オカルト速報:怖い話カテゴリの記事

【オカルト談義】俺んちの近くに心霊スポットとして有名な廃病院がある。そこは病院としても異様な様相だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi


641名無しのオカルト 2018/05/25(金) 01:01:19.11 ID: ID:IKlVzAyt0.net

俺んちの近くに、心霊スポットとしてやや有名な廃病院がある。
そこは、精神病院として長らく多数の精神病患者を収容していて、窓には鉄格子がつけられ、建物も古いため、病院としても異様な様相だった。

しかし、地元では心霊スポットとしての認識は全くなく、そんな逸話も地元育ちの俺でさえ耳にしたことは一切ない。
ただ、夜など、収容されている患者が奇声を上げたりして、それが不気味に聴こえてくるので、周囲の住民に忌み嫌われていたことは確かだ。

俺など、病院が閉鎖されてしばらくした頃、近くに住む当時の彼女と敷地に忍び込んでフ◯ラしてもらったりと、まあなんてことのない場所ではあった。

その敷地は産廃業者の手に渡り、建物はそのままに産廃が運び込まれ、いつしかそれが山となり建物も埋もれて不気味な姿を晒していたが、その産廃の山がとうとう崩れて前を通る県道を塞ぎ大騒ぎになった。

今では産廃の山も病院の建物を完全に多い尽くしてちょっとした丘になり、病院の面影は残っていない。
ただ、川沿いの郊外で確かに寂しい一帯ではあるが夜でも釣り人や散歩する人もいて、霊が出るような場所では決してない。

ひょんなことからネットで触れられていたのを見たのでちと書いてみた。
各地で云われている心霊スポットなんて、地元では意外となんでもないケースもあるのかもよ、という話だ。
チラ裏すまん。




 

【オカルト】 月に2、3回、母がピエロになっていた。 朝食時はいつもの母なのだが、先に外で待っているとピエロになって出てくる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi


582名無しのオカルト 2018/05/30(水) 06:45:18.65 ID: ID:KxAjo7Nl0.net

幼少期、母が僕(投稿者)を自転車の後ろに乗せて保育園に送っていた頃の話。
 月に2・3回、母がピエロになっていた。
朝食時はいつもの母なのだが、僕が食べ終わって先に外で待っていると、ごくたまに母がピエロになって出てくる。
 髪型服装はいつもの母だが顔は白塗りで、星やダイヤのマークが描かれており、非常に恐ろしかった。
 僕は昔からピエロが大の苦手で、レストランのピエロのキャラクターや遊園地のピエロを見かけただけで泣き喚くほどだった。
ピエロ母はいかにもいつもの母のように振る舞う、なので僕は子供心に「ピエロメイクの事を尋ねたら、絶対に良いことが起きない」と思い、そのことに触れることは無かった。
通園中は母の顔を見るのが嫌で、ずっと下を向いて後ろを歩き、気がつくと保育園に着いているという流れだった。
一体何がきっかけで母がピエロになるのか分からず、子供ながらに憂鬱だったのを覚えている。
そんなこともあり母の事が凄く嫌いだった。
しかし、成長するにつれ母がピエロになる回数は減っていき、年長組になる頃にはピエロになる事はなくなった。
 先日21歳になり、その事をこっそり父に話すと「バカ言え、あの頃送り迎えをしていたのは無職だった俺だぞ?」と言われる。
 話によると僕が保育園生だった頃父は無職で毎日送り迎えをしていて、母は朝から晩まで派遣社員として働いており、一緒に朝食を食べる事など無かったという。
 しかし僕はあの頃の事を鮮明に覚えており、記憶違いでは無いと思っている。
 ちなみにこの事はまだ母には言っていない。




 

【オカルト】同人イベントにまつわる怖い話  『コミケ会場で霊に会う』

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi


1名無しのオカルト ID: ID:???.net

サンクリのときには、周辺の自縛霊が怯えているとか
今はそうでもないけれど、コミケのときには台風それたとか
そんな、同人イベントにまつわるオカルト・怖い話をどうぞ




 

【オカルト】興信所であった怖い話  絶対浮気してる / 姿見の白い布

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi


452名無しのオカルト 2018/05/09(水) 17:48:33.60 ID: ID:OtVM2ROel

私の父は現在普通の会社員なのですが

その前は興信所で探偵をして、さらにその前は自衛官という、なかなか、ぶっ飛んだ経歴の持ち主です

父は話上手で幼い頃からよく、レンジャー訓練で蛙を食べた話や

浮気調査のターゲットがヤーさんの組員でドスを持って追いかけられただの

色んな話を聞かせてくれました

そんな父が興信所に務めていた時に体験した、2つの怖い話を今回させていただきます。

1つ目の話なんですが、これは父曰く「未だに幽霊の話なのか人間の話なのかは分からないがどちらにせよ気味の悪い話」です。

ある日、父の勤めていた興信所に、見た目は人の良さそうな、おばちゃんが依頼に来たそうです。(以下おばちゃんをOさん)

依頼の内容は「旦那が浮気してるから調べてほしい」という、定番の依頼だった。

当時はバブルという事もアリ、金回りが良かったからか、依頼の8割以上が浮気調査だったそうです。




 

【オカルト】『ドスペ!怪奇心霊マル秘ファイル』で老夫婦の家で怪現象が続くってのがあったんだが、いまだに気になってることがある

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
437
名無しのオカルト 2018/05/08(火) 00:37:26.99 ID: ID:9gH/CbeB0.net

自分が当事者の話ではないんだけど…
13年くらい前かな、怪奇心霊マル秘ファイルって番組があってその中に
老夫婦の家で怪現象が続くってのがあった
その内容がけっこうすさまじくてどうにも信じがたいもので、
当時のスレもやらせだろーぐらいにしか思われてなかったんだけど
その中に一人、その家の近くの住人を名乗る書き込みがあって
その家は香川県の善通寺にあって他にもいろんな怪現象にみまわれてるということだった
普通は何の証拠もないし誰も気に留めないんだろうけど
俺はそいつが場所を香川県の善通寺だと断定してるのがものすごく気になった
(番組内では何度見ても「四国にある家」としか言ってなかった)

で、半年後くらいにその件の後編が放送された
江戸時代に一揆を画策して処刑された七人の霊が原因ってことでお祓いして解決したらしい
俺は半年前の、場所を断定してた書き込みがずっと気になってて、
あれが本当なら善通寺で一揆の事件があったはずだと思った


そこで検索したら七人同志って一揆の事件が本当にあったのを見た時は鳥肌立った
番組がその事件を元ネタにして作ってたんならあの書き込みは半年も前になぜ場所を
言い当てることができたのだろうか…いまだに分からず気になってる
老夫婦の家がやらせでなくガチならつじつまが合うってのが怖い
番組も当時のスレも探せばどっか見つかるはず




 
ギャラリー
  • 【異世界】この世界に別世界と接している場所はある、と記録に載っていた。見つけた先輩方はいたんだね
  • 【ほんのり】田んぼに石を投げて一人で遊んでいた。大きめの石を投げたら、おれより下の学年の生徒が歩いてて頭に当たった【後味悪】
  • 【オカルト】白っぽい軍服コスの男性を見て隣の友人に「凄いね、完成度高いよ」と言ったら、そんなコスの人は通らなかったと。
  • 【オカルト】俺は無類の虫好き。そこは鬱蒼としていて街頭の下に虫が集まる。夜の散策はいくつになっても楽しい
  • 【オカルト】二、三ヶ月に一回くらいヒラヒラと白い何かが視界をよぎる。曲がり角、家の窓、バスから見る景色、ありとあらゆる所でだ。
  • 【怖い話】指が落ちてた。細くて色白の、指が道端に落ちていた。 家に帰って引き出しに入れた。あれはどんな人の指なんだろうか。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク