オカルト速報:ほんのりと怖い話カテゴリの記事

【ほんのり】外灯が全くない田圃道を自転車で走ってた。墓地前を通り過ぎようとした時、声が聞こえて反射的に停止した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
210
名無しのオカルト 2017/10/31(火) 17:22:45.09 ID: ID:UPGITLdt0.net

今年の夏に体験した話。
深夜、コンビニから帰宅する道中、
外灯が全くない田圃道を自転車で走ってた。
この一直線の田圃道には半ばくらいに墓地があり、
墓地前を通り過ぎようとした時、声が聞こえて反射的に停止した。
なにやら性別も内容もわからない人の声が、墓地の中から聞こえる。
 
無性に気になった俺は、
道の前後を見て車がこないのを確認して自転車を停めた。
墓地には明かりがないので、音を立てないように転ばないように、
慎重に入って行き、声がする方へ覗き見た。
 
そこには猫がいた。
猫が1匹、墓の前で座っていた。
話し声は確かに猫の方から聞こえていた。
 




 

【ほんのり】児童公園への坂道を降っていると至近距離の背後から「キシシシシ」みたいな笑い声

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
189
名無しのオカルト 2017/10/28(土) 23:51:58.04 ID: ID:sKM5+1Nt0.net

昨夜1:30ごろ
うちの犬は老犬で粗相をすることがあるので深夜の散歩に連れて行った

いつものように我が家から児童公園への坂道を降っていると至近距離の背後から
鬼ごっこの途中でふざけて追いついてきた子供のような、息切れした「キシシシシ」みたいな笑い声
いきなり背後に生身の子供が降ってわいたようなはっきりとした声と存在感だった

「え、この時間に子供?」と振り返ると誰もいない
下りの坂道の途中で背後すぐのところから聞こえたので声の主は逃げ隠れできるはずがないのに

聞こえなかったことにして犬の散歩を続けたけど
老犬を連れていなければ年甲斐もなく走って逃げ出していたと思う




 

【ほんのり】お持ち帰りしたお化けさんが俺が寝ているすきに脳に入りこんでメッセージを寝言として言わせていた

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
161
名無しのオカルト 2017/10/26(木) 15:40:30.00 ID: ID:bOTeHqAk0.net

怪奇音がとりたくてレコーダーをスポット各所にしかける

一向に録音されない、されてるのは自然音やら昆虫の音やら

今度は自宅に仕掛ける、お持ち帰りしてたらなんらかのメッセージをくれるかも

とれたのは俺様のいびきと歯ぎしりと寝返りの音だけ
しかし、ある事に気づいてほんのりと恐怖

怪奇音はとれていた・・・俺様の寝言として←イマココ

つまり、お持ち帰りしたお化けさんが俺様が寝ているすきに脳に入りこんでメッセージを寝言として言わせていたと言う結果
なぁーるほど、こうすりゃ恐くないもんね。目の前に現れて恐がられるより効率がいいわけだ

そんで昨日、かんかんだらさんの話を読んで寝たのよ。 もちろんレコーダーは仕掛けた。
そしたらお決まりのごとく寝言は録音されていてすごい事を発言していた。

かんかんだらさんは会津の妖怪だったのねww 話を読んでる最中に巫女ってどこの巫女だよって疑問に思ったんだ
それに応えるがのごとく寝言はこうつぶやいていた。


「フフフ・・・・・伊佐巫女だよww」

おイサさんなのか当時、伊佐って地名のとこに住んでいた巫女か
ググッたら伊佐という漢字が使われている神社が会津に存在してたよ




【ほんのり】コンビニ行こうとしたら、玄関出た数メートル先におっさんが半分物陰に隠れるようにしてこっちを見て立ってた。夜中だぜ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
137
名無しのオカルト 2017/10/24(火) 02:40:47.52 ID: ID:Ke3t0rmp0.net

さっき小腹が空いたのでコンビニ行こうとしたら、
玄関出た数メートル先に、おっさんが半分物陰に隠れるようにして
こっちを見て立ってた。夜中だぜ。
コンビニ断念したけどこういうのもオカルト?
ちなみにおっさんは隔離的な施設にいるはずの近所の人。非健常者。




 

【ほんのり】幽霊を見たときはあんまり怖いと感じなかった。1年後の夏休みに同じやつが来た時には流石に背筋が凍った

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
125
名無しのオカルト 2017/10/23(月) 23:18:35.49 ID: ID:RGSPT2ZY0.net

当時はあんまり怖いと感じなかったけど今改めて思い返すとヤバイんじゃと思う話

中1の夏休み、7月の終わりぐらいだったかな
その日は部活が休みだったから一人で川釣りに出かけたんだ
いつもは歩いていくんだけど、その日は兄貴の自転車を借りていつもより川の上流の方に向かった
途中で自転車を止めて山道を進んで結構よさそうな場所を見つけた
今日はここで釣ろうと決めて仕掛けの準備をしていると、少し離れた所に女の人が立っているのに気づいた
白いシャツと黒いロングスカートで肩ぐらいまで髪を伸ばした高校生ぐらいの女の人
家の方は結構な田舎で、割と広い範囲が1つの中学の学区内になっていて
その地域内の子供は全員顔見知りぐらいの感じだったんだけど、その女の人には見覚えがなかった
ただ何となくその女の人に懐かしい感覚を覚えたんで、誰かの親戚かな程度に思ってそのまま釣りを始めた
だけど釣りを始めて直ぐにその女の人が俺の横まで来て、そのまま隣に腰かけてきた
山道なのに足音1つたてずに




 
ギャラリー
  • 【オカルト】シュメール文明はエイリアン(アヌンナキ)とコンタクトを取っていた
  • 【オカルト】シュメール文明はエイリアン(アヌンナキ)とコンタクトを取っていた
  • 【オカルト】シュメール文明はエイリアン(アヌンナキ)とコンタクトを取っていた
  • 【オカルト】シュメール文明はエイリアン(アヌンナキ)とコンタクトを取っていた
  • 【オカルト】シュメール文明はエイリアン(アヌンナキ)とコンタクトを取っていた
  • 【オカルト】シュメール文明はエイリアン(アヌンナキ)とコンタクトを取っていた
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク