オカルト速報:民俗学的カテゴリの記事

【都市伝説】アメリカに住むある夫婦の家には「消えたスマホ」を探しに来る人の来訪があとを絶たない

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
17
名無しさん@おーぷん2016/06/25(土)23:53:30 ID: ID:tMn

消えたスマホの幽霊が集まる家

現代人の必需品、スマートフォン(スマホ)。
そんなスマホをどこかで失くしてしまった…そんなの時に活用できるのが「ケータイ捜索機能」である。
スマホにはGPS機能を使った探索機能がついており、Googleマップなどと連携して失くしてしまったスマホが今どこにあるのか持ち主が把握できるようになっているのだ。
この機能にまつわる奇妙な都市伝説をご紹介しよう。

アメリカに住むある夫婦の家には「消えたスマホ」を探しに来る人の来訪があとを絶たないという。もちろん夫婦はその「消えたスマホ」についてまったく見に覚えはない。
異変は夫婦がその家に引っ越してきた直後から起こった。突然、1人の来訪者が彼らの家に訪ねてきたのだ。
「僕のIphoneを知りませんか?」
夫婦は彼が言う事がさっぱりわからなかった。
来訪者には自分たちは彼のiphoneを知らないということを丁寧に説明して、帰ってもらった。
しかし、異変はこれだけにはとどまらなかった。
それから1日に数人、多い日には10人もの来訪者が夫婦の家に「自分の消えたスマホを知らないか?」と言って訪ねてくるようになったのだ。
夫婦は来訪者たちに「自分たちはスマホを知らないし、同じような人たちが何人も家に来ている」ことを丁寧に話して帰ってもらっていた。
夫婦の家に訪れる人達の所有するスマホはバラバラで、IPhoneの人もいればアンドロイドを使っている人もいる。
キャリアなども別なので、特定のスマホ機種やキャリアのバグということは考えられない。
夫婦は通信キャリア、Google, Appleなどスマホに関係している全ての企業に相談をしたが、どの会社も「調査した結果、”なぜ消えたスマホ”があなたの家にある”と表示されるのかはわからない」と言われてしまったそうだ。
夫婦は来訪者に説明をして帰ってもらう、という日々を繰り返していた。

そんなある日、事件が起こった。
家の呼び鈴が鳴ると、また「消えたスマホ」を追いかけてきた来訪者かと夫婦は思った。
しかし、玄関先に出るとそこにいたのは予想外の来訪者、警察官だった。
「数日前に行方不明になった少女のGPS情報を探知したら、この家にいるということがわかった」と警察官は言い、夫婦は外に出されてしまいそこから家の家宅捜索が始まった。
数時間の捜索の末「警察は夫婦の家に少女のスマホも少女に関しての情報もまったくない」と判断して帰って行ったという。

この家には「消えたスマホの幽霊」が集まってきているのだろうか。真相は謎のままだ。




 

【都市伝説】ハイランダー症候群は簡単にいうと肉体だけ歳取らない病気(らしい)が、患者として写真が出回ってる女の子の写真は実は……

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
8
名無しさん@おーぷん2016/06/25(土)23:41:34 ID: ID:tMn

ネットならではの怖い話もあるけどな




 

【民俗学】大籠地区は日本有数の隠れキリシタンの里である 。この地が、島原・天草に代表される他の隠れキリシタンの里と違うのはその処刑場跡の多いことである

このエントリーをはてなブックマークに追加
top02
270本当にあった怖い名無し : 2012/06/28(木) 22:51:52.41 ID: ID:oU9e8f7l0
岩手・宮城にまたがる大籠地区は日本有数の隠れキリシタンの里である 


大籠地区には、かつて砂鉄を原料としたタタラ製鉄で炯屋(どうや)が数多くあった 
永禄元年(1558年)、技術者として千松兄弟を吉備の国から呼び寄せたが、実はこの千松兄弟がキリシタンであったのだという 
これ以後、さらに炯屋が増えるとともに、人々の間に着々とキリスト教が広まっていった 

しかしその後、徳川幕府がキリスト教の禁教を命じた結果、この地で実に300余人が殉教したという 
当時日本屈指の大大名であった伊達藩領内だからなのか、その弾圧は徹底的であり、また凄惨なものであった 

【オカルト】天狐、空狐、気狐、野狐……新興宗教の教祖やってる人は九割以上が野狐が憑依しているそう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

top02
264
本当にあった怖い名無し2012/06/26(火) 10:43:13.21 ID: ID:uPDTAGmL0

1.天狐・・・天狗(あまつきつね)と同体であると考えられていた。
阿波大杉,飯綱権現,秋葉大権現,道了尊などは身体が不動尊,顔が烏天狗,背中に翼をつけ,火炎を背にして狐の背の上に立つイメージで描かれている。
密教の荼吉尼天信仰,神仏混淆の修験道から生じた天狗信仰であり,稲荷信仰との習合が生じている。

2.空狐・・・巫女や修験者などシャーマニックな能力を持つ人に使われて千里の外まで一瞬に飛んできて役を務める。
地上から25メートルくらいの高さを往来している霊狐。気狐の倍以上の霊能力を持つ。シャーマンの使役霊にはなりにくく,独立した意志をもって動いている。

3.気狐・・・このランク以上の霊狐は一般人の目には見えない。空狐よりも霊能力が制限される修行中の狐。

4.野狐・・・人に憑いたり,騙したり,讐をなしたりする狐で最低ランク。人間を利用して食物や供物を要求する。人
間の邪気,邪念もエネルギー源にしており,一時的には人間によい思いもさせてくれるが,すぐに寝返ったり,裏切ったりして禍をもたらす。
修験者,巫女によって意のままに使役される狐である。管狐,おさき狐などもその部類にはいる。




 

【妖怪】大浴場に入ったら、先客におっさんがいた このおっさん、かなりのスピードで湯船の中でくるくる回ってたんだよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

top02
171
本当にあった怖い名無し2012/05/29(火) 22:54:33.54 ID: ID:S+7bMhkK0

大阪市内の某ホテルで先週体験した話
そのホテルの大浴場に入ったら、先客(おっさん)がいた
このおっさん、かなりのスピードで湯船の中でくるくる回ってたんだよ
でんぐり返しみたくじゃなくて、丸太のように、芝生で転げまわるみたいに
これってさ、後から思ったんだけど結構難しいと思わない?
勢いもつけずにクルクルクルクル
その時は何も思わなかったんだけど
それからそのおっさんシャワーを浴びだした
そして目が合ったんだけど、黒目しかないの白目ないの
んで、金玉が大人の頭の1/3位の大きさなの
玉は病気かもしれないけどね
それでおっさん、シャワーを口に当ててるんだよ20分くらい
誰もこの話信じてくれないんだけど、友人3人と見てるんだよ

それだけなんだけど、すごい不思議なおっさんの話
自分の中ではタヌキかなんかが化けてるんじゃないかって思ってる




 
ギャラリー
  • 【都市伝説】『人を喰った話』彼女は「見てて」と言って、紙とボールペンを取り出して「ぎょーざ」と字を書きました。そして口に放りこんで……
  • 【ほんのり】関東大震災から逃げて来た人の話。当時はまだ今で言うオカルトみたいな迷信とかも信じられていた
  • 【オカルト】「通りすがりの変質者の霊にからかわれた!」と怒り心頭でいたら……
  • 【不思議な体験】大学生のとき祖父が他界した。最後、意識は無いが苦しみながらずっといろいろ独り言(うわごと?)を言ってたらしい。
  • 【オカルト】「おばあちゃん、つれてくからね」  自分は必死に足を動かそうともがき同時に、連れてっちゃ駄目!と心の中で叫んだ。
  • 【オカルト】笹子トンネルの天井の裏に妖怪がみえた。頭は大きくて、色みは黄色と茶色と緑、みたいな。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク