オカルト速報:怖い話カテゴリの記事

声にならない声をあげ脂汗を流しているところで彼女が私の声に気づき私を起こしてくれ、『それ』は舌打ちをし、気配はなくなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
31: 本当にあった怖い名無し 2011/06/01(水) 11:25:46.93 ID:wjNREhaP0

普段はROM専で今回の件についても書こうか迷いましたが専門的な意見などを聞きたく書き込むことを決意しここに書き込みます。長文となりますが書き込むのも初めてなのでどうかご容赦下さい。
事が起こったのは数ヶ月前でした、私は地方の大学の近くで一人暮らしをしていますが春休みの間東京にある彼女の家に泊まっていました。
その日は地元の友人らと彼女を交え出かけた後彼女の家にて駄弁っていました。彼女は昔霊感があったとかで苦手なようですが私と友人は洒落怖のまとめを読むのが好きでその日も洒落怖談義に華を咲かせていました。
その時話題にあがったのが霊能力の判別法?みたいなのがあったと思うんですが(タイトル忘れてしまいましたすみません)友人と「あれ怖くてできねーよなW」みたいな流れでした(Aも私も零感です)
そんなこんなで時間になり友人が帰り彼女と二人きりになり夜も遅かったこともあり寝ました。
その夜夢を見ました、普段夢を見てもたいていは不鮮明ですぐに忘れてしまうのですが今でもあの夢については覚えています。
夢の中で私は彼女の引っ越す前の部屋を歩いていました、彼女が東京に出るまでの間同棲していたこともありえらくはっきりと彼女の部屋が映し出されていました。
夢の部屋で玄関に立っていた私はとりあえず中にあがったのを覚えています。
入ってすぐに台所、向かいにはお手洗いと風呂場、そして台所をまっすぐ抜けると彼女の部屋がありました。
風呂場を開けたあたりで「これって夕べ話していた内容まんまではないだろうか」そう思いまずいと思いつつも夢の中の私は言うことを聞いてくれません。
次々と扉のあるところを開け、最後に彼女の普段使っているワンルームへと入りました、そして部屋にあるクローゼットを開けた瞬間に何かいたのです。もともと零感というのもあったのですが『それ』は白くもやのようで人のシルエットをしていました。


学校で肝試しをしていたら、いつもの校舎とは違う場所にいることに気づいた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
33: 本当にあった怖い名無し 2011/06/01(水) 11:31:41.20 ID:s0aFqruY0

夏休みに小学校のグラウンドで、一泊二日のキャンプファイヤーをやった時
の事。夜になって火を囲んで各クラスで出し物やって、マイムマイム?ていう
踊りやって、最後に校内で肝試しをやることになった。生徒たちの親と先生
たちがおばけ役をやってくれて、けっこう本気で泣いちゃう子が出るくらい
本格的だったのを覚えてる。6年生のクラスは三つで、全員で130人位だから
時間かかってしまうので、4、5人で1グループで校舎を一階から3階まで行って
スタンプ押して帰ってくるってルールだった。キャンプファイヤーするにあたって
、あらかじめ決めてあった、クラスがバラバラな班で肝試しした。
俺のグループは結構最後の方で、先に終わって帰ってきたグループからいろいろ
情報を聞いた。音楽室ではピアノの下から足を掴まれる、二階の階段に先生が隠れてる
など、女の子の前で恥をかきたくなくて必死に覚えた。
自分たちの番が来て、俺はかっこつけて前に立ち、その横に同じクラスの
A君がいて、後ろに違うクラスの女子二人(名は忘れた)が並び、恐怖を隠すために
A君と大きな声でしゃべりながら校舎に入った。

ちょっと長くなったからきるぜ。


あれは、人身売買だったのだろうか、ただ施設に入るとかそれだけの話だったのだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
7: 忍法帖【Lv=1,xxxP】 2011/06/01(水) 01:31:04.77 ID:CHU4MGTK0

194 名前: 忍法帖【Lv=2,xxxP】 [sage] :2011/05/31(火) 10:22:19.66 ID:M0zBBdl80
140 名前:!ninja [sage] :2011/05/29(日) 01:42:49.10 ID:DPVbQhNk0
落ちがはっきりしなくて申し訳ないのだが、十一年前、俺は大阪の野田でバイトをしていた。

一人暮らしを始めたばかりで、節約の為にも毎日自転車で新大阪から通い、毎晩の先輩からの誘いを断らず、飯を奢ってもらい、深夜まで先輩のバイトの愚痴を聞いていた。

帰るのはいつも夜中になって、その日も夜中の2時か3時前くらいになっていたと思うのだが、いつもの通り自転車で帰ってる途中の話だ。

場所がはっきりしないのだが、確か高速か電車の高架下に夜中でも屋台が出てて、結構大きな道路沿い。
バイトで疲れたのもあっていつも帰り道の途中では休憩がてら、その道くらいになると自転車を押して歩くようになってた。

そんな時間なので、屋台以外にはあまり人通りも無く、車もまばら。
しかし、ふと見ると少し先に黒い車がだいたい10メートルくらい離れて停車されていて、手前の車から黒いスーツの男と、青いワンピースのドレスに青いリボンを着けた小さな女の子(だいたい5.6歳だと思う)が降りて、手を繋いで歩いていた。

こんな時間に小さな子が歩いてる事が珍しいが、まぁ親と一緒なら良いのかな、とか考えてたと思う。
そしたら、前に停めてあった車からも黒いスーツの男が降りてきて、こちらに向かって歩いて来た。


お姉ちゃんの友達のBさんの口癖は「Cちゃん(私の事)が私の妹ならいいのに」だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
951: 本当にあった怖い名無し 2011/05/31(火) 22:57:27.90 ID:BndriAnC0

ドルフィンリングと言うイルカの形をした指輪が流行った大昔の話。
当時私はリア消(低学年)で10歳年の離れた姉がいるんだけど、姉はいわゆるDQNで夏休みにな
るとほぼ毎晩DQN仲間をうちに連れてきては親と喧嘩をしていた。
で、この当時子供嫌いのお兄さん(以下A)、優しいお姉さん(以下B)と言う二人がいつも家
に遊びに来ていた。
Aさんは私が姉の部屋に近づくと凄い怒って「ガキがくんじゃねーよ!」って怒鳴り散らすのね。
その度にBさんや他の人たちが「小さい子にそんな事言うなよ~」とフォローしてくれて、
「Cちゃん(私)だって遊びたかったんだよね」とか言ってお菓子くれたり、部屋に入れてくれた。
正直私はAさんが嫌いだった。だって人の家に来て泊っていったりするのに優しくしてくれないし、
私が姉の部屋に近づこうとすると「チッ!」って舌打ちして威嚇するし、たまに外で会っても「ガン
くれてんじゃねーぞ!」とか言ったりしてとにかく怖かったから。
逆にBさんのことは大好きだった。BさんはAさんと違っててうちに来る度に花火やお菓子をくれたり、
Aさんのフォローもしてくれたり、外で会えば必ず声をかけてくれて、友達のいない私が寂しいだろ
うからって一緒に遊んでくれたりもしたんだ。
Bさんの口癖は「Cちゃんが私の妹ならいいのに」だった。


低い男の人とおばあさんの声が混ざったような声で「ト・コ・ヨ・ワ・タ・リ」という返事が来て電話が切れた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
916: 本当にあった怖い名無し 2011/05/31(火) 15:35:20.94 ID:bLQ+WuD60

俺の家の近所に青柳タンスと言う廃屋があった。別にタンス屋だった訳じゃなく、ただの
民家だったんだろうが、壁面にそういう看板が掛けてあった。
そこには電話番号も書いてあってその番号に掛けると霊界につながるという噂があって、
ある日、番号をメモして電話を掛けてみた。携帯も無い時代。

電話を掛けてみると呼び出し音が鳴るが、いくら待っても誰も出てこない。友達数人と
面白がって何度か掛けていたが、ある日一人が
「多分、実際に青柳タンスに掛かっていると思う。みんなで青柳タンスに行って、
その時一人が電話を掛けてみよう」という話になった。
そこで俺一人が家に残って電話を掛けることになった。
みんなが青柳タンスにつくぐらいの頃に電話してみると、いつもどおりの呼び出し音が
鳴ったあと、がちゃ、っと音がして電話が通じた。


ギャラリー
  • 【オカルト】お祓いしたけど、あれは本当に正しい行為だったのか、実は詐欺とかじゃないのかと思ってる。詳しい人教えて。
  • 【未解決・オカルト事件】オロCの蓋が今の形に変わった原因の事件何だっけ?
  • 【ほんのり】廊下を四歩、五歩ぐらい歩いたとき、階段を上って教室に入った黒い靄のような何かを見ました
  • 【オカルト談義】コックリさんみたいなやつっていろいろあったよな。えんじぇる様とか、鉛筆でやるやつとか。
  • 【オカルト】近づいてみるとペットボトルがある。口の部分まで液体が入って、中には細長い紙のようなものと、黒く渦巻いた何かの塊が入ってる
  • 【オカルト】オカルトを盲目的に全肯定する人と全否定する人ばっかで、それでいて権威があるものは否定されにくい今の状況が気持ち悪い
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク