オカルト速報:民俗学的カテゴリの記事

【信仰・風習】遺体の足の骨を折って桶に入れて土葬する理由。世界中どこでも死者に対する恐れと風習ってのはあるな

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
563
本当にあった怖い名無し2013/10/13(日) 01:23:35.94 ID: ID:gIOPuWvv0

祖父方の集落に戦後には火葬が一般的になってなくなった風習で葬式の時に
遺体の足の骨を折って桶に入れて土葬するというのがあったそうだ
そうしないと墓から出てきてよくないからというのが理由だという
誰にでもやるわけでなく背が高い男が死ぬと話し合いが行われそうしていた
背の高いひい爺さんが死んだ時に足が折られたそうだ




 

【信仰・風習】地元沖縄の名刀妖刀伝説って、怖いけど微妙。北谷菜切って伝説なんだけど、名前の通り包丁なんだ…

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
549
本当にあった怖い名無し2013/10/06(日) 22:55:50.44 ID: ID:KLOBlZXEO

>>491
カッコイイ伝説うらやましい。
地元沖縄の名刀妖刀伝説って、怖いけど微妙なんだ。
北谷菜切って伝説なんだけど、名前の通り包丁なんだ…
北谷の主婦が料理してるときに包丁ふったら、離れた所にいた赤ん坊の首が落ちたんだって。
当然母親が疑われて捕まったけど、母親の無実の訴えたから、
一応証言の確認をするために離れた所の山羊にむかって包丁ふったら山羊の首がスッパリ落ちたんだって。
むしろどうして今までその包丁普通に使えたのかってツッコミたくなるよね。




 

【信仰・風習】「畜生塚」って知ってるか。オレの父の実家のあるK村にそれがあって、代々その塚と山を管理していたんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
538
本当にあった怖い名無し2013/10/05(土) 17:02:26.99 ID: ID:/ZNyL+di0

オマエら秀吉がそんなに好きなら「畜生塚」って知ってるか。
秀吉の甥、秀次の官位をもじって「殺生塚」とも言うな。
でもオレがこれから話すのは言葉通りの「蓄生塚」だ。
山を生活の場にしている者の中には今でも地方の名も知れない小さな山の中にひっそりと立っているのを目にしたことがあるかもしれないな。
そんな時はちょっと立ち止まってさ手を合わせておけばいいくらいのものさ。
でも中には、とんでもなく厄介なものもあってさ、扱い方を間違えるとひどい目にあう。

オレの父の実家のあるK村にそれがあってさ、実家は代々その塚と山を管理していたんだ。
その家を仮にT家と呼ぶな。
T家は昔からその辺一帯の地主をしていて戦後の土地改正で随分変わったといっても今でも田や山をかなり持っているんだ。
T家がなぜそこまでの身代を持つに到ったか、これに関しては虚実取り混ぜてかなり面白い話もあるんだが、これから話すこととゴッチャになるからここでは割愛な。
ただ一つこんな話しがある。
昔この村に化け物が住み着くようになり村の人間を攫っては食うようになった。
困った村人たちが山の神に助けを求めた。
そしてある夜山の神が村人たちの前に現れて1人の童子と4匹の犬を託した。
その童子と犬を使って化け物を倒せと。
結果童子は化け物に食われ、4匹の犬全てが殺されたがなんとか化け物を倒すことができた。
村人たちは化け物の腹を割き中から童子を取り出すとその躯を4つに分け4匹の犬の遺骸
と共に村の4箇所に埋めた。
今T家はその埋めた場所の一つの上に建っているんだと。
他にあと三家がやはりそれを埋めた場所の上に建っている。
それらを合わせてK村四家と呼ぶんだそうな。
但し判っているのはT家とS家、M 家のみで残る一家は建っている場所も名前も伝わっていないそうだ。
一説にそれは万が一の時の最後の砦で絶対に名前を知られてはいけないいんだとか。




 

【信仰・風習】神に祈ると神託があり毎年幼女の生贄を差し出せというが、通りすがりの侍が、神が人の命を犠牲にするはずがない、と憤った

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
519
本当にあった怖い名無し2013/10/01(火) 14:25:53.03 ID: ID:/YXrRC8C0

大阪にも色んな伝承があります。

かつて大きな川沿いにあった村は毎年水害に悩まされており、「泣き村」と呼ばれていた。
そこで神に祈ると神託があり毎年幼女の生贄を差し出せという。
その通りに毎年生贄を出して8年目のある日、その村を一人の侍が通りかかる。
侍は村の異様さに気づき事情を聞くと、神が人の命を犠牲にするはずがない、と憤り村人に生贄を運ぶ場所まで案内してもらう。

翌朝、村人がその場所に行ってみると血溜まりが出来ており、侍の姿はどこにもなかったという。
しかし、血がポタポタと森の奥へと続いており、その跡を辿っていくと大きな狒々が絶命していた。

これは神社のお祭りにもなっており、7人の幼女が町を練り歩き最後は神社に辿り着く。
形だけではあるが、伝説を再現した祭りらしいです。

またこの伝説と関連があるかは分かりませんが、少し離れた場所に庚申堂があります。




 

【信仰・風習】沖縄県の人を死にいざなう白い妖怪知りませんか / 虚空太鼓

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
706
本当にあった怖い名無し2014/03/18(火) 21:58:52.80 ID: ID:3bcWJbyF0

沖縄県のどこかの島で
人を死にいざなう白い妖怪?の伝説を御存知の方おられませんか

数10年前のことですが
知人男性が沖縄で単身トレッキング中に崖から転落して亡くなってしまいました
彼が山道を登って行くところを偶然遠くから目撃した地元の老人がいて
「すぐ後ろを×××がついていっていたので、あの人は助からないと思った」と語ったそうです
×××というのは地元に伝わる妖怪の名前で、白装束に白いざんばら髪でかなり大柄だとか
その妖怪に後をつけられた人は死んでしまうという言い伝えがあるそうです

自分は葬儀の席でそのことを関係者の一人から聞き、不謹慎ながら興味を感じたのですが
御遺族が「霧か靄が人の形に見えただけだ、バカなことを言うな」と激怒なさったそうで
深くたずねるのは憚られ、一度聞いたきりの妖怪の名を忘れてしまいました

ググっても出ないので、お心当たりの方がいらしたらお教えください




 
ギャラリー
  • 【オカルト】階段を降りようとした時、背中を押された。振り返るとそいつがニヤニヤしながら立ってた。手は相変わらず窓を拭いていた。
  • 【オカルト】流行ってないネタやマイナーな雑学を知ったすぐ後に、それを身近な所で見たり聞いたりする。なんだろこれ…
  • 【ほんのり】いきなり凄い赤ちゃんの泣き声が聞こえた。赤ちゃん特有の絶叫に近い泣き声。
  • 【オカルト】タルパを初めて知った時に興味持ったんだけど、攻撃的な人格になっちゃうこともあってそうすると大変危険なんだって
  • 【オカルト】佐賀の岸岳で友人と同じ場所で同じモノを見た。せーのでお互い何を見たか試したんだ
  • 【オカルト】新しい神職の代になってから集落の氏子衆と仲が悪くなった。神職は生活のため商売を始め、ときどき都会から柄の悪い連中がやってきていた
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク