オカルト速報:怖い話カテゴリの記事

子供の頃、神社の床下に置いてあった、中にクッションがつめられた青い箱のようなものを持ち帰って以来「ざり、ざり。 」という変な音が聞こえる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
270: 本当にあった怖い名無し 2011/04/06(水) 23:19:41.62 ID:C0RJjG3V0

 私が住んでいるのは山間にあるよくある住宅地で、
家からふもとに下りて、街へと続く国道の脇に、
住宅に挟まれてその神社はあった。私は10歳そこらのことである。

 子供なので、神社に対するしきたり云々の信仰には全くもって興味が無く、
当時の私達には程よい遊び場のようなものだった。
その神社は夏祭りや正月にはお守りを売る巫女姿の店員などがいるものだが、普段では神主は隣接の事務所にいるらしい。
その土地の記念碑なんかもあってプチ観光地的な役割でもあったが基本大人の目もないわけで、堂々と子供は占領できるわけである。
 
 とある日私は他の男女数人のグループに連れられ、その神社へと行った。
大人の目が無いとは言ったものの、当時の私はだいぶ真面目ちゃんの部類に入る子供で、
神社には祭りでもない限り踏み入ったことは無かった。
だが彼らもいつもからここを遊び場にしているわけではない。
つまり、いつもは公園を転々としているところ、気まぐれでここで遊ぶ事を提案した訳だ。


土地に巣食う強力な自縛霊の上位版を無に返すためにその場所に住んでいたTちゃん一家の話

このエントリーをはてなブックマークに追加
162: 本当にあった怖い名無し 2011/04/06(水) 12:05:29.99 ID:LgMPazjs0



ちょっと今から25年前の小学3年生だった頃の話を聞いてくれ
C村っていう所に住んでたんだけど、Tちゃんっていう同い年の女の子が引っ越してきたんだ。
凄く明るくて元気一杯な女の子だった
んで、このTちゃんは霊感が強いとかのレベルではないくらいに霊力とも言うべきものを持ってたんだ
正直、ここまで書いただけで近隣に住んでいた人なら「知ってる!」っていうくらい地元では有名な子だったよ
俺、同じクラスだったんだけど、小学3年生だとそんな話ウソって思うわけで俺ももちろん信じてなかった
で、Tちゃんが「じゃあみせてあげるよ」って事になって好奇心旺盛な男子がTちゃんの後をついて行った
その時俺は怖くて付いていけなかった
次の日、俺のクラスは大騒ぎ。
Tちゃんは一旦家に帰ってポラロイドカメラを持ってきて3枚の写真を撮ったそうだ
その全てに思いっきり鮮明に霊が写っていた
今でも鮮明に覚えている

一枚目:木の横でうなだれてる中年の男性
二枚目:顔がグニャグニャに見える甲冑姿の人
三枚目:叫んでいるような顔が画面一杯に写ってる奴

流石にこれを見せられては信じるしかない。
この一軒で男子からは大人気、女子からは怖がられる存在になってしまったんだ
もちろん男子の中にも怖がって近寄らない奴も相当数いたけどね・・・
でも、Tちゃんはそんなこと全く気にする様子もなく、本当に元気でよく笑う女の子だった
正直、俺もTちゃんの事が好きになっていた

このTちゃん、村はずれの一軒家に住んでたんだけど半径100mは一軒も家が建ってないような場所で
だいぶ打ち解けた男子が「何でこんな場所に家建てたの?」って聞いたのよ
Tちゃんは、「お母さんがここに住まないと悪いことが起こるから」と答えた
どうやらTちゃんのお母さんも凄い力ももっているようだった


ハッと目を覚まし、こっそりと窓から外を覗くと、白いネグリジェを着た女性が一人で、真っ暗な木々の中で楽しそうに踊り狂っているのが見えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
771: 本当にあった怖い名無し 2011/04/02(土) 04:56:37.43 ID:GHRJPcbpO

深夜、『助けて~!』という女性の叫び声で目が覚めた。
どこか遠くからかすかに聞こえた気がした。
しかし、今日は山奥の別荘に一人で来たのだが、周りには民家もなければ、街灯もない。
こんな夜中に、この辺りに人がいること自体おかしいのだ。
もしかしたら夢の中の出来事だったのではないかと思い、もう一度眠りにつくことにした。

・・・どれほど時間が経っただろうか。
今度は、この別荘の近くでハッキリと女性の『助けて~!』という叫び声が聞こえた。
ハッと目を覚まし、こっそりと窓から外を覗くと、白いネグリジェを着た女性が一人で、真っ暗な木々の中で楽しそうに踊り狂っているのが見えた。
女性の顔は、頬まで口紅を塗りたくり目は真っ黒で、狂気に満ちていた。

「見る」「呼ぶ」「憑かれる」の三拍子そろった彼女と付き合っていたときに経験した話

このエントリーをはてなブックマークに追加
530: モトカノ 2011/04/01(金) 05:06:09.05 ID:pJXDYuqI0

俺と去年(2010年)の夏ごろ付き合ってた彼女との話なんだが、良かったら聞いてくれるか

俺は、まあオカルトとか大好きで心霊スポットとかもよく行ってる
霊感はそれほどはない。だけどそれっぽいとこいくと悪寒がしたり吐き気がしたりするくらい
で、その彼女だ
彼女はいわゆる「見る」「呼ぶ」「憑かれる」の三拍子そろった子だった
彼女と付き合っていたときに経験した話をしよう


倉の中にあったパズルのような物を友達と一緒にやっていたら友達が事故にあった。後にパズルの類いではなく土着の宗教の儀式用品であることがわかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
406: キューブ 2011/03/31(木) 11:36:47.58 ID:O4+CWZlyO

かなり昔のことなのですが・・・
私は関西の田舎町に住んでいて、その時は高校生でした。
何にもない普通の田舎町でしたが、町の中央には川が流れていて
その隔たりで出来た両地区の温度差というか不自然さを少し感じたときがありました。
私の家はたいそう古く倉があり、家を改築するときにその倉を壊すことがきまり中のものを確認しました。
いろいろと古めかしいものがありましたが何故か紫の巾着袋に目がいきました。
横で作業している両親を尻目にヒッソリと持ち出したのです。


407: キューブ2 2011/03/31(木) 11:39:54.97 ID:O4+CWZlyO

すぐには開けずに、友達内でのいいネタになるかなと後日友達を呼んで開封しました。彼らをA B Cとします。
彼らとは小学生からの繋がりでとても中がよかったのです。
袋の中からはゲームのテトリスのブロックと言えば分かりやすいでしょうか?
それを実体化した板状のざまざまの形のものが出てきました。コの字だったり、一の字だったり。
また薄茶色であり、各面には唐草模様が浮き彫りしていて肌触りもよかったのです。
私たちのテンションが上がり、何のために作られたのか?どう使うのか?材質は何なのか?ということが私たちの脳内を駆け巡りました。
小一時間、それらを弄くってるとAはもしかしたらパズルなのでは?と言いました。
なるほど、パーツには凹凸みたいな固定できる部分があり立体パズルなのかなと感じました。
代わる代わる繋げていくと三面に囲まれた角が出来、直感的に立方体が完成形だと確信しました。
しかし、そこからが難しくて進みません。他のみんなはあきてしまい時間も時間なので帰路につきました。


ギャラリー
  • 【ほんのり】テーブルに置かれたヤカンみたいな置物。見た瞬間なんかよくわからんがゾクッとした。
  • 【オカルト】近づいてみて私は驚きました、それは貝殻ではなく人間の2つの目でした。
  • 【オカルト】引越し当日の夜B子が金縛り。B子はそれまでは金縛り経験は全く無かったそうです
  • 【心霊いい話】カーテンを閉めて部屋をよく見ると母と妹がコタツで寝てた
  • 【ほんのり】10年くらい前 当時都内のワンルーム1階に住んでた。洗濯しようとドアを開けたら目の前に知らない男が立ってた
  • 【洒落怖名作】昼間から曇天で薄暗い中、近道と教わったNダムのそばを通る山中の一本道をずっと走っていた  『きょうこさん』
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク