オカルト速報:不可解な体験、謎な話カテゴリの記事

白くて大きい像

このエントリーをはてなブックマークに追加
152: 1/2 2010/02/27(土) 15:55:48 ID:RkLFeQUE0

細かい部分が思い出せないのですがひとつ。長いです。

2005年11月、私が16歳の時でした。友人と二人で東尋坊に行ったときのこと。
友人は東尋坊タワー周辺、観光客が最も集まる場所から崖下へ降りていった。
私は怖いので行かないと言い、崖上で待っていた。

ふと右手にある散策コースを見ると、六角堂というんでしょうか?
小さな六角の建物が見えたので、気になった私は友人を置いてそちらのほうへ向かった。
今思えば寒かったこともあって、人が急にまばらになった記憶がある。
高さ2mほどの六角堂には鍵が掛けられており、隙間から覗くと石像が安置されていた。
場所が場所だけに、特に気にかけることもなく散策コースを進む私。
左手にある海を見ながら進んでいた時、何気なく右手を見ると大きな石像があった。
高さ3mほどあるいきなり登場したこの石像、異常なほど白いのである。
大きさと白さと、もう何だかいろいろ圧倒された。
女性であったのか、表情だとか、ポーズだとか、肝心な石像のことは詳しく覚えていないのである。
これだけ綺麗という事はまだ新しいのかな、と思いながら急に心細くなった私は急いで友人の元へ。

白くて大きい像がある、と報告した後特に詮索することもなく、慰霊の像ということで話がまとまった。
このとき友人は像を見ていない。

つづきます。



高校時代のクラスメート

このエントリーをはてなブックマークに追加
64: 本当にあった怖い名無し 2010/02/21(日) 19:06:33 ID:/4SIEBk30

高校時代、俺は孤独だった。
実家から一時間半かかる高校に行ったので地元の友達もおらず、
第一志望の高校落ちた挫折感と、人付き合いの煩わしさを感じる性質だっため、
教室でも寝てるか本を読んでいるかだった。
でも別に苦じゃなかった。

宮元君というクラスメートがいた。
バレー部所属でクラスでも発言力があるタイプ。勉強はそれほど得意じゃないけど、
活発で背も高くなかなかハンサムで、俺的にはちょっと苦手なタイプ。
でもなぜかすごく俺に構ってくれた。
クラスで催し物がある時なんか声をかけてグループに入れてくれたり、
学校の帰りにマックなんかに寄ってだべったり(俺はちょっと迷惑だなぁと当時は思った)。
数人のグループでスキーに行くという時には、行きたくないから色々言い訳する俺を
強引に誘った。結局スキーに行くことになった。
安いツアーだったので業者の手続き違い(?)で宿が変わったりして面倒もあったが、
まあ「スキーに行ったなぁ」という思い出にはなったのかな。楽しかったかどうかは忘れた。
卒業まで同じクラスだったの、なんだかんだで構ってくれていた。
その後どうなったかわからない。
結構前の話なので、自分のことも含めて卒業前までの記憶があんまり無い。


幸福の足音

このエントリーをはてなブックマークに追加
222: 本当にあった怖い名無し 2012/08/05(日) 04:14:39.88 ID:i+J6jJVq0

数年前の話を一つ。かなり長文です。

大学4年の春休みに当時の彼女(現在は嫁)が車を購入。そこで俺、彼女のN、そして一つ下の後輩Yの3人で泊まりの旅行を計画。
桜のシーズンだったのでそれに見合った候補地をいくつか挙げていった所、Nの田舎が桜の名所と言うことが判明。
そこで物は試しとNがその田舎に住む祖父母に連絡を取ったところ、コレがあっさり宿泊OK。

俺とN、Yの3人は親同士がすでに昔からの友人同士。なのでつきあいも長く、3人でのの旅行は初めてではない。
最終的には、俺たち3人に加えNの妹、中学生のAちゃんを加えて4人で行くことに。



二本の棒

このエントリーをはてなブックマークに追加
156: 本当にあった怖い名無し 2012/08/13(月) 19:06:01.00 ID:LRCfJlnO0

3年前に体験したミステリアスな話。

ウチから歩いて30秒くらいの所に公園があって、
そこには甲子園の地区予選とかでも使われてる大きな球場がある。
寝付けない日にはその公園に行って夜風に吹かれながら
タバコ吸ったり球場の周囲をグルっとブラつくのが日課だった。

ある日、深夜2時頃になっても寝付けずいつもの様に公園に行き
球場の周囲を歩いていると、球場の真ん中に誰かいる事に気付く。
「不審者が忍び込んでるのか?」とよくよく見てみると
遠目からでも「人」じゃない事がシルエットで分かった。
恐らくは2.5~3Mくらいはある、縦向きの白い「棒」だ。
レモンみたいに両端が萎んでいて太さは30センチくらい。

「棒」が二本、球場をホバリングしながらフワフワ漂っていて
同じ場所をグルグルと探し物でもしているように動いている。
「なんだあれ…」と思い、凝視しても一向に正体が掴めず
30分くらい見てたら眠気が来たのでその日は帰ってしまった。


落ちていた写真

このエントリーをはてなブックマークに追加
21: 1/2 2012/09/07(金) 09:57:52.34 ID:mwJXBtiEP

約32年前の出来事
当時小学3年生だった俺は学校から帰ってきては毎日近所の駄菓子屋に遊びに行ってた。
その日も強めの雨が降ってたが駄菓子屋までは徒歩1分なので傘もささずに走って出掛けた。
駄菓子屋には4人ぐらいの友達が先に来ていた。
駄菓子を買い友達と喋っていると雨で濡れてる路面に葉書大の紙が5枚ぐらい落ちているのに気がついた。
びしゃびしゃに濡れてる紙を拾いあげてみるとそれは白黒写真だった。

ギャラリー
  • 【不思議な話】宇宙人か、宇宙人とのハイブリッドか、霊能者か……売上を上げるのでなんでも好き勝手にやっていい社員がいた。その人がくれた一筆箋には
  • 【ほんのり】今日は休日出勤やった。さっき帰ろうと思ってエレベーター乗ったら掃除のオバチャンが乗ってた。その人は……
  • 【オカルト】こんな幽霊も世の中にはたくさんいるのかもしれないけど、イマイチ怖くなくて気づいてもらえてなかったりして
  • 【オカルト】先日祖母の火葬の時、祖母が可愛がっていた喋る人形に頭の中が支配された
  • 【オカルト】バックミラーみたら、後ろに首のない単車に乗った人がいた。信号が変わるまで肉眼とバックミラーを交互に何回も見た。
  • 【謎な話】背中に黒い斑点が出来ているのを見つけた。『ラーメンと象と回転するリング』って誰かに言われる。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク