オカルト速報:怖い話カテゴリの記事

「ウヒャヒャヒャ」 この世のものとは思えない笑い声が居間に響き渡りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?288

129: 本当にあった怖い名無し 2012/01/15 03:37:34 ID:HSvZy2yw0

俺の心霊体験です。
当時の俺は怖い話や都市伝説にはまってオカルト系のサイトを転々としていました。
たまたまあるサイトで死者に繋がる電話番号と言われてる物を知ったんですよ。
「09044444444」って番号なんです。気味が悪いですよね。
でも当時の馬鹿な俺は「面白そうじゃん」って思って掛けてみることにしたんです。
早速番号を入力しようとしたんですが手が震えて中々番号を打つことが出来ませんでした。
相当のビビリですね。
番号を打ち終わり携帯を耳に当てました。
聞こえてきたのは「ヴォーン」っていう雑音だけ。
もう一度掛けてみたんですがさっきと同じ「ヴォーン」と雑音だけが聞こえてきました。
「やっぱり嘘かよ」
そう思ったその日は落胆し断念しました。



ベッドでマンガ読んでたら女の子の霊に足を掴まれて 「私に足をちょうだい」 と言ってきた。妹は恐怖のあまり足で思いっきり女の子の顔面に蹴り入れた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?288

85: 本当にあった怖い名無し 2012/01/14 08:38:25 ID:F0H7ZhlsO

姪っ子2人の話
姉妹そろって霊感あるらしく、たまに見えてるらしい
ある時姉が中学生のとき見たことを話をしてきた
体育倉庫で見た女の子の霊で足が無かったと
姉は気が強く、怖いというよりまたかといった感じで
霊に対して「何ブツブツ言ってんだ?聞こえねーよ、つかどっか行け」
すると霊は一瞬悲しそうな顔をして消えたらしい

【フィンガーさん】女の上半身をさらに半分にしたようなやつが、地面でウゴウゴしている。轢かれて壊れたマネキンみたいなのだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?288

62: 本当にあった怖い名無し 2012/01/14 05:56:54 ID:UI2AIrGB0

オカ板ははじめてなんで、なんか間違ったらスマン。
二、三日かけてまとめたら、スゲー長くなってしまったんで
それでもいい人だけ読んでください。

子供の頃に変なものを見た。
遠縁で実際は血が繋がってないんだけど、親同士の仲がいいので
俺は夏休みになると毎年○家に何泊かしていた。
俺はその頃4歳くらいだった。
昼過ぎに遊び疲れて仏間の隣の部屋で寝ていると、側でポタッポタッって音がする。
で、なんかカリカリというか、ズルズルというか、何かが動いている気配がした。

でも眠かったからシカトしていたら、ほっぺたに何かが触れた。
手ではらって見てみると、虫みたいだった。
白くて大きな幼虫みたいなのが畳の上でウゴウゴしている。
男児って虫好きだから、大物ヤッターってなってすぐさま拾ってみた。
でも、なんか先端のほうに堅い部分があるから変で、
寝ぼけ眼で「ん?」ってよく見ると、
それは虫などではなく人の指だった。

血の気がまったくないのか真っ白で、
ほっそりとしていて女性のものだと思う。
でも、床を這ってるからか、爪のあたりは割れてたり黒っぽいものがつまっていて汚い。



犬って漢字さ… 首が離れた人に見えない? 窓の外に、何を見てたんだろうねあの子。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?288

55: 本当にあった怖い名無し 2012/01/14 04:14:23 ID:/XrvZWrEI

後々気が付いてゾワッとした話しなんだけど。
俺、10年前に立会川って東京の品川区にある場所に住んでたんだ。
ある日、ちょっとした事情で、親戚の子供を週末預かる事になって…
当時四歳の男の子。
お絵かきが大好きだったんだ。
クレヨンと画用紙さえあれば静かにお絵かきをしていた。
俺の似顔絵描いたりして自慢気に見せてくる。



耳鳴りだけじゃく、人の声?も聞こえた。子供か女性かわからないけど、なんかが耳元で囁いてる。 気づくと体が完全に硬直してて、全く身動きができなくなってた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?288

48: 本当にあった怖い名無し 2012/01/14 01:17:42 ID:wLF2sLrG0

中2の頃に体験したことです。
俺はベッドで寝てる自分を部屋の天井当たりから見下ろしてて、
枕元には着物を着た見ず知らずのおばあさんが立ってた。
しかもそのおばあさんの後ろにあるはずの部屋の壁がなくなってて、
そこに無数のお墓がずらーっと並んで霊園みたいになってて、
おばあさんは寝ている俺に向ってなぜかお辞儀をしてた。
そこで目が覚めて、時計を見ると深夜1時半くらいだったと思う。
当時はまだ真っ暗にして寝れなくて、オレンジ色の豆電球を点けて寝てた。
そのオレンジ色の部屋がいやーな感じで。
夢のせいで眠気が完全に吹き飛んじゃって、まだ夜明けまで全然時間あるじゃん・・・って憂鬱になってた。



ギャラリー
  • 【オカルト】怖いっていう感覚の中に少しだけ「悲しみ」が交じっていると、私はとっても怖い。
  • 【オカルト】妖怪の仕業か?  一時的にボケただけか?  九州の小さな島で起こった気味が悪い話
  • 【不思議な話に】小学生の時って集団登校だったのね。俺はほぼ毎朝、眠たいなあと思いながら ボーっと登校していた。
  • 【ほんのり】体は前を向いているのにあの手この手で後ろにいる俺を見ようとしているように思えたんだよ。
  • 【怖い話】国勢調査のバイトをしてたときのこと。 ワンルームアパートで世帯主が女のはずなのに、男が出て来た。
  • 【オカルト】うとうとしはじめると、それを待っていたかのように親子のひそひそ声が聞こえてきた。母親「あの時はこわかった?」
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク