オカルト速報:ほんのりと怖い話カテゴリの記事

【ほんのり二篇】ギャハハハ!!!って女の人の声が聞こえてきた / ピンポンダッシュ

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi


306名無しのオカルト 2018/07/23(月) 04:04:43.11 ID: ID:t1KFzInJ0.net

幼い頃からそれなりに霊感はある方だと思うけど、一番インパクトがあったやつ書きます。

実家がものすごい田舎なんだけど、その実家から歩いて三分くらいのところにまわりが畑に囲まれた大きな公園があった
大きな鉄塔?みたいなものが公園の真ん中に立ってるんだけど、
深夜の三時ころ、その塔の下でタバコ吸いつつぼーーっとしてたら公園の遊具のエリアのほうから
ギャハハハ!!!って女の人の声が聞こえてきた
遊具のエリアは遠すぎて目視できないんだけど、ものすごい大きな声だったもんでびっくりして心臓ばっくばく
深夜だし酔っぱらいでもいるのかな、と気にしないようにしてると三十秒くらいしてから
ギャハハハ!!!と、また聞こえてくる、ヒールのコツンコツンと音と共にすごいスピードで近づいてくる(これが三回くらいあった)
誰かと談笑してるにしては他の人の声は聞こえないし、なにより声の主の姿が見えないのが不気味だった
いよいよ怖くなってたばこを消して走って逃げた、普段は絶対しないけど、畑の中に飛び込んで無我夢中で自宅に向けて全力で走った
前日の日中、雨が降って土がぬかるんでいて、とてもヒールを履いている女の人には追い付けないだろうと安心してた
畑に逃げ込んですぐ一回だけギャハハハ!!!と笑い声が聞こえてきたが、無事家に帰れた
物凄い怖くてとても眠れず布団をかぶって日が上るのを待った
すると家に帰って一時間ほどしてから玄関でコツン、コツン、とヒールの音が聞こえてきた(外の玄関が広いのです)
もう恐ろしくて家のなかに入ってくるんじゃないかと思ってドキドキしつつ耳を済ましていると、玄関の前に歩いてくる音は聞こえたけど帰っていく音は聞こえてこない
なんとそのまま三時間ほど経過して夜が明け始めてしまった
すると、父が起きてきた音がしたので意を決して玄関を確認しにいった
すると誰もいない…けど、あれだけ回りは泥でぬかるんでいたのに、泥もついていないくっきりとした真新しいヒールの足跡がありました。玄関の前に来る分のみ。

もうかなり昔のことなんだけど、人間なのかそうじゃないのか全然分かんなくてめっちゃ怖かったです、、、




 

【ほんのり】「下の階の者なんですけど、お洗濯物がベランダに落ちて来てたんで」だから普通に返事して玄関に出た。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi


310名無しのオカルト 2018/07/23(月) 16:14:14.48 ID: ID:RwwtuGOb0.net

家族で引っ越して間もない高校生の頃、家族全員不在で1人寝てた。平日のまっ昼間。
何度かピンポン鳴ったんで起きて、インターホンで「はい」って出たら、女の人(おばちゃん的な)の声で「すいませーん、下の階の者なんですけど、お洗濯物がベランダに落ちて来てたんでー」って言われたのね。
だから普通に「ああー!すみません!」とかなんとか返事して玄関出たら誰もいないの。
うちは団地で、ワンフロア10室あるうちの「304」でほぼ真ん中。どっちかに立ち去ったなら見えるし、走り去ったなら足音がそこそこ響くと思う。
だからキョトンだったんだけど、あとからじわじわなんか怖くなって、戸締りを二度も三度も確認したのは覚えてる。
で、これだけをもし自分が第三者で聞いたのなら「酔ってたんじゃ?」もしくは「寝ぼけてたんじゃ?」っていうと思う。
ただ自分はアルコールだめなので酔ってたという選択肢はない(もとより未成年)し、仮にあれが寝ぼけだというならあんなにもハッキリ?と逆に怖くなる。
大学で心理学に進み、人の記憶ほど当てにならない明確で鮮明な記録というものをたくさん学んで、その怖さはより一層大きくなった。
結局いまだにあれがなんだったのかわからなくて、不満が残る。




 

【ほんのり】疲れていて怪現象にも何も疑問に思わなかったが、そう言われて初めてゾワっとした。 

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi


378名無しのオカルト 2018/07/26(木) 12:25:30.30 ID: ID:VvOe0kpi0.net

初手からsage忘れてた…。

そんなに怖くないかもだけど、個人的にゾクっとした話し。


オフィスビルの中にある居酒屋でバイトしてたときの話。そこのゴミ捨て場は駐車場とかに繋がってる地下の一画にあって、いつも締め作業の時にはゴミを台車に乗せてエレベーターで持って行ってたんだよね。

もう少しゴミ捨て場のことを詳しく話しておくと、ゴミ捨て場のエリアに入るには「開」ボタンを押さないと、自動のドアが開かないタイプ。
出る時は扉の前に立てばセンサーが反応して自動で開くんだけど、「閉」ボタンを押さないと扉は閉まってくれないちょっと面倒な仕様だった。
駅とかにある「だれでもトイレ」に近い仕様なんだけど、イメージ湧くかな…。
そんでもって、誰もいないと電気は消えてて、中に入ると点灯する仕様。暗い中に入って行くのはいつも少し薄気味悪かった。




 

【ほんのり】背後から突然、舌足らずで幼い声が聞こえた。 「さんかいいくよ」   どんっ と突き飛ばされた

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi


398名無しのオカルト 2018/07/27(金) 03:27:52.69 ID: ID:KK8p85GN0.net

長文投下ごめんね。
この季節になると思い出す、私の唯一不思議な体験。
幽霊とか怖いとかって感じでもないんだけどね……

もう十何年も前、長野県M本市から近い某ヶ原高原での話。

当時の叔母はハイキングや本格的な山登りが趣味の人で、
私はその日も近隣の山を登り、某ヶ原へと抜けるコースを付き合わされていた。

入山して歩くこと数時間
美しい景色や見たことのない鳥、私の天敵である山蛭・・・・・・
一々大騒ぎする私を連れて叔母は順調に山道を進んでいたが、
途中で山道をすれ違った夫婦から「この先は霧が酷い」と助言を受け、
私たちは近くの沢で休憩を兼ねて食事をとることにした。




 

【ほんのり】捨てるくらいならと未開封の三段ボックスを持って帰ったところ、 変な物音や照明の点滅だのが起きるようになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi


411名無しのオカルト 2018/07/28(土) 05:11:11.92 ID: ID:YYL0PeYM0.net

つい最近まで建設系で働いていたが、そこで仲が良かった同僚から聞いた話。

去年そいつが家財搬出処分でとある現場へいったところ婆さんが孤独死した家だった。
これが、いわゆるゴミ屋敷だったそうで、なんつーか玉石混交状態。
未使用の組み立て家具だの着物だのがゴミに埋もれてたそうだ。
基本処分なので、捨てるくらいならと未開封の三段ボックスを持って帰ったところ、
変な物音や照明の点滅だのが起きるようになった。
まぁそれくらいならとのんきに構えていた同僚だが、雑居ビルの内装撤去でEVを
使おうとしたところ、下行きのボタンを押したにもかかわらずEVは上へ上がったそうだ。




 
ギャラリー
  • 【ほんのり二篇】ギャハハハ!!!って女の人の声が聞こえてきた / ピンポンダッシュ
  • 【オカルト】ある日突然、市松人形が欲しくなった、もう欲しくて欲しくてたまらない
  • 【オカルト】この事を考えること自体が危険かもしれないんだが、その手のオカルトとか詳しい人だけ来てくれ【時の概念】
  • 【怖い話】たった一度しか使われていない電気椅子が11年ぶりに稼働 その怖い歴史
  • 【オカルト】『永遠に続く死の鎖』  奇妙なことに、精神疾患を遺伝的に持つ人間が稀に生まれてくる家柄がある
  • 【ほんのり】「下の階の者なんですけど、お洗濯物がベランダに落ちて来てたんで」だから普通に返事して玄関に出た。
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク