オカルト速報:人形にまつわる怖い話カテゴリの記事

従姉の人形

このエントリーをはてなブックマークに追加
207: もしもし、わたし名無しよ 2011/12/21(水) 00:19:28.85

あたしゃね、子供の頃人形がとても怖かったんですよ。そりゃもう、同じ屋根の下にいることが耐えられないほど。
何が怖いって、人の形をしているけど生きてないじゃないですか?つまり死体と同じなんですよ。
だけど、よく女の子って普通に人形持ってるじゃないですか。親戚にもアタシよりちょっと年上の従姉がいてね、
やっぱり持ってるんですよアレを。だからその親戚の家に遊びに行くのが怖くてね~
できれば行きたくなかったんだけど、お盆になると墓参りを兼ねて家族でそこの家に泊まりがけで行くんですよ。毎年。

あれは小学校2年生の夏だったかなぁ・・・やっぱり行ったんですよ、その家に。仕方ないですよねそういう事情なんだから。
そしたら例の従姉のkちゃんが嬉しそうに見せるんです。新しいアレを買ってもらったと。
うわぁぁやめろよkちゃん、そんなもの持ってくるなよ~と思ったんだけど、露骨に怖がるのもなんだからかっこ悪くて
ぐっとこらえて見たんです。その人形を。

よくある50センチくらいの金髪の人形でした。寝かせるとミ~とか鳴いて青い目が閉じるやつ。
「ああ、可愛いね~」と心にもないこと言ってなんとかその場は切り抜けたんですけどね。
その夜の事。


曾祖母のかわいがっていた市松人形

このエントリーをはてなブックマークに追加
254: もしもし、わたし名無しよ 2007/09/26(水) 22:04:01

週末、ここの住人向けの良い話を入荷してきた。思う様萌えてくれい!!
飛行機使わないと会いにいけない曾祖母(白寿)に会ってきた。何となく話の流れで
最近市松さんを集めているんだ~、とカミングアウトした所、話してくれた。


貴い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
276: コピペ1/2 2009/04/10(金) 05:09:19 ID:IpZaG26x0

580 :もしもし、わたし名無しよ:2008/03/06(木) 12:31:43
さて、今年のお雛祭りも無事終わったし、数年前に起こった祟り騒ぎでも投下してみる。

事の始まりは雛祭りも近いある夜の事。突然、近所に住む若い母親Aが訪ねてきた。彼女は開口一番
「お雛様貸してください」
何でも,義母にお雛様(と娘)の写メを送れと言われたらしい。冗談じゃない。でも、相手は玄関の中にいる。
「私」の雛人形を「他人」になんて貸し出せない。他をあたってくれとかなり冷たくあしらった。


祖母がもらってきたフランス人形

このエントリーをはてなブックマークに追加
10: 本当にあった怖い名無し 2009/01/28(水) 01:03:47 ID:AlwcSoS30

祖父母の親しい人が亡くなってその遺品をもらえることになった。
親族の人達はソファとかテレビとか持っていったらしいが、祖母は何故か
フランス人形とその着せ替え用の服とかリボンとかを持って帰ってきた。


ギャラリー
  • 【不思議な話】家に初めて来た時に80歳だったとしても最後に来た時には98歳だ。 そんな老人が一人で峠を越えてどこぞへ行くだろうか?
  • 【オカルト】どうせ電車が通り過ぎたらいなくなるんだろ……。通り過ぎたら確かに向こうにはいなかった。左の視界の端、俺の左隣にその足があった
  • 【都市伝説】東京とかいうガチで結界張られてる都市【陰謀論】
  • 【ほんのり二篇】高速で動く白い手  /  亡くなったおばあちゃんがちょこんと正座。両親を連れてきたがまだいる。
  • 【オカルト】朝早く座禅をしていると、砂利を踏み鳴らしながら誰か来て引き戸を開ける音がするが、しまる音がせずにおなじことが繰り返しということがあった。
  • 【オカルト】こないだ彼女と待ち合わせしてたらさ、時間になっても来ない。横断歩道の向かいで携帯耳に当てて喋ってるのが見えた
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク