「真っ紫」と言う言葉はないと思う。
が、どういう状況を見たかと言うと、頭の先の髪の毛から体全体の服、靴までの全身が、紫色のペンキを頭から被った様に「真っ紫」なのである。
普段からそんな奇抜な格好をしている子等と言う事はなく、普通の女の子である。
普通なら「おい、あれ見ろよ!!」と一緒に歩いてる同級生の2人に話しかけるのであろうが、
なぜか「話してはならない」と言うか、話したくても言い出せない、口を開こうとしたら言い知れぬ恐怖感が襲ってくる様な、
金縛りの軽い感じの様な不思議な不快感を俺は感じていた。

俺と一緒に歩いている同級生2人も、確実にその紫の女の子は視界に入っている距離だ。だが何も言わないし指摘もしない。
普通にゲームの話等をして盛り上がっている。そして、もはや前方の女の子2人を追い越す距離までに近づいた。何も言わない。おかしい。
すれ違いざま、女の子の顔を見た。卒倒しそうになった。肌の色まで真っ紫だったのだ。顔の皮膚、腕の皮膚、足の皮膚、全てだ。
思わず悲鳴を上げると、女の子2人が「おはよう」と挨拶をしてきた。「おー」と同級生2人が返事を返す。俺だけ引きつった顔をしている。
やはりおかしすぎる。誰1人として、女の子の全身が紫な事に一切触れないのだ。「お前何驚いてるんだ?」と怪訝な表情の同級生2人。
ドッキリか?とも思ったが、いくらなんでもこんな手の込んだドッキリをする意味は無い。その時初めて「自分以外には見えてないのだ」と思った。



うっわー・・・。猿夢っぽいのを見てしまった。ジジイが長い針金のような物をもってきて俺の両目に近づけてきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?287

853: 本当にあった怖い名無し 2012/01/11 07:40:35 ID:i21n2TIF0

うっわー・・・。猿夢っぽいのを見てしまった。
いつも夢は白黒だけどその夢に限ってカラーだったしな。

気がつくと自分はすでに台の上に磔にされていた。
バツの字に両手両足拘束。
誰かがやってきた、5人ぐらいのジジイ達だった。
ジジイ達は俺を囲むようにして並び真正面にいた奴がなにやら
黒い箱を持っていた。赤い字でなにか書いてある。



父が留守にしていた間にTさんが来たことを伝えると、青ざめた表情の父は震えながらこう呟いたんです。「Tさんは去年亡くなったよ…」と。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?287

814: 本当にあった怖い名無し 2012/01/11 01:08:16 ID:lFf9Lmk/0

コピペではなく、俺の家族が体験した怖い話を投稿します。長文になりますが、よければ見てください。

俺が生まれる前に、俺の母親が体験した話です。その日は8月15日でした。お盆の送り火で、親父は家を留守にしてたんです。まだ小さかった兄貴を母があやしてると、玄関でインターホンがなりました。



トイレに生首、天袋に生首、キッチンの収納に腕…いろいろ見えて、私たちは顔を真っ青にしてその部屋を退却した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?287

745: 本当にあった怖い名無し 2012/01/10 03:23:34 ID:GoyeSl3H0

去年、母とランチをとった商店街が気に入り、冷やかし程度に商店街の不動屋さんの物件チラシを見ていた。

すると、不動産屋さんのおじさんが、良かったら中でどうぞとおっしゃったので、お言葉に甘えて店内へ。

冷やかし半分だったので、2LDKで7万前後(それなりに都心です)、ペットも可能であればなおよしという無理難題をふっかけた。

すると、データベースを見ていたおじさんが「あれ…?あ、ああ、ありましたよ、一軒!今すぐ見に行けますがどうですか?」暇だったので承諾する私たち。

不動産屋からは3分の距離。それなりに賑やかな商店街、駅からともに近い。日当たりもいいという。いやがおうにも期待が高まる。

しかし建物の前に着くと、どうも嫌な予感がする。母に至っては鳥肌を立てている。やっぱりやめましょうと声をかけるも、不動産屋はずんずん進んで行く。

部屋のドアの前についた。中は見なくていいです、という私たちを無視して不動産屋はドアを開けた。生臭い匂いがムッと流れ出る。三年は入居者がないという。

その部屋のウリを話しながら、不動産屋は雨戸を開ける。墓場が見えた。私は不動産屋の進行方向の反対に進み、風呂場がバランス釜だしなーと言いながら風呂の蓋を開けた。ドス黒い液体が溜まっていた。

へぇ、ふぅん、なかなか…適当な相槌をうちながら西の窓を開ける。階段が見えるはずの風景には、電車が走っていた(駅と正反対)。

その後も、トイレに生首、天袋に生首、キッチンの収納に腕…いろいろ見えて、私たちは顔を真っ青にしてその部屋を退却した。

残念ですが、この部屋はやめておきます。そう告げた瞬間、不動産屋は舌打ちをして、私たち親子に塩を撒いて追い出した。

終わり。



3歳とはいえ、弟も拙いが大分しゃべれるようになってきた。だがそんな時期に弟がやたら誰もいない空間に向かって笑っているらしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
703: 本当にあった怖い名無し 2012/01/09(月) 23:46:34.31 ID:dZy2q9b3O

初投下失礼する

この話は俺が、というか実家で起きた話。
俺が小3の時に母が病気で亡くなった。
そして母の葬儀が終わってから1ヶ月後に母の妹(つまり叔母)が息子を連れて家にやってきた。
叔母は母が亡くなる一年ほど前に離婚しており、父も3人の息子を男手ひとつで育てていくことに疲れを感じてたんだとおもう。お互いに付き合いもあったので助け合うことにしたらしい。
まぁ兄と自分はやっとまともな飯が食えると大喜びだったけどw
ここで話は少し遡るが、叔母が家にくる少し前のこと。その日は土曜日で明日は父も休みということで俺は父と一緒にテレビを見ていた。
もう夜も遅かったので弟と兄は寝てしまい、かく言う俺も父に寄りかかりながらウトウトとしていた、

説明しておくと家は三階建ての一軒家で外にある階段を上った二階に玄関があるという珍しい?作りになっている。
玄関を上がるとすぐ正面に三階へ続く階段。左の部屋にはリビング。右の部屋は台所になっていて、台所の奥には一階に続く階段がある。リビングと台所にドアはなく吹き抜けになっているかんじ。
そんで俺がテレビを見てるのがリビング、兄たちが寝てるのが三階という構図。



ギャラリー
  • 【オカルト】高い音で コン コン コン … きっと狐の鳴声だ、やっぱりこっくりさんに呪われたんだ
  • 【オカルト】僧侶の読経の最中に、本堂の柱から吊るされていた飾りものが ゆっくりと時計の振り子のように動き出した
  • 【ほんのり】移動式の鉄の門扉、開いてたんだよ… 入って下さいって云わんばかりに。
  • 【オカルト】昔、一人の青年が遊びに来てたことを、最近になって思い出した。結局その人は亡くなったらしいがどうも話がおかしい。
  • 【オカルト】気が強い人を幽霊は避けるらしい。何故か両隣が頻繁に引っ越ししてたな。
  • 【オカルト】五人で肝試ししてて、俺以外のうち2人が途中でビビって帰った。次の日その2人が死んだ
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク