オカルト速報:不可解な体験、謎な話カテゴリの記事

【オカルト】我々は夢を見ている時にパラレルワールドに行っていた!  睡眠中はシュレーディンガーの猫状態

このエントリーをはてなブックマークに追加
midashi

1名無しのオカルト 2018/03/12(月)22:12:24.22 ID: 5Co/eYKP0●.net



直近の睡眠で見た夢を覚えているだろうか。覚えていてもいなくても、睡眠中には何らかの夢は必ず見ているといわれている。
こんなにも身近な現象である我々の夢だが、21世紀の今日を迎えてもいまだに科学者にとって“超難問”のひとつだという——。


■サイエンスで“夢”を解明できるのか?

 古代ギリシアと古代ローマでは夢は神聖な存在からのメッセージを運ぶ媒体であり、古代中国では夢は死者たちの世界であった。
また古代エジプト人は夢の導きに従う者は成功すると信じられ、ネイティブアメリカンとマヤ人の間では、夢は“パラレルワールド”であると考えられてきたという。

 古来から夢は我々にとって重要な現象であると考えられてきたのだが、そのメカニズムと意味するものはいまだに謎だらけだ。
ともあれいくつかの印象的な夢はまるで“もうひとつの世界”であるかのようなリアリティを伴った内容であることは否めないだろう。
まさにバーチャルリアリティーともいえるビジュアルとサウンドに加えて触感や匂い、場合によっては味までもが夢の世界で体験できる。
夢が人間にとって“もうひとつの世界”でありパラレルワールドであると考えるのはもっともなことかもしれない。
ではサイエンスの側から見た場合、いったい夢とはどんな現象なのか? オルタナティブメディア「Disclose.tv」などの記事によれば、
1920年代から一部の科学者が夢を科学的に解明する試みを行ってきたという。
その取り組みの中で夢の発生源の物質として核粒子(nuclear particles)という概念も生まれたのだが、
後になってこの核粒子の存在は現実の世界では不可能であることが明らかになった。そこで近年では科学者たちは夢の問題を従来の標準的物理学の世界で扱うことを諦め、
量子力学などの理論物理学の分野に属する問題へとシフトさせているという。

 そして夢がそうした分野に属する問題であるならば、逆にいろんな可能性が開けてくることにもなるのだ。
http://tocana.jp/2017/12/post_15236_entry.html





【オカルト】俺は窓の外にあった満月を見ていた。すると月がどんどん大きくなってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加
midashi

900名無しのオカルト 2016/04/24(日) 13:47:27.80 ID: ID:/4y4kjs30.net

小学生の時、5人乗りの車に
フロント
空母←運転手
姉俺
みたいな感じで乗っていた
姉は携帯を弄っていて、俺は窓の外にあった満月を見ていたんだ
すると月がどんどん大きくなってきた
頭悪いから車で走ってるから近づいていってるから大きくなるんだろうなと思ってたんだ




 

【オカルト】穏やかだったBのじいちゃんの表情が見る見る変わって「見たんか? 見たんじゃなぁぁぁ!! ばあさん、○○様を呼べ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
852
名無しのオカルト 2016/04/19(火) 11:59:27.08 ID: ID:0SpaZoJV0.net

死ぬ程怖い話ってわけでもないけど。

小学校の夏休みに田舎に行っててさ。地元の子のA・B・C(巫女。自称霊感アリ)と一緒に山に登って遊んでた。いかにもな雰囲気の祠が建ってて、なんか封印の御札?が貼ってあったんだけど、破って扉開けて中覗いたりして遊んでた。

暗くなったんでB宅に帰ってみんなで「祠の中面白かったよなー」って話してたら、穏やかだったBのじいちゃんの表情が見る見る変わって「見たんか?見たんじゃなぁぁぁ!!」とBの肩を激しく揺するわけ。「ばあさん、○○様を呼べ!」

ばあさんが急いでどこかに電話してる。しばらくして救急車が到着して、じいちゃんを運んでいった。

「ああ、そこの子(俺の事)は初めてだったかねぇ。驚かせちゃってすまないねぇ」ばあさんが申し訳なさそうにしている。

「オカ板の読み過ぎでな…」Bが苦りきった表情で言った。

聞けば今でもオカ板住民必携アイテム「肝心な時に決まって動作不良を起こすデジカメ」を片手に心霊スポットめぐりをしているという。どうかいつまでも元気でいてほしい。




 

【妖怪】東京某駅で特快の待ち合わせをしてた。乗ってくる人たちをボーッと見てたら、その間をチラッと走ったもんがあった

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
871
名無しのオカルト 2016/04/22(金) 01:25:03.93 ID: ID:19sIYdfM0.net

もう三年くらい前なんだけど、東京某駅で特快の待ち合わせをしてたのね
自分はそのままのんびり行くつもりだったから、ドアを見て斜め右のシートに座ったまま、電車が来るのを待ってたんだ
季節は確か10月頃で時刻はまだ昼を過ぎたくらい
そのうち特快がホームに入って、バラバラ人が降りてきてこっちの方に乗り込んでくるわけ
徹夜続きで、その時も寝ないまま一度家帰って寝てこいってことだったんで、かなりウツラウツラしてたのは確か
頭回らないまま、こっちに乗ってくる主にサラリーマンや主婦みたいな人たちをボーッと見てた

そしたら、その間をチラッと走ったもんがあって、ギョッとして眠気が少し吹っ飛んでパッと目をやったら、ヒザ下くらいの背丈のオッサンみたいのが、タタタッと人の間を走り抜けたの、もう電車の中ね
えっと思って体も起こしてみたけど、すぐ横の人の足元に被って見えなくなって、そのまま消えちゃった
時刻が時刻でそんなに人も多くないし、見失うはずないから消えたとしか言えなかった
背中側からは日が差し込むくらい辺りも明るくて、すごいシュールな気分になった

姿は、一瞬目にしただけだからハッキリしないけど体が明るい色で、服を着てるのか裸なのかよくわからなかった
足先は目に入ってたはずだけど、頭の方に注意がいっちゃってたせいで靴を履いてたかどうかがわからない
黒髪で、今思い出すと進撃のザコ巨人みたいな感じがする
記憶が上書きされてるだけだと思うけど

その時はすんごい怖くなってそのまま飛び降りて会社に戻って、仮眠室はあるんだけど自分の机に突っ伏して寝た
会議室も人がいなくて嫌だったし
話だけだと怖くないと思う、ごめんね




 

【不思議な体験】電波が悪いのは別段不思議じゃないんだけど、相手の声がハウリングしたみたいに女の高い声がまじってて気持悪かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
862
名無しのオカルト 2016/04/20(水) 23:31:53.94 ID: ID:gllPnNPa0.net

先日の話

私は学校の同期と飲み会があり、お店の予約をする事になっていた。
京都の三条あたりで一度行ったことあったイタリアンを予約することに決め、さっそく電話してみた。
電話口で若い感じの男性が応対してくれて、日にち時間、人数とかコースをあらかた伝えて予約を完了した。
しきりにノイズとかで会話がつかえて、その度に「もしもし」と仕切り直してけっこうなじかんが掛かってたと思う。
だいたい10分くらい。
電波が悪かったりするのは別段不思議じゃないんだけど、相手の声がハウリングしたみたいに女の高い声みたいなのがまじってて、なんか気持悪かった。


ギャラリー
  • 【ほんのり】日記を読み直してみると、滞在期間中(40日)毎日書いていたはずなのに1日だけ書いてない日があって、何をしていたかも思い出せない
  • 【異世界名作】『ツの点が3つの世界』のような体験をした話をする【パラレル】
  • 【オカルト談義】「広島長崎は幽霊だらけのはずだよね?」 原爆に限らず太平洋戦争は無念な死に方した者が多かろうが……
  • 【信仰・風習】仏教の教誨師を務める住職も死刑囚に親身になってやることが多い。住職が来る日、多くの死刑囚は持てる限りの服で正装をして待つ
  • 【事件】オウム真理教の上祐史浩ってどういう立場なん? 本当は麻原を白い目で見ていたのか?
  • 【ほんのり】またその子供が立ってるのを見かけた。子供の足で追い抜かれる程の距離ではないところで
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク