オカルト速報:民俗学的カテゴリの記事

【信仰・風習】隣県の親族が亡くなったときの事、その土地では、飼い猫は死亡当日から数日間隔離される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
698
本当にあった怖い名無し2014/03/14(金) 15:23:06.66 ID: ID:R5VZGZmG0

隣県の親族が亡くなったときの事、その土地では、
・「喪主は火葬場に行かない」決まりに成っているのだそうで、
  続柄が近かったので、炉の点火を頼まれた事が有った。
私の住まいする土地では、
・先ず火葬して、お骨で葬式を行う。
・棺や、お骨に近づくと障りが有ると云われているので、
  飼い猫は死亡当日から数日間隔離される。




 

【信仰・風習】実際の当事者を見た人はあまり居ないようなので、こういう事もあったんだという事をどこかにこそっと書き残しておく

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
694
本当にあった怖い名無し2014/03/09(日) 23:24:20.30 ID: ID:YKAUJ3l80

九州産まれ九州育ち、結婚後都内に家を構え、晩年東海地方避暑地に集落に隠居したうちの祖父母、特にじいちゃんは
差別的意味はなしに「ここの部落はイイ人ばかりだ」「部落の集会」とか、
集落を部落と普通に言ってた。だから被差別部落という言葉と歴史を知った時、色んなことが頭を巡りすっごくびっくりした。
集落つっても東京から交通の便の良い観光地なんだけどね。
うちの祖父母みたいに隠居しに他県からやってきたご高齢者夫婦もいたわ。

話は変わって、
うちの親族、力持ちの若い男が多くてさ、じい様のお葬式の時に
ご近所さんはご高齢ばかりだし、じい様たっての願いもある為、
じい様の棺は身内で運ぶから、ご挨拶とお見送りだけでお願い致しますと、
ご近所さんからのお手伝い申し出を失礼ながらお断りしたんだ。
ご近所さん達は納得してくれたようだったけど、親族が棺を運ぶことにとても抵抗があったようで、プチ揉めした。

前置き長くなっちゃったけど、親族が棺を運ぶのってタブーとされる土地ってあるのかな?
うちのじいちゃんは密教をかじった程度の人で信心深く無い。ばあちゃんはライトクリスチャン。
集落の人達の信仰は不明。土地神様といった土着の信仰心話は聞いたことが無い土地です。




 

【信仰・風習】大伯父のお葬式が不思議でたまらない。 いたこのような女性が9人来て、手にした鈴を鳴らしながら歌を歌っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
676
本当にあった怖い名無し2014/02/04(火) 21:52:37.58 ID: ID:PfcqDs9QO

土着かは分からないけれど、3つか4つの時に亡くなった大伯父のお葬式が不思議でたまらない。
うちは先祖代々同じ場所に住んでおり、今は建て替えて家族みんなで住んでいるところに昔は150年は建つ「母屋」と呼んでいる家があった。
そこの壁一面に藁を敷き詰め、黒白の布(お葬式の時に掛かるもの)を掛けた。そしていたこのような女性が9人来て、手にした鈴を鳴らしながら歌を歌っていた。
そして門前の茅の輪をくぐりみんな出入りし、ぞうりを海に流す時、白木でできた子供が両手で抱えるくらいのリアルな船に供物と共に乗せて流した。
まだ写真が残っているので夢ではないが、あの女性たちは誰だったのか不思議でならない
大伯父は別に宗教をしていた訳ではなく、先祖代々の墓は曹洞宗の寺院にある。
最近になり、母にその時のことを尋ねたら
「昔からの家の長男の葬式だから、皆が昔ながらのしきたりでやってくれたのよ」
と言っていた
静岡在住だけど、他にこんなお葬式したことあるよ、という人いますか?
ちなみに家は大伯父ではなく末っ子の祖父が当主でした(理由は大伯父の心神喪失によるとか。原因は色々聞いてます)
そんな祖父のお葬式は普通にお寺で、参列客が半端ない数でしたが普通にやりました




 

【信仰・風習】ある部族は女性が農耕に従事し男性は家で家事・育児。それだけなら理解できなくもないが、不思議なのは出産だ

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
655
本当にあった怖い名無し2014/01/13(月) 08:32:47.82 ID: ID:kZD2Lutt0

流れ読まずに投下御容赦

30年ほど前、民俗学専門の外国人の大学教授から
男女の役割が通常と逆の部族の話を聞いた
その部族は女性が農耕に従事し、男性は家で家事・育児
それだけなら理解できなくもないが、不思議なのは出産だ
妻が臨月になって出産の日を迎えると、家にいる夫が突然陣痛で苦しみ出す
すると村人が畑で働く妻に知らせに行き、妻は家に戻って
鉄棒のようなものにつかまって立ったまま赤ん坊を生み落し
赤ん坊を夫に預けてそのまま畑に戻っていくという

大学教授は、その部族の現地調査に行ったと語っていた
自分としては半信半疑だったが、疑うのも失礼かとためらううちに
大学教授が帰国して真偽を確かめられなくなってしまった
ネットで検索してみたが、自分が聞いた通りの話が見つからない
どの国の話であるか忘れてしまったが
御存じの方がおられたら、部族名や詳細などをお教えいただけると有難い




 

【信仰・風習】戦国時代、日本の宗教観はどのようになっていったのか? キリシタン思想の流行の背景

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
628
本当にあった怖い名無し2013/12/10(火) 13:16:52.71 ID: ID:/9/+L2JZ0

戦国時代は毎月のように戦があって農民が駆り出されていたし
農民レベルでも死人が出る水争い、植物の奪い合いが多発してたから毎日が命がけ
だから神、仏、怪しげな民間宗教が混然一体になって
すがれるものには何にでもすがるという風潮だったんだよね




 
ギャラリー
  • 【ほんのり】そのときなぜか「アメジストを外さないと!」と思って、アメジストを着けていた方の腕を思い切り振った。
  • 【オカルト】すれ違った女を不審に思い振り向くと、ガクンと折れ曲がり追いかけてくる うろ覚えの怖い話を探す『診療所でのバイト』『梯子』
  • 【オカルト】うちのばあちゃんが広島出身で、戦争を体験してて原爆で兄弟や親を亡くしてるんだが、そのなくした後くらいから霊感めいたものが付いたらしい
  • 【オカルト談義】ティラノサウルスの霊はずっと出てたんだけどみんなティラノサウルス=ジュラシックパークみたいなかっこいいものと思い込んでたので気付いてなかった
  • 【洒落怖】『本音と建て前』 取引先メーカー内で、俺の存在が日に日に煙たくなっているらしい
  • 【ほんのり】1年5組の廊下側一番前の机の上に、人が座っていたと。 その席は、私の席だった。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク