オカルト速報:不可解な体験、謎な話カテゴリの記事

高校生だった頃、あまり付き合いのない自殺した友人から電話がかかってきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
94: 本当にあった怖い名無し 2007/08/28(火) 01:47:19 ID:3S4KUXtk0

私が高校生だった頃。
当時はまだ携帯はおろかポケベルすら出始めで、友達と遊ぶときは待ち合わせの時間も場所も念入りに決めるのが普通だった。
ある日曜日、家でまったりと過ごしていると、家に電話がかかってきて、母が受話器を取った。
「○○ちゃん居ますか?」というように、名前入りで訊ねられたため、セールスだとか何の疑問も持たずに母は私に受話器を渡した。
相手は、
「田中だけど。なんでまだ家に居るの!」
とちょっとお怒り気味。

ATMでお金を引き落とした後、残高のところに目をやるとなんと、約1000万円あった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
668: 本当にあった怖い名無し 2007/09/17(月) 12:02:25 ID:8Q8VtHih0

かれこれ約10年前の話だが、おれが学生のころ大学構内のATMで
金を千円引き出した。引き出した後、残高の所にふと目をやると
なんと、約1000万円あった。


高校から今にかけて俺の周りをウロチョロする謎の同級生「イトウ」がいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
36: 本当にあった怖い名無し 2007/08/25(土) 20:59:44 ID:v+Sa2shO0

高校から今にかけて俺の周りをウロチョロする謎の同級生がいる

高1の時に言われたのが一番最初
夏休み明け直後の日だったんだがいきなりクラスの奴に
「イトウって知ってる?」って言われた

俺「イトウ?知らないなぁ」
「何言ってるんだよお前と同級生だろ?地元の友達だろ?」
俺「いや、しらんし」

数日後・・・

「やっぱりイトウって知ってるだろ?アイツお前と仲よかったらしいぞ」
俺「だから知らないって・・・」
「しらばっくれるなよ!」
俺「はぁ?そんな奴いないつぅの!」

それでケンカになった
そいつは俺に薄情だと言う
俺は知らない奴を知ってる奴だと言われて、なんかシャクに触ったのでキレた
まぁ若い頃だから血の気は多いとして
それでもクラスの奴は異常にキレた
家に帰って、卒業アルバムを小学校の頃から調べたけどやっぱりイトウなんていなかった

結局、ソイツとはそれ以来口を聞くことはなくなり転校していった

変なわだかまりが残ったけどしばらくイトウの名を忘れてた


続く


異世界に行く方法の「飽きた」ってやつ知ってる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
407: 本当にあった怖い名無し 2011/02/12(土) 17:10:12 ID:ur7cX5/kO

異世界に行く方法の「飽きた」ってやつ知ってる?
紙握って寝るやつ。
自分暇だったから昼寝ついでにやってみたのよ、そこで面白体験したから投下してみる。
全部で3回やったんだけど、一回目(昼寝?夕方)を。
左手に持ってうとうとし始めた時にいきなり、曲げてた腕が延びるくらいぐいぐいとその紙を引っ張られた。

裏世界

このエントリーをはてなブックマークに追加
374 :洒落怖からのコピペ1/2: 2006/02/20(月) 09:23:39 ID:pnG/tBw50

不思議な記憶と言うか、今でも鮮明に覚えてる記憶。
小学校五年生の夏休み、家の裏手にある大きなグランドで夏休みの自由研究である「身近にいる昆虫リスト」を作ってた。

するとグランドの隅、地面がコンクリになってる場所で、下水道に通じるだろう錆びた鉄の扉を見つけた。
興味本位で取っ手をつかんで開けてみると、下に続く梯子が見える。
それを見た俺は冒険ごっこがしたくなり、すぐさま家に帰って懐中電灯をとってくると、ワクワクしながらその梯子を下りた。

下に着いてみると床は金網になっており、更に下には暗渠があるらしく、小さく水音がしてた。
イヤな臭いがしなかったので下水ではないと思う。
通路は後ろと前の2方向に伸びており、とりあえず正面に歩くことにした。
懐中電灯で足下を照らし、ワクワクしながらしばらく歩くと(たぶん20mぐらい)目の前に鉄格子が現れて行き止まりになっていて、すぐ脇には上に伸びる梯子が設置してあった。
「もっと、凄い物が見れると思っていたのに…」とガッカリしながら梯子を上がった。
「歩いた距離からして道路を挟んだ反対側の空き地あたりでも出るんだろう」と、予想をしながら、ふたを開けて地上に出ると
降りた場所と同じに出て、おまけに夕暮れ時だった。
入ったのは昼過ぎのはずなのに。
なんだか怖くなってきて、とりあえず家に帰ろうとグランドを後にしたんだけれど、何か変。何というか風景が微妙におかしい。
大まかなところは見知った近所なんだけれど、いつも駄菓子を買ってた雑貨屋が見たこともない民家になってたり、公民館が病院になってたりした。
道路標識も見たこと無い変なマークになってた。


ギャラリー
  • 【オカルト】揺れるものを見るのが好きっつって首吊り死体の霊がぷらーんぷらーん揺れてるのを見てるのか子供……
  • 【妖怪】『狸』「ぴー」という鳴き声がして、じいさんの手には、ぼうぼうの狸のしっぽが握られていたんだ。
  • 【陰謀論】イルミナティ、フリーメーソン、ロスチャイルド御三家に並ぶ 新たな組織 「TV局が日本人の知能を低下させようとしている」
  • 【ほんのり】近くの大きな川の河川敷は散歩コースになっている。いつもは上流に向かって歩くんだが、景色見も飽きたし下流に向かうことにした
  • 【オカルト】近所の人?と思って起き上がったら、女の人がこっちを見て、「あ!やばー!」と言って消えた。
  • 【オカルト】窓の方向いたら、自分の身長の半分ぐらいの巨大な顔があったらしい。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク