オカルト速報:民俗学的カテゴリの記事

【信仰・風習】ある部族は女性が農耕に従事し男性は家で家事・育児。それだけなら理解できなくもないが、不思議なのは出産だ

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
655
本当にあった怖い名無し2014/01/13(月) 08:32:47.82 ID: ID:kZD2Lutt0

流れ読まずに投下御容赦

30年ほど前、民俗学専門の外国人の大学教授から
男女の役割が通常と逆の部族の話を聞いた
その部族は女性が農耕に従事し、男性は家で家事・育児
それだけなら理解できなくもないが、不思議なのは出産だ
妻が臨月になって出産の日を迎えると、家にいる夫が突然陣痛で苦しみ出す
すると村人が畑で働く妻に知らせに行き、妻は家に戻って
鉄棒のようなものにつかまって立ったまま赤ん坊を生み落し
赤ん坊を夫に預けてそのまま畑に戻っていくという

大学教授は、その部族の現地調査に行ったと語っていた
自分としては半信半疑だったが、疑うのも失礼かとためらううちに
大学教授が帰国して真偽を確かめられなくなってしまった
ネットで検索してみたが、自分が聞いた通りの話が見つからない
どの国の話であるか忘れてしまったが
御存じの方がおられたら、部族名や詳細などをお教えいただけると有難い




 

【信仰・風習】戦国時代、日本の宗教観はどのようになっていったのか? キリシタン思想の流行の背景

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
628
本当にあった怖い名無し2013/12/10(火) 13:16:52.71 ID: ID:/9/+L2JZ0

戦国時代は毎月のように戦があって農民が駆り出されていたし
農民レベルでも死人が出る水争い、植物の奪い合いが多発してたから毎日が命がけ
だから神、仏、怪しげな民間宗教が混然一体になって
すがれるものには何にでもすがるという風潮だったんだよね




 

【信仰・風習】初めて婚家の身内の葬式たるものを経験したんだが四十九日にの儀式がすごい。ケガレをよっぽど嫌ってた人が住んでた地域なんだな……

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
622
本当にあった怖い名無し2013/12/06(金) 22:06:31.60 ID: ID:KkcnZPbyP

このド田舎に嫁いで10年。初めて婚家の身内の葬式たるものを経験したんだが
49日になった時の儀式がすごい。
早朝、海まで行って海水を汲み、玄関を外から正面に見た左から、ぐるっと
回りながら海水を敷地内にぶち撒く。
水、米、塩を茹でた汁を、玄関からすべての部屋(トイレも押入れも全部)の
四隅に竹で撒く。

竹は再生の象徴であり、塩は清めと禊。海水はまさに、古来からの禊。
米も清めと再生のために使う。

ここの地域、死のケガレをよっぽど嫌ってた人が住んでた地域なんだなー・・・と
実感。
うちの実家(他県)なんて、何もしないもの。




 

【信仰・風習】うちの町では根っからの町民の男子は小さい頃に神の子として神社に一晩預けられる。女子にも何かしら風習があるらしいけど、女の友達は口が固くて聞いたことはない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
605
本当にあった怖い名無し2013/11/21(木) 18:16:02.69 ID: ID:QfrjuipN0

別に怖い話ではないかもしれんけど、うちの町では根っからの町民の男子は小さい頃に神の子として神社に一晩預けられるみたいなことを友人から聞いた。女子にも何かしら風習があるらしいけど、女の友達は口が固くて聞いたことはない。
私は根っからの町民じゃないから、まあ関係ないんだけど。神の子の数も年々減ってるらしいし。
一晩神社に預けられる日にちとか、数とか、中でやることについては男子も口が固いなあ。
その友人が今年根っからの町の女の子と結婚したから、記念に書いとくわ。




 

【信仰・風習】安珍清姫の話は仏教説話なだけあって仏教の概念の反映。日本では似たような話として本牟智和気と肥長比売の話が挙げられるが……

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi

576本当にあった怖い名無し : 2013/10/15(火) 21:35:22.12 ID: ID:+zoTdSiQ0

昔、ある僧が立ち寄った村での事。地元の娘に一目惚れされ思いを告げられたが無下に扱って村を去ったところ、 
娘が怨みのあまり大蛇に変わって僧を襲った。 
肝をつぶした僧は慌てて逃げた先の寺にかくまってもらい、寺主の機転で大きな鐘の中に入って身を潜めていると、 
大蛇は外から火を吹いて鐘の中で僧を焼き殺してしまった。大蛇は悲しみに暮れ川に沈んで行った。 

以来、その寺では新たにつくられた鐘にもその女の怨霊が祟ると言い伝えられ、今でも鐘がない寺として有名だとか。 
だいぶ古くからある伝説らしく、生きたまま焼かれ・・・って類の話は今も昔も恐怖心を煽るんだな。 
物騒な結論になって申し訳ない。



安珍・清姫伝説(Wikipedea)
   
ギャラリー
  • 【オカルト】階段を降りようとした時、背中を押された。振り返るとそいつがニヤニヤしながら立ってた。手は相変わらず窓を拭いていた。
  • 【オカルト】流行ってないネタやマイナーな雑学を知ったすぐ後に、それを身近な所で見たり聞いたりする。なんだろこれ…
  • 【ほんのり】いきなり凄い赤ちゃんの泣き声が聞こえた。赤ちゃん特有の絶叫に近い泣き声。
  • 【オカルト】タルパを初めて知った時に興味持ったんだけど、攻撃的な人格になっちゃうこともあってそうすると大変危険なんだって
  • 【オカルト】佐賀の岸岳で友人と同じ場所で同じモノを見た。せーのでお互い何を見たか試したんだ
  • 【オカルト】新しい神職の代になってから集落の氏子衆と仲が悪くなった。神職は生活のため商売を始め、ときどき都会から柄の悪い連中がやってきていた
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク