オカルト速報:怖い話カテゴリの記事

波も全くない凪の海。俺たちは恐らくその時点で絶命しているであろうその年配の男性を浜まで引いて戻りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284

74: 本当にあった怖い名無し 2011/11/18 00:32:16 ID:Mg97QWWv0

10年近く前の悪ノリが今年ある意味再発して怖かったので投下してもいいでしょうか。

だいたい10年くらい前に大学のサークルの夏合宿で千葉の内房のあるビーチに行きました。
登場田舎から出てきた俺は土地勘もそれ程なく、外房が波があって内房は穏やかだとか、そう言った知識はありませんでした。

そんな内房の海にサークルできて、海にい行っても波もなく、地引網とかが行われている横でチャプチャプしていました。

そんな折、地引網漁船の漁師が
「おい!溺れてるぞ!!」と叫びました。
それは俺達のいるすぐ横、波も全くない凪の海。俺たちは恐らくその時点で絶命しているであろうその年配の男性を浜まで引いて戻りました。



その紺色のにごりは水中でどんどん人の形のようになっていく。20秒くらいで高さ1・5mくらいの直立した人の形になってオレは女だと思った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284

44: 本当にあった怖い名無し 2011/11/16 22:58:32 ID:M8Y02lYQ0

沖縄の本島に1週間ほどダチと二人で遊びに行ったときの話。
その日は北のほうでボートを借りて釣りをしてたんだが、午前中一杯でそれに飽きて
道具も持ってきてたんでダイビングをしようってことになった。
それで浜から300mほど沖の40畳くらいの小島というか小岩のところでボートをとめて潜った。
珊瑚より海藻の多い場所で魚は少なかった。
島のまわりを巡るのはあっという間だったが、
沖に面した島の根っこの水深4mくらいのところが大きく内側にえぐれているのを見つけた。
洞窟とは違っていつでも出てこれるような場所だったんでダチといっしょに入ってみたが、
中は意外に広かった。幅の広い階段状の岩が四段ほどあって明らかに人工物だった。
奥行き3mくらいのそのくぼみの中も魚は少なくて、中がなんとか見えるくらいの明るさだった。
そして最奥が垂直の壁になっていて、その前に高さ1mくらいの石製のかめが4つあった。
俺は遺跡だと思ってダチに合図して近寄ってみると、
かめは4つとも同じような作りでどれも40cm四方くらいの石製の四角いフタがのせてある。



数分後、今度は幼い子供の泣き声、続いて若い男・・・と一定間隔を置いて一人づつ絶叫と号泣を繰り返す。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284

33: 本当にあった怖い名無し 2011/11/16 21:06:12 ID:ItPKxK+R0

今は仕事で中国に住んでいるものです。

前スレでテレビの八本指の手形の話を書きましたが、思い出したことがありました。

テレビの手形をふき取ってから数日後の深夜、俺は部屋の明かりを消してベッドで横になっていた。
と、突然隣のアパート(俺のアパートから数メートルの距離)から中年女の絶叫・号泣が聞こえた。

加工室の中で笑い声が突然響いた。加工室で一人きりのはずなのにと肝をつぶすT。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?283

950: 本当にあった怖い名無し 2011/11/14 19:59:59 ID:Wa3zv4p/0

今は仕事で中国にすんでいるものです。

・中国に出向する間際の話。
夜8時ころだったと思う。
残業中事務所に加工係の主任が蒼ざめて駆け込んできた。以下Tとする。
T「出ました!もうあそこ(加工室)にいられません」
俺「何?何があったか落ち着いて説明してよ」

Tの話を総合するとこうだ。
その夜、Tは一人きりで加工室の放電加工機を操作していた。
そのとき、加工室の中で笑い声が突然響いた。加工室で一人きりのはずなのにと肝をつぶすT。
と、Tの目の前の窓のブラインドが見えない指で撫でられたようにシャーと動いた。
ますますビビるT。その後加工室は獣の臭いが充満したという。


友人曰く、その「白っぽい女っぽい何か」を見たとき、ヤバイ感じはしなかったけど、強烈な違和感を感じたそうな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?283

942: 本当にあった怖い名無し 2011/11/14 18:58:50 ID:BBO3BEru0

流れぶった切って、友人が学生時代に体験した不思議な出来事を少し。

まず彼について少し紹介しておくと、
霊感がちょっぴり、本当にちょっぴり。
ちょっぴり過ぎて幽霊は見えない。
なんとなーく、いるなーってのを感じる程度。

ただ極端に悪意がありそうなのは、
見えないけど「やばい」って強く感じれるそうな。
なもんで心霊スポットとかで良い探知機代わりにされてたみたい。

大学3年の頃、最後のまともに取れる夏休みってことで
友人の友人の集まりでキャンプ場跡のスポットに行ったそうな。

基本ヘタレ集団で、最初に昼間に行ったらしい。
特に怪しい所もなく、炊事場の釜戸とトタン屋根だけが
元キャンプ場だったのを匂わす程度。
あとは背丈近くまで伸びた草が生い茂っていたのが印象的だったそうな。

それでも夜に来ればそれなりの雰囲気がありそうだし、
何より怪しい雰囲気がないと言うことで、そこでキャンプする事に。



ギャラリー
  • 【事件】ペッパーランチの事件闇深すぎ。あれ絶対初犯じゃないし殺す気だったでしょ
  • 【オカルト】山梨の古関の山が父の出身地。祖母は家に泥棒が居るという。安心させるため家に4か所防犯カメラを設置した。
  • 【洒落怖】洒落怖って嵌るよな。蓋、ことりばこ、裏S区が好き
  • 【オカルト】変なものを見たら足を怪我した。それは猛スピードで移動していた
  • 【未解決事件】社員旅行の出発に来なかった家族が一年後ダムの底で車ごと見つかった事件、どうしたらそうなるの?
  • 【オカルト】Aの話を聞いてからさっきまで歩いていた街を見る。もうそこが、人の世界には見えなくなっていた。
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク