オカルト速報:不可解な体験、謎な話カテゴリの記事

13という数字が絡む時、周りに不幸が起きる彼女の話

このエントリーをはてなブックマークに追加
423: 本当にあった怖い名無し 2008/03/14(金) 00:53:55 ID:irai8HRs0

しばらく前に、どこかのスレに書いたんだが
俺の彼女が、26という数字に縁がある

誕生日が26日
姉の誕生日も26日
両親の結婚記念日も26日
そして彼氏の俺の誕生日も26日
住所やら以前の電話番号やら、他にもいたるところで
26日という数字がつきまとう
でも、それはめでたいこと等なので、良いように捉えてる

逆に、その1/2である13という数字が少し怖い

ガーゼを患者の体内にスルッと入れて、患部の悪い血だけを抜いて治療してくれる医者の話

このエントリーをはてなブックマークに追加
365: 本当にあった怖い名無し 2008/03/06(木) 21:41:25 ID:6gqQ6Lja0

1/2

小学生の頃はピアノを習っていたんだが、家に教えに来てくれていたピアノの先生というのが、見える人だった。
レッスンが終わるといつも、母に並んでその女先生との世間話を幼いなりに楽しんでいた。
これは、当時聞いた先生のオカルト話の中で、今思い返しても気になるもののひとつだ。

先生は、ある特殊な病院に行ったことがあると言う。
病院というよりは、個人経営の接骨院のような小さな施設、という設定にオレの頭の中ではなっている。
さて何が特殊なのかと言うと、その治療法。
どんな症状の人でも治療できたかはわからないが、例えば胸の辺りに激痛が走る症状を診てもらったとする。
患者は手術台のような台の上に寝かされ、裸の上に一枚布をかけられる。
すると医者・・・ではないんだろうが、治療者はガーゼを丸めて円柱状にした物をつまみ、患者の胸に当てる。
と、次の瞬間、ガーゼは一瞬患者の体内にスルッと入ったかと思うと、赤黒く染まって出てくるという。


幼稚園の行事で食事の時、ワンピースを着た女の子が私に『フデバコさんですか?フデバコさんですか?』って何回も聞いていたらしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
353: 1/3 2008/03/06(木) 12:40:21 ID:HUIO4P11O

幼稚園の行事で、雪山の宿泊施設へ泊まりに行きました。
(アウトドア行事が多かった)
小さなホテルに泊まるグループと、ロッジに泊まるグループに分かれていました。
私はロッジに泊まるグループです。


「寒いねぇ」とか言いながら、皆で雪を眺めつつ、施設の食堂でお昼ご飯を食べました。
大学の食堂みたいな、大きなザワザワとしたところです。友達と二人で完食し、ロッジに帰って満足していると、友達が怪訝そうな顔で聞いてきました。

「A(私)ちゃん、なんでご飯食べてるとき友達を無視してたの?」
「友達を?」
「Aちゃんの横に立って話しかけてる子がいたじゃん」

友達曰く、ワンピースを着た女の子が私に話しかけていたのに、私は目もくれずにご飯を食べていて困ってしまった…とのことでした。
しかしうちの幼稚園の制服ではなかったこと、土足厳禁の食堂で汚いローファーを履いていたことから
「変な子だったしまぁいいけど」と友達は納得していました。
私は自分の食い意地を反省しつつ、食堂、うるさかったからな…よその幼稚園の子だったのかな、と思いました。


幼稚園の時、お気に入りの靴を隠された時の不思議な体験。

このエントリーをはてなブックマークに追加
343: 本当にあった怖い名無し 2008/03/06(木) 03:16:05 ID:HUIO4P11O

幼稚園の時の話。


教室の前がすぐ園庭(外)になってて、出入りする時は必ず戸の横の靴箱で靴を履き替える決まりでした。
みんなで園庭で遊んでいて、教室にボールを取りに戻ったんですが、ちょっと入るだけなのに内履きに履き替えるのが面倒くさくて、外履きを脱ぎ散らかして放置してしまいました。
(当時の園内では割と重罪行為)

ほんの数秒後、ボールを持って外に出ようとしたら、私の靴が無くなってる…。
「えっ!?」と皆びっくり、観念して先生に正直に伝えて、その日は皆で靴を探しました。
出てきませんでした。私はお気に入りの靴を隠す子がいるなんて…とショックで泣いてしまい、先生も靴を放置した事はたしなめつつ、嫌がらせ(?)にあった事を慰めてくれました。
その日は悲しくて泣きっぱなしで、お母さんにおぶさられて家路につきました。

翌日、靴が出てきました。
靴箱の、下敷きになっていたそうです。
クラス会が行われ、「○○(私)ちゃんも規則を守らなくていけなかった。でも人のものに酷い事をするイタズラはいけないことだよ」と先生が皆にお話しました。


去年の暮れに見覚えの無いアドレスから「もう逢えないのですか?」ってメールが来た。

このエントリーをはてなブックマークに追加
280: 本当にあった怖い名無し 2008/03/01(土) 14:24:13 ID:pGO/7IS90

去年の暮れに見覚えの無いアドレスから「もう逢えないのですか?」ってメールが来た。

ギャラリー
  • 【ほんのり】移動式の鉄の門扉、開いてたんだよ… 入って下さいって云わんばかりに。
  • 【オカルト】昔、一人の青年が遊びに来てたことを、最近になって思い出した。結局その人は亡くなったらしいがどうも話がおかしい。
  • 【オカルト】気が強い人を幽霊は避けるらしい。何故か両隣が頻繁に引っ越ししてたな。
  • 【オカルト】五人で肝試ししてて、俺以外のうち2人が途中でビビって帰った。次の日その2人が死んだ
  • 【オカルト】近所にどうしても好きになれない場所がある。別に日当たりが悪いわけでもないのに、なーんか暗い感じ。
  • 【妖怪】寝物語を聞かせ寝かしつける善良な妖怪「枕女」  その記憶を持つ者は、朧げながらも不思議と一致する…
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク