オカルト速報:不可解な体験、謎な話カテゴリの記事

俺の弟(小三)が行方不明の間に体験した奇妙な話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 02:47:21.31 ID:aJ1oUjLu0


833 1/4 2011/03/01(火) 12:31:03.96 ID:5HHjRcQb0
やっと文章化出来た…。長文になってしまうけどすまそ
かなり取りとめなかったのをまとめたけど大体あってると思う。

先週のことなんだけど、小三の俺の弟が体験した話。
弟はその日、学校終わって一度うちに帰ってから仲のいい友達と一緒に近くの公園で遊ぶことにした。
夕方になってかくれんぼしていたら、珍しいことに父、母、俺の家族全員が揃ってその公園まで迎えに来た。
それが弟には結構嬉しかったらしく、かくれんぼを途中で切り上げて、友達に一声かけて俺らと一緒に帰った。

家に着いて宿題し始めると、これまた珍しく俺が弟のそれを見てやった。
宿題やってる間も色々とゲームの話だかなんだかの話で盛り上がったりして、機嫌のいい俺はずっと弟の傍にいた。
やがて夕食の時間が来て、母が1階のダイニングから声を張り上げた。俺達の部屋は2階だったので大声で返事して下へ降りた。
なんでもない日なのに夕食はご馳走で、弟の大好きなハンバーグとかが並んでて、
寡黙な父も、さっさと平らげてしまった弟に俺の半分食うか?とかかなり気を配ってた。

そんな中、いつも見てるアニメの時間になったのでテレビをつけると
何故か砂嵐で、チャンネルを回してもテレビはザーザー言うばかりだった。
すると突然母がリモコンを取り上げ、テレビを消した。その顔がニコニコしてたので、ちょっと不気味だった。


「死ぬまで住んでくれる 」なら一軒家あげます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 23:06:20.75 ID:I2EMZToW0

925 名無しさん 2009/02/04(水) 08:52:44 ID:oKOysTpy0
神戸市北区の一軒家いらないか?
ただ三つ条件があって
1 必ず受け取る
2 三日以上家を空けない
3 死ぬまで住んでくれる

この3点守れる方なら土地ごと渡します


火葬

このエントリーをはてなブックマークに追加
164: 火葬 1/3 2009/06/06(土) 09:28:13 ID:1L3mx1eB0

空気読まず書き込み


俺の家が葬儀屋だからなのかは分からないけど、うちには頻繁に奴らが出る。

葬儀の仕事は大抵父と祖父が受け持っているのだが、
今回は2つ仕事が重なったこともあって兄が火葬の仕事を手伝うことになった。
兄は困惑した面持ちで父と共に火葬場へと車を走らせていった。
俺に頼まれなくて良かった~と思いつつ兄の帰りを待っていると、
予定よりも1時間ほど早く兄だけが帰還してきた。
顔面蒼白だったが、兄は貧血をよく起こす体質だったのであえて触れない。
「おかえりー早かったな」
俺がそう言うのと同時だった。兄が盛大に嘔吐する。
ゲボゲボ言いながら
どこからそんなに大量の嘔吐物が出てくるんだろうかと思うほど嘔吐していく。
呆気にとられていると、
兄は足を引きずりながらトイレへ走っていった。
ゲロ吐くほどグロテスクだったのか…としか思っていなかったのだが、
それだけではなかったということが後に発覚する。


自殺したはずのA君

このエントリーをはてなブックマークに追加
149: 本当にあった怖い名無し 2012/06/02(土) 05:51:02.13 ID:zO5sAS1OO

前スレでちょっと書いたことなんですが、自殺した同級生が生きている話について
A君、高校の時の同級生なんですけど、僕が大学進学で地元を離れている間に自殺して死んでしまったんです
ご遺族からの直接の連絡はなかったのですが、他の同級生や親から電話で聞きました
わりと仲良かったので悲しかったですけど、当時バイトとか学校とかサークルとか飲み会とか合コンとかデートとか、とにかく色々多忙で葬式は誘われたけど出られなかったんです
んで、卒業後実家に帰ってきたんですけど、町をふらふらしていると懐かしい顔に廻り合いました
自殺したはずのA君です


怖い話アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
50: 本当にあった怖い名無し 2012/09/09(日) 13:07:10.75 ID:i7ssaK0P0

毎日電車を使って学校に通ってると、どうしても暇つぶしが必要になるよな。
JRとかなら普通に携帯でネットしてればいいんだけど、あいにく俺が使うのは地下鉄。
だいたいは本を持ってくけどたまに忘れることもあって、そんな時はインスコしといたアプリで暇つぶししてる。
こないだもスマホでネット接続不要の怖い話アプリ見てたんだけど、まあ入れてるアプリ自体少ないしオカルト板出入りするような俺だから見たことある話ばっかなのよ。
あれも見た、これも見たってどんどんスクロールしていくと、その中に一つだけ見たことの無い話があった。
おっ?見逃してたかってwktk状態。スクロールバーも結構小さいし、何駅分の時間をつぶせそうだったからゆっくりじっくり見てたわけ。
話の内容は確か古いお面を見つけてそのノロイガーとかありがちな話。でも見た覚えの無い話だから結構楽しんでたよ、文章もわりと上手かったし。
で、半分くらい読んだところで背中に冷たい感覚が走った。明らかに冷房で体が冷えたとかじゃなく、背骨に沿って冷たい指がなぞるみたいにゾゾゾッて感じ。
これはめっけもんかともうちょい読み進めると、一行進むたびに肌が変な鳥肌と、妙な圧迫感。軽くスクロールしなきゃならないくらい読んだ時にはもう喉の方に変なもんが詰まってる感じさえしてた。


ギャラリー
  • 【不思議な話】家に初めて来た時に80歳だったとしても最後に来た時には98歳だ。 そんな老人が一人で峠を越えてどこぞへ行くだろうか?
  • 【オカルト】どうせ電車が通り過ぎたらいなくなるんだろ……。通り過ぎたら確かに向こうにはいなかった。左の視界の端、俺の左隣にその足があった
  • 【都市伝説】東京とかいうガチで結界張られてる都市【陰謀論】
  • 【ほんのり二篇】高速で動く白い手  /  亡くなったおばあちゃんがちょこんと正座。両親を連れてきたがまだいる。
  • 【オカルト】朝早く座禅をしていると、砂利を踏み鳴らしながら誰か来て引き戸を開ける音がするが、しまる音がせずにおなじことが繰り返しということがあった。
  • 【オカルト】こないだ彼女と待ち合わせしてたらさ、時間になっても来ない。横断歩道の向かいで携帯耳に当てて喋ってるのが見えた
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク