オカルト速報:ほんのりと怖い話カテゴリの記事

【オカルト】住んではいけない場所

このエントリーをはてなブックマークに追加

22本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/02/06(月) 13:06:42.62 ID: ID:NO775zrD0.net

ほんのり書きたいんだけど、文章下手でまとめきれん。
とりあえず書いたけど下手でスマン。

30年ほど前、俺がまだ小学生の頃
うちの道を挟んで向かいにあった鉄工所が潰れて更地になり
家が3軒たったが、そこに住む人が皆おかしくなった

一番端の角の家
中学生の男の子がいて母親がもう一人妊娠中の家族。
最初はよく男の子に遊んでもらったんだが、しばらくして挙動がおかしくなって
その年の暮れくらいには、近所の家の郵便ウケを勝手にあけて
「郵便でーす」と泥やゴミを入れるようになった
その後生まれた二人目の女の子は、なんか障害があるらしくて顔もみたことがないし障害の種類も不明
オカンが聞いた話では「心臓の病気と障害」とのことなので、もしかしたら病院から出られなかったとかなのかも。

二軒目の真ん中の家
幼稚園と就学前の子2人と両親の4人家族
引っ越してきて割とすぐ、父親の怒鳴り声、子供の悲鳴やなき声
何かが割れる音や壊れる音、奥さんらしき人の「助けて!」という叫び声が聞こえて
何度も警察が介入して、しばらくしたら子供と奥さんの姿が消えた

三軒目
息子夫婦と親が同居の予定だったが、家を買った直後に息子が転勤になり
結局、爺さんと婆さんの2人で広い3階建てに住むことになった
爺さんは足が悪いため滅多に顔をみることもなかった
婆さんは元気で明るかったんだが、しばらくしてスーパーで万引きをしたとか噂を聞いた
時々見かけると、以前はちゃんとした服を着ていたのがパジャマのような格好で髪もボサボサだった
その後、うちの庭でうんこしたりするようになって、親が庭に柵つくったりしてた。
多分今でいう認知症なんだろう、と今なら思うけど、当時は怖かった。




物凄い形相で我々を睨みつけてきた。女の目は狂人のものだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ その47

326: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/24(月) 02:50:19 ID:sH3eU5Tf0

10年前のクリスマスの夜の話。
真夜中にハイウエイを彼女を乗せてドライブしてると、
遠くに人影らしいものが見えた。
「高速道路を人が渡っているのか?」、
とりあえず速度は落として近づくとやはり人だった。
なんと、この寒い中を若い女性が一糸まとわぬ姿で立っていた。
車が近づくのに避けようともしない。

こんな文章で締めくくられていた。「許してくれるなら、話しは別だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ その47

305: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/22(土) 23:56:16 ID:oHYX9D6m0

知ってる人もいると思うけど、プレイステーションとかのゲーム用のディスクをPCに突っ込ませると
「README」とかのファイル名で開発者からのメッセージがたまに入ってることがある。

で、一時期俺はゲーム中の画像を吸い出すことにハマってた。
もちろん、違法なことに使おうだなんてまったく思ってなくて、単純に趣味と暇潰しとして。

片っ端からディスクを読み込ませてはデータを解析する日々が続いたある日。
俺はあるゲームを読み込ませることにした。
そのゲームの評判は決して高くなく、世間では「クソゲー」と呼ばれる類のものだったが、吸い出せそうな画像は多かった。
ところが、「これは期待できるかな」と思いながらディスクを解析させてみたものの、まったく画像は吸い出せず。

「やられた」…と思ったときだった。
俺はフォルダの片隅に「README」ってタイトルのword文書があることに気づいた。
「どうせ『ご購入ありがとうございます~』的な文章なんだろうな…」そう思いつつ、俺はそのファイルを開くことにした。


さっき帰ってきた弟が数分後、玄関から再度帰ってきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ その47

297: 1/2 投稿日:2008/03/22(土) 22:59:26 ID:vK19SDSNO

小学生の頃の話。
土曜日、学校から帰って来たオレは母ちゃんと台所で昼飯のラーメンを食っていた。
しばらくして、同じく小学生だった弟が帰ってきた。
「ただいま~」
いつものように台所横を通って階段を駆け上がり、部屋にランドセルを置きに行く弟。
「ラーメンするよ~」
「うん」
弟の分の袋麺をあげてゆがきだす母ちゃん。
いつもの土曜日の光景だった。

そこまでは。



いったいあの電話は誰が誰にかけ、そして誰が取り次いだのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ その47

292: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/22(土) 13:24:37 ID:9t6HCqur0

この話は自分が実際に体験した話です。
今から5年程前、ある定時制高校の夜間警備のバイトをしていた時のことです。
いつもはクラブなどで退出時間ぎりぎりまで残っている先生方も
その日はお盆ということもあって早めに帰ってしまいました。
私は誰もいないのを警備盤で確認し、早めに巡回を終わらせてしまおうと警備室をあとにしました。
何事もなく巡回は進み普通科練の二階にさしかかった時でした。
電話が鳴っているのです。

ギャラリー
  • 【怖い話】先生は30分経っても帰ってきません  僕らはどうしようかと相談しました
  • 【オカルト】オカシイと思いそのNo.のテーブルを見ると無人。席は無人だし従業員も無視している。
  • 【オカルト】なにもしてないのにパソコンが壊れた
  • 【事件】オウム真理教のWikipedia見て一日終わってもうた……オウムはなにが目的だったのだろうか【信仰】
  • 【ほんのり】ある晩、部屋から何か物音がすることに気付いた。なぜか「誰か訪ねに来た」と思って、「誰ですか?」と
  • 【オカルト】心霊スポットでくしゃみが4回、5回、中々止まらない  ……10回、15回
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク