オカルト速報:不可解な体験、謎な話カテゴリの記事

【不思議な話】山の大きな生き物たち 『あれは山の神様で、御礼に俺を丈夫にしてくれた』

このエントリーをはてなブックマークに追加

143名無しのオカルト 2010/07/14(水) 21:23:54 ID: ID:PiDz6MjaO

5年前に死んだ爺さんの話し。

母方の爺さんは山の中に住んでいた。
一応道は通ってたけど、隣の家まで1キロ以上、電気は通ってるけどガスはなし、平成の世で竃と薪の風呂。
爺さんは元は東京生まれの結構なボンボン。けど、戦争で親をなくして親戚を頼って東北の山奥に移り住んだとの事。
そんな爺さんは、凄く頑丈だった。生まれて一度も病院に行った事がなく、死ぬときまで歯が全部揃ってた。
火葬の時に不思議な事が起きた。
いつまで待っても火葬が終わらない。流石に親戚一堂が係りの人に詰め寄る。
係りの人の言い分は、いくら焼いても骨が崩れないとの事。試しに釜?炉?から出してみると、小学校の理科室にある骨格標本そのもの。
箸でガンガン突いても崩れない。喪主の叔父さんと火葬場の人の話し合いで奥の部屋で金づちで砕く事に。

そんな頑丈過ぎる爺さんに生前に聞いた話し
「俺は若いときに、大きな鹿を助けた事がある。あれは山の神様で、御礼に俺を丈夫にしてくれた」
聞いたときには、フーンぐらいだったが今にして思えば何となく信じられる気分になる。




 

【山の不思議な話三篇】途轍もないモノが山肌に巻き付いていた / すぐ背後でぺたん ぺたん / トビコンマの鳴く夜にゃ出歩くな。お空の上へ攫われんゾ

このエントリーをはてなブックマークに追加

137名無しのオカルト 2010/07/14(水) 19:40:04 ID: ID:p8hM9b+60


昔馴染みの話。

子供の頃、山中の実家に帰省している時のこと。
早朝に外の手洗いで顔を洗っていると、裏山の方で何か大きな影が動いた。
動きを追って山を見上げると、途轍もないモノが山肌に巻き付いていた。

深緑色をした大きな蛇。
それが山を抱くようにして、とぐろを巻いていた。
ゆらゆらと揺れる頭は、彼の方でなく余所を向いていたという。

ポカンとして見上げていると、スーッと蛇の姿は薄れていき、
そのまますぐに消えてしまったそうだ。




 

【不思議な話】バス釣りにて、先に釣り上げた仲間はそれをリリースすることなく、後ろの繁みの中へ放り投げた。すると……

このエントリーをはてなブックマークに追加

70名無しのオカルト 2010/07/09(金) 19:40:08 ID: ID:2A3v6phF0

友人の話。

釣り仲間と二人で、近場の山にある溜め池へバス釣りに出かけた。
先に釣り上げたのは仲間の方だった。中々の大きさだ。
しかし仲間はそれをリリースすることなく、後ろの繁みの中へ放り投げた。

「バスをリリースするの、嫌うタイプだったっけ?」

そう問い掛けると「いやこの場所ではそういう約束だから」などと言う。
意味がわからずにいると、魚を投げ込んだ辺りから大きな音がした。

 バリバリ ガキ バキン!

何かが硬い物を噛み砕き、飲み込んだような、そんな音。

「今の音、何?」

慌てて聞いたところ、次のような返事があった。

「いや、だからそういう約束というか決まりなんだ。
 何というか、池の主への御裾分けみたいなもんだとでも考えてくれ。
 実際俺らって、バス釣っても食べないから構わないだろ」

仲間はあくまで平然としていたという。




 

【不思議な話】帰る時に友人の母親が、弁当だと言って小さな包みを2つくれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

49名無しのオカルト 2010/07/09(金) 00:15:03 ID: ID:yku12oxC0

高校時代の友人が結婚して、式の為に友人の実家の方へ呼ばれた。
山に囲まれた田舎で、道路こそ舗装されていたが、家より田んぼの方が多い。
俺は車が無いので、バスを乗り継いで2時間以上乗るハメになった。
友人の家は、庭に大木の生えた大きな家。
式は公民館的な場所で行われ、出席者は100人以上いたかも知れない。
終わったのは、陽が沈みかけていた頃で、俺は飛行機が無いので、友人宅で
一泊する事になった。
翌日、帰る時に友人の母親が、弁当だと言って小さな包みを2つくれた。




 

【不思議な話】火にくべると人間の姿が現れる石があった。その石の持ち主は、火を絶やさないどうなるのかと考えた【石じじい】

このエントリーをはてなブックマークに追加

194名無しのオカルト 2018/10/21(日) 13:05:02.21 ID: ID:FCOnLohk0.net

石じじいの話です。

いろいろと奇妙な石がありますが、火にくべると人間の姿が現れる石があったそうです。
七輪などの火が燃えているところに、その石を入れると、上がっている炎に人間の姿が浮かび上がるというものでした。
そのような石は、一つしか見たことがないとじじいは言っていましたが、他にもあるらしいとも言っていたました。
石が見せる(?)のは、男の姿だったということです。
別に古臭い侍の姿とかではなく、普通の服を来た人物だったといいます。
炎の中に浮かび上がるので、姿を詳しく見ることはできなかったそうです。
火が弱くなると(炎が小さくなると)、その人物の姿も消えました。
写真を撮ろうとしたこともあったそうですが、当時は性能の良いカメラも無くうまくいかなかったと。
その石の持ち主は、火を絶やさないどうなるのか?と考えて、夕方に薪を畑に積み上げて燃やして、その石をくべたそうです。
夕方に行ったのは、暗いほうが浮き出る姿よく見えたからです。
どんどん薪をくべて炎をたて続けると、その男性の姿は消えないで見え続けました。
1時間ほど立ったときに、炎の中に、もうひとりの人物の姿が現れてきました。
それは、女性のように見えたそうです。
2つの像が見えるようになってすぐに、急に夕立が来て、焚き火は消えてしまったそうです。
その後も、その石は人間の姿(男性のみ)を見せ続けましたが、火にくべる回数が増えるにつれて、その姿はだんだん薄く不明瞭になってしまったそうです。
持ち主が気がついたことには、その石を火にくべていると、ほんの少しですが墨汁の匂いがしたと。
「あの石、二つに割って火にくべたら、どがいなったんやろう?二人出てきたんかな?」と、私がメモに書き入れていました。




 
ギャラリー
  • 【不思議な話】山の大きな生き物たち 『あれは山の神様で、御礼に俺を丈夫にしてくれた』
  • 【オカルト】オカルト板に最恐の心霊画像が貼られる……幽霊が見えるからやばいってわけちゃう、写真そのものの怨念
  • 【オカルト】オカルト板に最恐の心霊画像が貼られる……幽霊が見えるからやばいってわけちゃう、写真そのものの怨念
  • 【オカルト】オカルト板に最恐の心霊画像が貼られる……幽霊が見えるからやばいってわけちゃう、写真そのものの怨念
  • 【オカルト】オカルト板に最恐の心霊画像が貼られる……幽霊が見えるからやばいってわけちゃう、写真そのものの怨念
  • 【オカルト】オカルト板に最恐の心霊画像が貼られる……幽霊が見えるからやばいってわけちゃう、写真そのものの怨念
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク