オカルト速報:民俗学的カテゴリの記事

【オカルト】日本人は死んだらみんな恐山に行くんだ、と言われた。「法律で決まっている日本国籍というのではなくて、心根が日本人ならば行けると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加
midashi

977名無しのオカルト 2016/05/06(金) 22:31:40.22 ID: ID:X7IZ1lFM0.net

埋めがてら。
俺は結婚できないと悪霊になるという話。
長文なのでウザい方はスルーで。

大学時代、日本人は死んだらみんな恐山に行くんだ、とお爺さん教授に言われた。
教授はそういうのを専門にやってる人ではない。ゼミの飲み会での話だから、世間話とし
て喋ったんだと思う。
その日は俺の興味がない話題で他の生徒同士盛り上がっており、教授もぽつぽつとしか話
題に乗らなかったので、暇そうな頃合いを見計らって前述の恐山に~の話を掘り下げて聞
いた。
「日本国籍を持っていれば恐山に行くんですかね?」
と聞くと
「法律で決まっている日本国籍、というのではなくて、心根が日本人ならば行けると思う」
という。
俺は関西で生まれ、海外で育ち、成人してからは関東に居る。青森に縁はないのだがそれ
でも行くのか?と聞いた気がする。
心根は日本人だと自分では思っているので。
すると、教授から
「生きているうちは恐山は青森県にあると思うことしかできないが、死ねば違う。土地と
の縁よりも、日本を治める仏様や神様との縁が重要」
との答えをもらった。
その時俺はなんとなく、
あの世の力が恐山から漏れているだけで、死ねばその力の大元に引かれるのだから、恐山
というこの世の座標は意味を持たない。
とかいう話かなあ?と納得した。
その後はオカルトめいた話をする訳でもなく、教授と深い付き合いをする訳でもなく大学
を卒業し、この話を忘れかけていた。




 

【オカルトと科学】「タコは宇宙から飛んできた生物」複数の研究者がガチ提唱!

このエントリーをはてなブックマークに追加

1名無しのオカルト 2018/05/15(火) 17:58:54.05 ID: ID:eNgWUC0q0●.net




 我々日本人は日頃からタコを食すことから、あまり気にならないかもしれないが、よくよくタコを見てみると、その姿は異様と
しか言いようがない。火星人がタコ型にイメージされたり、クトゥルフ神話に登場する異形の神がタコをモチーフに描かれていた
り、特に欧米でタコが地球外的生命体、あるいは超自然的存在としてイメージされることが多いのも頷ける。

 以前トカナでもお伝えしたように、2015年8月に学術誌「ネイチャー」上で発表された研究では、タコの遺伝情報が極めて複雑だ
ということが分かり、研究者は「(タコは)まるでエイリアンのようだ」と、驚嘆の声をあげていた。生物学的に見てもタコほど
奇妙な生物は存在しないのだ。そして今回、英紙「Daily Mail」(5月14日付)によると、全世界33人の研究者らによる共同研究に
より、やはりタコの祖先は地球外から飛来した可能性が高いことが明らかになったという。

 学術誌「Progress in Biophysics and Molecular Biology」に発表された同論文で、研究者らは、まずパンスペルミア説の是非を
再検討し、「銀河系内の居住可能な惑星の全体が、1つの生物圏を形成している」という仮説から、ウイルスの重要性を指摘。とい
うのも、ウイルスには生命体を構成している遺伝情報を変える能力があるからだという。

また、タコと太古の貝の一種の遺伝情報を比べたところ、ある時突然、タコの進化が急激に早まったことが分かったそうだが、
これも、地球に降り注いだエイリアン・ウイルスがタコの遺伝情報を複雑化したことが原因ではないかという。
http://tocana.jp/2018/05/post_16897_entry.html




【都市伝説】昭和の都市伝説っていま考えたら「そんなわけあるかいw」なんだけど、当時は情報が圧倒的に不足してたから半信半疑の薄気味悪さがあった

このエントリーをはてなブックマークに追加
midashi

704名無しのオカルト 2018/02/02(金) 09:41:22.06 ID: ID:ulJrwmhp0.net

以前 仕事でお年寄りから聞いた話。昔、味の素を造る工場に見学に行ったのだが、そこには大きな釜があり、そこに入れた物を溶かして下の口から出て来るらしいのだが、釜に入れている物が、人間の髪の毛だったとの事。




 

【オカルトと科学】地元民がグーグルアースで見つけた全長450メートルの巨大地形 専門家「99%卑弥呼の墓だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

1名無しのオカルト 2018/05/15(火) 16:02:13.90 ID: ID:WAxS1GQv0.net




福岡県赤村で確認!“新・卑弥呼の墓”は本物か?

福岡県赤村で見つかった前方後円墳型地形は全長450mと巨大




福岡県田川郡赤村に巨大な前方後円墳らしき地形が見つかり、卑弥呼の墓ではないかと注目を浴びている。

卑弥呼が女王として君臨した邪馬台国はどこにあったのか?江戸時代から大論争が続いてきたが、今もって謎のまま。
今回確認されたものが本当に卑弥呼の墓なら、日本の古代史を塗り替える大ニュースとなる。
さっそく、その正体を求めて現地で第一発見者を直撃した。

* * *

きっかけは衛星写真だった。
第一発見者の福岡県田川郡に住む男性A氏(60歳)が語る。

「今から6年前、グーグルアースで地元の衛星写真を見ていたら、赤村に巨大な前方後円墳のようなものが見えたのです。
九州には全長200mを超えるような大きな古墳はない。
しかし、この古墳のようなものの全長は約450mと巨大な上、円墳にあたる部分の直径が『魏志倭人伝』に卑弥呼の墓と書かれている大きさの約150mと一致したのです」

このA氏は、地元の歴史愛好家が集まる「豊の国古代史研究会」のメンバー。
地元に隠れた古墳はないかと、日頃から探していた。

「邪馬台国は九州にあったとの説も根強く残っています。
『もしかしたらこれは卑弥呼の墓ではないか?』とも考えましたが裏づけるものが何もない。

ところがその後、『日本書紀』などの歴史書の解釈と長年にわたるフィールドワークから、ここが卑弥呼の墓に間違いないと言ってくれる先生に出会いました。
最初は半信半疑でしたが、今では私もここが卑弥呼の墓ではないかと思うようになっています」(A氏)

それにしても全長450mとは巨大。
本当に古墳なら大阪府にある国内最大の大仙陵(だいせんりょう)古墳(仁徳[にんとく]天皇陵)の525mに次ぐ規模だ。
しかも、赤村は福岡市から東に40kmほど離れた場所にある人口3000人ほどの村で、今まで注目されたこともない。
そこに本当に卑弥呼の墓があるのだろうか……。

★専門家が「99%卑弥呼の墓」と語る根拠とは?
記事の全文は『週刊プレイボーイ』22号(5月14日発売)にてお読みいただけます!

http://wpb.shueisha.co.jp/2018/05/15/104614/




 

【オカルト談義】英語の問題を出したら急にコックリさんが答えられなくなった 日本の妖怪だからな

このエントリーをはてなブックマークに追加
midashi

39名無しのオカルト 2018/05/06(日) 16:49:10.66 ID: ID:N25z1A5+0.net

昔小学生に実験させて、英語の問題出したら 
急にコックリさんが答えられなくなったってのを 
テレビで見たことがある




ギャラリー
  • 【オカルト】ふと前見ると社の外に若い女の膝から下が見える。汚いサンダル履きだった。
  • 【ほんのり】結婚式場って何かと人の感情渦巻いてるし、一応霊場でもあるから色々と出るらしい
  • 【不思議な体験】田ンボで不定形(くねくね等)の現象を見たという投稿があるよな。今まで、「ふわふわ」したヤツを見たことのある人いるかな?
  • 【洒落怖名作】この辺りで野生の猿は別に珍しいモノではないのだが、俺はこの時、何故かぞくりと戦慄を感じていた  『猿のようなもの』
  • 【オカルト】止まってくれた車は当時でも古いと思うような赤いシビックで、乗っていたのは二十歳そこそこの生真面目そうなカップルでした。
  • 【オカルト】一体誰が来たんだ? 2階の俺の部屋から玄関をそっと見ると、白っぽい服を着た40歳位のおばさん
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク