オカルト速報:不可解な体験、謎な話カテゴリの記事

【不思議な体験】靴が所々剥げてて直さないといけないなと思ってた矢先、不思議なことが起こったんだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・不可解な体験、謎な話~enigma~ Part98 ©2ch.net

3: 本当にあった怖い名無し 2016/01/12(火) 22:15:56.77 ID:nyzKRALK0
もしかしたら俺は昨日不思議な体験をしたかもしれないんだけどさ

というのも靴が明らかに目に見える形で修繕されてるのよ
その内容は靴の爪先の塗装が剥がれてたところを色を塗って目立たなくした感じ

前々から剥がれてたところを見て「塗らなきゃいけないな」とは思いつつやらなかったんだ
歩きながら下に目線を下げると爪先が視界に入るだろ?
だから塗らないと格好悪いなと思ってた

思ってた矢先こんなことが起こったんだ

【不思議な体験】運命で結ばれた人、赤い糸というものを信じますか?私がソレを信じたきっかけは、いつも見るあの夢でした

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・不可解な体験、謎な話~enigma~ Part97 ©2ch.net

139: 本当にあった怖い名無し 2015/11/09(月) 15:56:40.56 ID:nLZmspUZ0
ここで良いのか解りませんが、聞いてください。

みなさんは、運命で結ばれた人、赤い糸というものを信じますか?

その夢を初めてみたのは、中学1年か2年の頃だったと記憶しています。
ガラスで囲われた、テラスのようなところで低いテーブルを囲んで、ある女性と会話をしている光景がでした。
その女性は20歳くらい。
特別にすごく美人ってわけでもなく、キレイなんですが、いたって普通な感じの女性。
当時好きだった女子とのエッチな夢や、グラビアアイドルと恋愛するような夢なんかはちょいちょいみていましたが、それは普通に女性と話しているだけの夢でした。
夢の中で声や音は聞こえず、ただ映像だけが主観目線で続いています。
朝起きて、この夢はなんだったんだろ?と思いましたが、そのまますっかり忘れて中学生活を続けていました。
次にみたのは、中3の頃だったと思います。 

【不思議な体験】優しかった婆ちゃんが亡くなって数週間後、夜中に目が覚めて、婆ちゃんの部屋の扉を開くとそこに婆ちゃんがいた

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ その120 ©2ch.net

938: 本当にあった怖い名無し 2016/10/26(水) 23:00:49.12 ID:LnJGOE8u0
不思議スレと迷ったんだけどこういうことに詳しい人多いかなって思ったんでこっちで

10年ほど前一緒に住んでたばあちゃんが亡くなった
優しいばあちゃんで皆にも愛されてた
私も大好きだったんだけど亡くなる数年は寝込みがちだったし私も年ごろで友達や彼氏との遊びを優先してしまって昔ほど話をしたり一緒にいたりできていなかった
それが私の中でずっと後悔していたと思う
ばあちゃんが亡くなって数週間後、夜中に目が覚めて二度寝をした
と同時になんか意識だけが違う世界に行ったというか、家の廊下を歩いてるんだけど回りはオーロラみたいにキラキラひらひらしてる
ばあちゃんの部屋の扉を開くといつも座っていた場所にばあちゃんがいた 

【不思議な体験】深夜に小田原に向かう小田急でついうとうとして目を覚ますと、ありえない事にそこは俺の地元浜松駅だった…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ その120 ©2ch.net

45: 本当にあった怖い名無し 2016/09/19(月) 05:39:48.16 ID:bkH3Yt4S0
8月中旬の話。
俺、小田急線の某駅が最寄りの一人暮らし大学生なんだけどさ。その日は東京住みの友達と新宿で遊んでたのよ。
んで、午後3~4時くらいに友達と別れて新宿駅から小田原行きの電車に乗ったのね。
新宿から俺の最寄りまでは1時間以上掛かるから当然電車の中で音楽聴きながら寝るわけ。んで、パッと目を覚まして外見たら真っ暗なのよ。
今思えば午後3~4時に出て外が真っ暗になることなんて不思議なんだけどその時の俺は慌てて「やべ!寝過ごした!」とだけ思って数分後に止まった駅を確認もせずに降りた。

【不思議な体験】研修医で勤務してた頃、患者さんが集会所でにこにこ笑いながら患者さんが入ってきて向かいに座った。彼女は何故かお風呂上りの姿で…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ その121 ©2ch.net

578: 本当にあった怖い名無し 2016/11/23(水) 01:10:44.41 ID:zwu5/lRZ0
怖いと思ったことはないけれど、時々思い出すこと。
三十年近く前の話。
医学部附属病院に研修医で勤務していた頃の話。
ほぼ毎週、土曜日か日曜日は、どこか他の病院の当直に行かされていた。
一般の病院の勤務医は暦の通りに休むから、誰かが代わりをさせられる。
その当時に担当していた、重症で危ない患者さんのうちのひとり。
骨髄異形成症候群の白血病化、40歳台?の女性で、幼稚園生の娘さんがいた。
不思議と旦那さんの事の記憶がない。いれば、病気の説明や容態が危ういことを旦那さんに何回も話したはず。

ギャラリー
  • 【怖い話】ダイビングがトラウマになるかも…あるダイバーの最後を撮影した動画が怖すぎる ※動画あり
  • 【オカルト】町外れの溜め池をたまたま通りかかって、池を眺めてたらンギャーみたいなハデな叫び声が聞こえてきて…
  • 【オカルト】1920年に建てられた米セシルホテルだが、このホテルはエリサ・ラムの溺死事故をはじめ、奇怪な事件が絶えないという…
  • 【オカルト】物置部屋整理してたら、クッキーの空き箱に入ってた不気味なお面みつけたんだが…※画像あり
  • 【オカルト】物置部屋整理してたら、クッキーの空き箱に入ってた不気味なお面みつけたんだが…※画像あり
  • 【オカルト】生きたパン、リアルあんぱ○マンは作り出すことが出来る?カナダ人が行った驚きの実験内容とは…
最新記事
最新コメント
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

オススメ記事(外部サイト)
スポンサードリンク