オカルト速報:ほんのりと怖い話カテゴリの記事

【ほんのり】引っ越す予定の部屋の壁が半分青い。不動産屋には「事故物件です」と言われた

このエントリーをはてなブックマークに追加

211名無しのオカルト 2019/02/19(火) 20:08:34.64 ID: ID:5TXvf+OK0.net

ほんのりも怖くないかも。

物件探してたら部屋の片側青くてお洒落で相場より安かったから申し込みしたら
「事故物件です」って電話かかってきてそれでも良いから借りたかったのに、結局高いマンションばかり見せられて不動産屋のよくある手口かぁ…事故物件も嘘かなって思ったけど、何故か部屋のクローゼットの中に洗濯機置き場があったり謎ではあった。




 

【ほんのり】その子はメンヘラだったが当時はそんな言葉もなく、どうにか助けなきゃと相談に乗っていたが……

このエントリーをはてなブックマークに追加

107名無しのオカルト 2019/02/11(月) 20:42:33.31 ID: ID:8/dxRVo20.net

突然思い出した話なんですけどいいですか。
何故今まで忘れてたのか分からないんですが、覚えてる間に書いておきたいので。


自分が10代後半か20歳くらいの頃。
バソコンのゲームとコミュニティを兼ねたサイトに登録してよくゲームをしてました。
その他にもチャット部屋とかアバターとかもあったと思います。
そこで中1の女の子と知り合ったんです。その子は母親が30歳くらいで若くて、家庭環境に問題がありそうなタイプでした。
なぜ仲良くなったか忘れましたが、Skypeという通話アプリを使って、よく話していました。その他にも数人くらいいました。
そのうち、その子は学校に行かなくなったようで、昼間も連絡してきたりするようになりました。
すると親にキーボードやマウスを隠されたりするようになったため、電話番号とメールアドレスを交換しました。
そのときは通話が出来なくなったことにとても怒ってました。
その後携帯から電話をかけてきて長電話するようになり、電話代が膨れ上がって携帯も取り上げられた!と今度は家の電話からかけてくるようになり、最終的には受話器のコードを持っていかれたらしく、(あとから聞いたんですが)電話が来なくなりました。




 

【ほんのり】女子寮に住んでたんだけど奥側のシャワーを使うと色んな方向から視線を感じる、とにかく嫌な感じ

このエントリーをはてなブックマークに追加

86名無しのオカルト 2019/02/11(月) 12:18:38.99 ID: ID:/U9E27nv0.net

2年ほど前に体験した話。
当時ある女子寮に住んでたんだけどそこの一階にシャワー室があった。
個室でシャワーだけで浴槽はない感じ。
二つあったんだけどそこの廊下から見て奥側のシャワーを使うと色んな方向から視線を感じるんだよ。
視線と気配っていうのかな、とにかく嫌な感じで他の人も嫌がって使いたがらなかった。
そこで仲の良かった子(多少霊感があるらしい)に聞くと関わったらまずいような黒いモヤモヤが見えると言ってた。




 

【ほんのり】部屋に案内された瞬間から悪寒、すぐに温泉に行き戻ってきてもまだ寒い。突然テレビがつく。何があるか怖いよ……

このエントリーをはてなブックマークに追加

143名無しのオカルト 2019/02/15(金) 06:21:52.27 ID: ID:4ztt/3Bd0.net

某宿にて現在進行中
明るくなってきたので書く

・部屋に案内された瞬間から悪寒(寒かっただけ?)
・すぐに温泉に行き戻ってきてもまだ寒い(暖房つけっぱなしだったのに)
・飯を食い終わり携帯を見てると突然テレビがつく(1回目)
・準備を終え寝ようと電気を消した瞬間にラップ音的なビシッ音が2~3回
・いつもは右側を向いて寝ることがほとんどなのに左向きじゃないと落ち着かない(気のせい?)
・何度か部屋全体が一瞬揺れるような感覚
・2時半に突然テレビがつく(2回目) さすがにヤバイと感じて電気をつけたまま就寝
・6時きっかりにテレビがつく(3回目)

だいたいこんな感じ
これから温泉に入ってくるけど、何があるか怖いよ




 

【ほんのり】その初老に見える人物は、旧日本軍の軍服を着て、軍刀を繭に突き立てた状態で凍りついていたんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

31名無しのオカルト 2019/02/08(金) 06:11:00.31 ID: ID:1GXNPrL+0.net

昭和300年台後半頃だな。俺が小学生の時分。
その頃は、こうまで暑い夏じゃなかった気がするが、今とは違ってエアコンもなかったから、
夏休み中に暑い日が続くと「氷穴に行こう」ってじいさまに願ってな。
これは1日がかりで、じいさまのその日の畑仕事をつぶしてしまうことになるんで、
なかなかうんとは言ってくれなかった。
だから行けたのは、ひと夏に一度あったかどうか。
翌朝は握り飯を持ち、水筒に水を入れて支度をし、早くに家を出るんだ。
当時の「早く」ってのは今とは違ってほんとうに早くて、夏場なら午前6時前だよ。
それから5時間ほどかけて、ふた山超えた山の奥まで分け入る。
そこまでは獣道程度だが一本道がついてて、迷う心配はなかった。
ゆっくり歩いて11時前には岩山の洞穴地帯に入る。

そこらは鍾乳穴と呼ばれる洞窟がたくさんあってな、ごく浅いのがほとんどだったが、
深いのも何本かはあった。むろんただの鍾乳穴でも中は涼しいんだが、
氷穴はそういうのとはまったく違ってたんだ。入り口はせまく、大人2人が並んで入れる程度で、
上に太い注連縄が渡してあった。ここは鍵などはついておらず、
まあ村の主だった者なら誰でも入ることはできた。むろん照明はないから懐中電灯が必要だ。
20mほど同じ幅の洞穴を進んでいくと、ぽっかりとホール状の場所に出る。
そうだな学校の教室4つ分ほどの広さで、百畳敷と呼ぶ人もいたな。
中は涼しいなんてもんじゃない。温度計を持って入ったことはないが、気温は零下だったろう。
それは普通じゃありえないさ。たいがいのところは洞内の気温は15度内外。
そこだけは特別なんだ。だから氷穴って呼ばれた。
なにせ、そこのホールの壁には厚い氷が張ってたからな。




 
ギャラリー
  • 【不思議な話】山の大きな生き物たち 『あれは山の神様で、御礼に俺を丈夫にしてくれた』
  • 【オカルト】オカルト板に最恐の心霊画像が貼られる……幽霊が見えるからやばいってわけちゃう、写真そのものの怨念
  • 【オカルト】オカルト板に最恐の心霊画像が貼られる……幽霊が見えるからやばいってわけちゃう、写真そのものの怨念
  • 【オカルト】オカルト板に最恐の心霊画像が貼られる……幽霊が見えるからやばいってわけちゃう、写真そのものの怨念
  • 【オカルト】オカルト板に最恐の心霊画像が貼られる……幽霊が見えるからやばいってわけちゃう、写真そのものの怨念
  • 【オカルト】オカルト板に最恐の心霊画像が貼られる……幽霊が見えるからやばいってわけちゃう、写真そのものの怨念
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク