オカルト速報:怖い話カテゴリの記事

「急所は外しておいた。俺はこの後逮捕されるだろう。 だが、俺は出所したらまたお前を死なない程度に殺しに行く。ずっとだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1271096685/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?240

547: 本当にあった怖い名無し 2010/04/24(土) 07:31:12 ID:wpMdYFAG0

これは俺がちょっとした病気で1カ月ほど入院してた時の話だ。
当然のことながら、命にかかわる病でもないし政治家の先生でもない俺は
個室ではなく大部屋で1カ月を過ごすことになった。
すると、自然と同じ病室の人と仲良くなったりするものである。
俺は隣のベッドの69歳の老人とよくおしゃべりをするようになった。
老人の名前を「渡邊」とする。
ある日、渡邊さんが着替えてると、俺は渡邊さんの体に傷のようなものがあることに気付いた。
「その傷はどうしたんですか?」
と尋ねると、渡邊さんは昔話を始めた。

今から48年前、渡邊さんが大学生だった頃
女関係でいざこざがあったらしい
渡邊さんともう一人の男で一人の女を取り合うことになった。
結局、渡邊さんのほうに軍配が上がった。
だが、ある日渡邊さんが友達と遊んでいる最中に女が交通事故で死んだそうだ。
当時はまだ携帯電話もない時代。女は渡邊さんの名を呟きつつ無念のまま息を引き取ったそうだ。
それを恨みに思った男は渡邊さんを刺したというのだ。
「それじゃあ、その時の傷なんですか?」と聞くと
「まだこの話には続きがある」と渡邊さんは言った。
男は渡邊さんを刺して恨めしげにこう言い放ったらしい。
「急所は外しておいた。俺はこの後逮捕されるだろう。
だが、俺は出所したらまたお前を死なない程度に殺しに行く。
そして逮捕される。でもまた出所したらお前を殺しに行く。ずっとだ」

男の予想通り、男は次の日に逮捕された。
殺人未遂だが初犯で反省しているとのことで
執行猶予がついたそうだ。
その執行猶予中に男は宣言通りに渡邊さんを刺しに行った。
執行猶予中の犯行ということで実刑がついた。



しかし今回は何か様子がおかしい……さっきとは何かが違う……!! 私は血の気が引きました… 誰かが後ろに乗っているのです

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1271096685/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?240

532: 本当にあった怖い名無し 2010/04/24(土) 02:54:58 ID:5YT/IK93O

間違いなく洒落にならないと思ったので投下させて頂きます。

まず最初に、私には「霊感」という物が全く無く、またそういった類の物も信じてはおりませんでした。

「見える」という友人から霊の話を聞いていても、自分に見えないと存在が分からないし、また友人が私を怖がらせようとしているだけだと思っていました。
しかしそんな私の考えを根底から覆す事件が起きてしまったのです
十年程前の話でしょうか…
当時私の仕事は忙しく、休みがほとんど取れない毎日を過ごしていました。
そんなある日、
偶然にも平日の休みが貰えたのです、
私の胸は躍りました。
「久しぶりに車でゆっくりドライブができるぞ」
私は早速友人を誘おうと考えましたが、今日は平日です
何人かに連絡しましたがやはり友人達は仕事で都合が付きませんでした。
私は悩みました。

そしてしばらく考えた結果、どうせ一人で行くならカーブがきつい事で有名なあの「六甲山ハイウェイ」に行きたいなと考えました。
もちろん誰かを乗せて走るなら安全運転を心掛けますが、一人で走るのなら少し勾配の急なコースで走り屋気分を味わってみたいと思ったのです。

そう考えた私はいても立ってもいられなくなり、すぐ準備をして六甲山ハイウェイに向かいました。




俺は思わず口にした。「死んでいる?君が?」 未だ半信半疑であった。「はい。正確には、殺されました…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1271096685/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?240

500: 本当にあった怖い名無し 2010/04/23(金) 23:44:25 ID:fGrFFTZr0

夏が近くなると思い出すことがある。

中学生の時、ある夏の日のことだ。
俺は不思議な体験をした。



夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。
俺はというと、サッカー部の試合や練習で、頻繁に色んな場所へ遠征していた。

サッカーのほうは、お世辞にも上手いとは言えず、多忙な練習にやる気も薄れかけていた。
そんなおり、俺が住むC県の中心部より2時間ほど離れた中学校に遠征することになった。

当日は快晴。
空模様とは裏腹に、俺の気持ちは長い移動時間と逃げ出したいような気分で曇っていた。

しかし、そこはどこか懐かしい田舎町で、
美しい自然と田んぼ、そして照りつける太陽とセミの声が暑いながらも、俺を癒していた。



「あ、あとどこで待ってればいいですか?」「それじゃあ学校の前の公衆電話(噂の呪いの電話)のところで待ってろよ。すぐ行くから」

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1271096685/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?240

424: 本当にあった怖い名無し 2010/04/23(金) 11:40:46 ID:jjR8b7N10

うちの学校の怖い話。
10年ほど前、ある男女がいたんだがこの二人は学校一というほど
仲の良いカップルだった。
でもカップルと言っても一度もデートをしたことがなかった。
なぜなら、どちらの親も家庭の規則が厳しく、
学校と部活以外は殆ど外出禁止であったからだ。
ある日、その男の子がその女子に公衆電話から電話をした。
実はこの公衆電話は呪われていて、
その公衆電話が電話をした人に成り済まして電話をかけたりする事もあるという。
でもその男の子はそのうわさ話など全く知らずに電話をかけてしまった。 

次く
 




車は女の子に突っ込む。 しかし予想した衝撃はなく、目を大きく見開いた女の子は車をそして、俺の左肩から腕辺りを通り抜けて後ろに消えて行った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1271096685/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?240

423: 本当にあった怖い名無し 2010/04/23(金) 11:19:07 ID:ifMwWNZjP

今朝の話し

田舎に住んでるんだけど、今朝5時30分頃に出張の為、昨日会社から乗ってきた社用車で農道をぶっ飛ばしてた。
80km/hくらい出てたと思う。
直線の見通しの良い道路で対向車も居ないし、何も心配はしてなかった。

すると、急に道路の真ん中に髪の長い女の子が現れた。
確実に何も無かったはずなのに、ターミネーターの登場シーンみたいに四つん這いから立ち上がった。
服装は今思い出すとどっかの高校のブレザーみたいだった。
慌ててブレーキを踏み、それでも間に合わないと思いハンドルも切った。
が、結局間に合わず、車は女の子に突っ込む。
しかし予想した衝撃はなく、目を大きく見開いた女の子は車をそして、俺の左肩から腕辺りを通り抜けて後ろに消えて行った。

車は当然田んぼ(水が張ってない所、休耕田?)に突っ込んだ。
エアバッグとシートベルトのおかげで大怪我はしなかったが、左腕が火傷したみたいに水ぶくれになり、生まれてはじめて救急車で運ばれた。
自分で呼んだ警察に色々聞かれたが、女の子は形跡も無かった。

今病院の帰り。
出ると言う噂もないし、事故の多い場所でもない。
一体何だったんだろう…。



ギャラリー
  • 【オカルト談義】オカルト番組が消えた理由はゆとり世代が信じちゃうので → 全くの逆では? 「世紀末を越えたから」「震災がターニングポイント」「クレームが入るから」
  • 【オカルト談義】オカルト番組が消えた理由はゆとり世代が信じちゃうので → 全くの逆では? 「世紀末を越えたから」「震災がターニングポイント」「クレームが入るから」
  • 【オカルト談義】オカルト番組が消えた理由はゆとり世代が信じちゃうので → 全くの逆では? 「世紀末を越えたから」「震災がターニングポイント」「クレームが入るから」
  • 【オカルト】冬の寒い日にチャリで山奥に入ったらマラソン選手の服装みたいなヒョロイやつが走ってて、いきなり頭を振り回しはじめた
  • 【風習・信仰】中国人「日本人って墓が家の近くにあって怖くないの?」
  • 【怖い話】今チェルノブイリってどうなってるん? 近くで変な生き物生まれたりしとるんか?
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク