オカルト速報:怖い話カテゴリの記事

Bは借りた本の1ページ目が真っ黒だったらしい。そのページを見せてもらったがなんかこう引き込まれるような真っ黒。

このエントリーをはてなブックマークに追加
783: 万引き 1 2011/07/13(水) 13:35:34.77 ID:VAmqekYA0

実体験投下します
主な登場人物 俺 A B C

俺は中学生2年生の頃同じクラスになった俺を合わせて4人でいつもつるんでいた
4人の共通の趣味は本好き いつも部活が休みになる日曜日には4人のうちの誰かの家に行って本を読むことが習慣になった
その中でも特に本が充実していたのはCの家
Cは母子家庭だったがなぜか本はたくさん持っていて部屋の天井まで届くほどの本棚を埋める勢いで毎週本が増えていってた
2番目に充実しているBもCには敵わなくて、そのうちみんなCの家に集まるようになった

C曰く「叔父さんが本好きの金持ちで本を譲ってくれる」んで本がたくさんあるってことだった
最初は俺ら3人もその言葉を信じていたんだけど、だんだんCの本を集めるペースが尋常じゃないというのが3人の共通認識になってく
最初の内は1週間に3冊程度のペースだったけど、エスカレートするようになると俺らが欲しいといった本が翌週行ったときにはもうあるなんてことも
どんだけCの叔父さん羽振りがいいんだよ
それでだんだん俺達の中ではCが万引き、もしくはそれに相当する悪い事をしているんじゃないかと疑うようになるんだ
それは家に来てくれなくなったBが嫉妬のあまり発したのが発端だったけど、でもAが試しに欲しいといった文庫本15巻セットがあったときに俺達はCが万引きをしていると確信した


もう十数年近く前になるが、中学二年のときに丑の刻参りを見たことがある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
768: 本当にあった怖い名無し 2011/07/13(水) 01:22:45.01 ID:8/EH3Zdp0

俺も一つ心霊体験がある。
もう十数年近く前になるが、中学二年のときに丑の刻参りを見たことがある。
夏休み、三年生の先輩たちと塾をサボったのを皮切りに、カラオケなどで一通り遊び、残った俺とA先輩は真夜中に近所の神社に隣接する公園で時間をつぶしていた。
Aさんは酒やタバコなどのみ、上機嫌で他愛もない話をしていた。
ふとAさんがなんかうるさいな、と言い出した。俺は全く気づかなかったが、神社の方から音がするという。
Aさんは見にいってみようと言い、俺は嫌々ながら後に続いた。
もう眠気半分で、正直帰りたかったのもあり、そんな音などどうでも良かった。
子供の頃から遊びなれていたこともあり、俺たちはこの辺りのことは知り尽くしていた。
広い公園の木々をくぐり、柵を越えて最短距離で神社へと忍び込んだ。
神社に近づくにつれ、俺にも音が聞こえてきた。
カチカチカチカチと速く一定のテンポで何かを叩き合わせる音。
音は辺りに響くようなものではなく、硬いながらもどこか湿ったような音だった。
俺は直感的に丑の刻参りを思いだし、これ何かヤバイ呪いしてんじゃないすか?と先輩に言った。
先輩は、俺もそう思う、だけどそんなの見たことねーよ、ちょっと行ってみよう、と好奇心むき出しだった。
俺たちが身を隠せる範囲からギリギリまで音の元に近づいたとき、見えた。


そこには真っ赤な塗料で塗られた魔方陣?みたいな円形の枠組みの中に花を描いたみたいな不気味なペイントが描かれていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
759: 本当にあった怖い名無し 2011/07/13(水) 00:21:37.80 ID:JFAF3D700

じゃあ俺からも、ちょっとした小話を一つ。

もう7,8年も前になるし、伏せなくても何の意味ないから言うけど、俺の地元は大分県にあってね。
で、親父方の爺ちゃんの墓が、佐伯市内から少し内陸の方に入った辺鄙な場所にあるんだけどさ。
ぶっちゃけて言うと、本当にド田舎って言うのが相応しいくらい、疎らに建った住宅と何かを栽培してる畑くらいしか目に映るモノが無いのよ。

んで、ここからが本題なんですが、実はそんな田舎風景の中でも一つだけ例外的に目立つ建物があったんです。
コンクリート製の建物なんですが、これがまた地元の不良かなんかに荒らされているみたいで、壁中が落書きだらけだったのよ。
そんなんだから、緑と茶色が大部分を占めている中で嫌に映えちゃって、そこへ墓参りに行く度に気になって仕方なかった。

そして7,8年前、丁度高校生くらいの時かな。意を決してその建物へ従兄2人と俺で行くことになったんです。
ちょうど大人組は墓掃除の休憩がてら談笑してたし、咎められたら面倒なので、こっそり隠れるように建物まで移動したのよ。

で、その建物に着いた訳だけど、遠目で見ても目立つのに、近くに行くとまさに圧巻だった。
青、赤、黒、紫といった具合にカラースプレーで目茶苦茶に落書きされた壁は、正に一種の催し物の一種みたいだった。
中にはスゲーと思うほど上手いペイントもあったし、お下劣な絵をデカデカと書き殴っただけのペイントもあった。
いつの間にか俺たちは、その落書きを観覧することに夢中になっていた。

そんな中、従兄の1人で最年少のHがこう言いだした。
「どうせやけん、中入ってみらん?」
そう言われて建物を見たけれど、所々罅が入ってたり鉄棒が剥き出しになってたりで、少し危ないかなと思ったわけよ。
でも俺も入りたいしなぁ。どうしようかなー、と決めかねていると、もう一人の従兄のKが、
「上の階……は流石に危ないからダメじゃけど、一回くらいならいいんじゃないかな」
と早々に決めてしまいました。
最年長のKが言うんだし、まあ確かに突然崩れたりはしないだろうな、と勝手に納得した俺は、2人と一緒にその建物内に入り込んだ。


【一人夜釣り 】水面から顔を半分ほど出した女がこちらを見ていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
711: ひとけり 2011/07/12(火) 14:47:45.80 ID:risA+mB50

一人夜釣り

友人から聞いた話を投稿します。

友人はバス釣りをしているのですが、夜の方が魚の警戒心が薄れ、大物が釣れやすいという話を聞き、夜釣りに出かけたそうです。
彼が向かった釣り場は山の中にある池で、彼の家から車で40分ほどの人に知られていない穴場ということでした。

準備をして深夜1時ごろに家を出発しお気に入りの音楽を聴きながら山道をどんどん登っていきました。
山道に差し掛かったとき時、突然キーンという耳鳴りが起こり、続いて軽い頭痛を感じたそうです。
山に来たからかな?と思いさして気にせずそのまま、野池に向かいました。

薄暗い月の光に照らされた池はものすごい雰囲気で、何か凄いものが潜んでいるようでした。
しかしいざ釣り始めると竿先にこつんこつんとアタリはあるのですが中々釣れなかったらしいです。
時折、ボチャン、バシャンという音が聞こえるので魚はいるはずだと彼は思い粘りました。

1時間ほどした時、巻いていた糸が急に重くなり巻けなくなりました。どうやら根がかりしてしまったようです。
結構高いルアーだったので惜しいと思った彼はいろいろな方法を試してみましたが、どうなっているんだと思ってライトを向けてみたら

水面から顔を半分ほど出した女がこちらを見ていました。
その顔は両目が無く真っ黒な二つの穴がこちらをじっと見ていて、ぬれた髪がぴたっと頭についていたそうです。
ライトをそらすこともできずあまりの恐怖にその場に座り込んでしまった彼はしばらくその異様な光景を眺めていました。
そしてボチャン、という音をたてその女は水の中に消えました。

続きます


その波は他の波と違って砂浜で引き返さずにゆるゆると見とれてる人の足元まできて、そのままその人はスススーって波と一緒に海に連れて行かれるそうな。

このエントリーをはてなブックマークに追加
695: 本当にあった怖い名無し 2011/07/12(火) 02:09:50.40 ID:u+dFF4F00

学生の頃酒の席で聞いた話なんだけどさ

一緒に飲んでた友達が連れてきた彼女から聞いたんだけど
その子の地元の海で、すっごい綺麗な夕焼けがみえるんだって、すっごい、この世のものとは思えないほど綺麗な夕焼けなんだって
で、沈んでく夕焼けに見とれてると、向こうから打ち寄せる波の中に1本だけ黒い波が打ち寄せてくるんだって


ギャラリー
  • 【オカルト】「ケンジが、お腹痛いとかで行けないから連絡してほしいって」 え。ケンジは居間にいるはず……
  • 【不思議な話】百物語のお粗末な展開に笑うしかなく、その後も機会があるごとに笑い話にしていたが……
  • 【ほんのり二篇】ギャハハハ!!!って女の人の声が聞こえてきた / ピンポンダッシュ
  • 【オカルト】ある日突然、市松人形が欲しくなった、もう欲しくて欲しくてたまらない
  • 【オカルト】この事を考えること自体が危険かもしれないんだが、その手のオカルトとか詳しい人だけ来てくれ【時の概念】
  • 【怖い話】たった一度しか使われていない電気椅子が11年ぶりに稼働 その怖い歴史
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク