オカルト速報:不可解な体験、謎な話カテゴリの記事

目が覚めたら、私のベットの隣でおかっぱの痩せた女の人が立ってた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
261: 本当にあった怖い名無し 2011/06/09(木) 13:32:03.76 ID:qO8E4Nqa0

今から2年ぐらい前の話。
お昼近くにモス○ーズバーガーが無性に食べたくなって、自転車でモスに行こうとしてた。
横断歩道で、もう少しでモスというところで、左折してきた普通車に自転車ごと轢かれた。
色々打撲擦り傷とかあったんだけど、左足がボキっておれてしまって、
市内の大きな病院に入院することになった。
圧倒的な力に体を壊されるってこういうことなんだと思いながら、処置が終わった足を眺めつつベットでぐったりしてた。
病室は個室で、比較的新しい病院だからとっても綺麗でベットで寝てても可動式の小さいモニターのTVが目の前に伸ばせたりするので、ちょっと感動してた。
そんな時にお母さんとお父さんが病院あわてて病室に来て、なにやってんの!と怒られて頭をお母さんに殴られた。
青信号でちゃんと渡ったのに、ひどい!何で私が怒られなきゃいけないの!と逆切れしてたのをおぼえてます。
警察の人に、車を運転していた人が知ってる人でしたかとか聞かれてたりして、
こんな風に調書ってとられるんだーってちょっとドキドキしながら、生まれてはじめての入院にちょっとワクワクしてました。

でも、その夜。
お母さんは病室に泊まらないで、私の着替えとか用意して帰ってしまったので、
疲れたし擦り切れた腕とか痛いしで、色々落ち着いた16時ごろからベットの中で起きたり寝たりを繰り返してた。
たしか23時ぐらいだとおもうんだけど、目が覚めたら、私のベットの隣でおかっぱの痩せた女の人が立ってたの。
思いっきりびっくりして誰!?っておもったけど、大きなバラの花柄のパジャマ着てたから入院患者さん?って思って「え?間違って入ってきたの??」とおもって、時計見ようと顔だけ横向いて、またその人を見たらその女の人がいなくなってた。
「えええええええ!?」って一人パニックを起こしてたんだけど、見間違え??かな??っておもって。


高校生のとき、当時付き合ってた彼女が事故で亡くなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
324: 本当にあった怖い名無し 2011/06/03(金) 01:40:44.50 ID:yT7gfRx/0

今日の帰りの電車で大学時代の友人と偶然あった。流れで飲みに行ったのだが、こんな話を聞いた。

高校生のとき、当時付き合ってた彼女が事故で亡くなった

私は地元の山の神さまに嫁いでそれまでの名前が使えなくなった経験がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
270: 本当にあった怖い名無し 2011/06/03(金) 00:01:31.47 ID:S6v1AieoO

酔っ払ってるし携帯からで文がおかしくてすまん。
合コンでひょんなことから改名の話になったんだが偶然そのメンツに改名をしたことがある奴が二人いたんだ。
一人は勝手にお祖父さんだかに届けを出されてキレた親が改名手続きをした。
もう一人は地元の山の神さまに嫁いでそれまでの名前が使えなくなったから。

因みに後者が自分。
これ私の地元じゃ割と普通だったんだけど(私と同時期に改名したこいるし)、今回のメンツははじめて聞く話だってドン引きされた。
地元のマイナーなお祭りだからってごまかしたけどさ。
何が死ぬ程怖いって明日から変な噂がたちそうなのがこわいよ。


末期がんの初老の女性が亡くなる前に残した「血を取りにきたとき,首を刺してそのまま横に裂く。」というメモ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
222: 本当にあった怖い名無し 2011/06/02(木) 15:03:45.03 ID:MwAN7rPy0

私の先輩が看護師として勤めている病院であったこと
先輩のチームの受け持ち患者だった末期がんの初老の女性が急変し,亡くなった。社交的で明るく,ナースや同室の患者とも仲良くやっている,感じのいい人だった

身よりのない人で,先輩が私物の整理をしていると,一冊のメモ帳が出てきた。
なんの気なしにパラパラめくると,日々の日記や,病院食の献立,見たいテレビ番組のメモ等,他愛のないものだった。
「きょうは看護師の××(先輩の名前)さんと散歩に出かけた。相変わらずやさしい人。私の話もよく聞いてくれて,心が晴れた。噴水もきれいだった。」
等と言う記述があり,先輩は少しほろりと来たとか。
しかし,亡くなる前日の内容を見て,先輩は戦慄した。.

【長編】ある夕飯のときに「もうよろしいか」と病気の祖母がつぶやきました。祖父は「そうだな。」と答えました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
110: 1/17 2011/06/02(木) 00:25:20.52 ID:+XA56KO70

某半島の先の方にあるひっそりとした村の話です。

話は江戸時代より前に始まります。
ある偉いお坊さんがいました。
そのお坊さんは自分が老齢になったことから一門の後継に
地位を譲り、救いを求める人々を導くための旅に出ました。
西から東へ北から南へ色々なところを廻ったお坊さんは
その村に行き着きます。そこでは貧しいながらも
正直で親切な村人たちが慎ましく暮らしていました。
海と山に囲まれた隠れ里のような村で、
貧しい村落のことで寺や神社はおろか祠すらありませんでしたが、
お坊さんは珍しい旅人として快く迎え入れられるのでした。


ギャラリー
  • 【オカルト談義】オカルト番組が消えた理由は番組の作り手の質の低下。超常現象をバカにする作りだったりYouTube流すだけだったり。
  • 【事件】秋葉原事件の犯人って闇深いよな。わずか3分という時間に17人もの人を殺傷できるか?
  • 【オカルト談義】オカルト番組が消えた理由は、テレビの高画質化とカメラのデジタル化だと思う
  • 【オカルト談義】オカルト番組が消えた理由は、テレビの高画質化とカメラのデジタル化だと思う
  • 【オカルト談義】オカルト番組が消えた理由はゆとり世代が信じちゃうので → 全くの逆では? 「世紀末を越えたから」「震災がターニングポイント」「クレームが入るから」
  • 【オカルト談義】オカルト番組が消えた理由はゆとり世代が信じちゃうので → 全くの逆では? 「世紀末を越えたから」「震災がターニングポイント」「クレームが入るから」
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク