オカルト速報:ほんのりと怖い話カテゴリの記事

【ほんのり】プラナリアは切断されれば、それぞれが再生し新しい個体になる。彼はプラナリアが増えすぎたら近くのどぶ川に捨てていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi

574
本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/04/16(日) 15:23:34.82 ID: ID:XCVDJuTAO.net

子供のとき読んだ、地元青森の出版社が出した地元の怪談を集めた本に載ってた怖いと言うか気持ち悪い話。
青森のある大学(まあ弘前大学だろうな)にある学生がいた。優秀だが、暗い性格で人には避けられていた。
彼はプラナリアの研究をしていて、大学のみならず自分のアパートでもプラナリアを飼育していた。

【ほんのり】寝ていたら背中のところにスルッと猫が入ってくる気配があったのでなでようとすると モフモフじゃなくて何かぶよっとしたものに触った

このエントリーをはてなブックマークに追加

0adaf2a1
634
本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/04/21(金) 13:16:05.84 ID: ID:tFdlXQG30.net

就職に伴い3月末から一人暮らししてるんだが
この部屋出るかもしれん

引っ越してすぐ、部屋で寝ていたら、背中のところにスルッと猫が入ってくる気配があったので
いくら寒くても布団に入ってくるなんて滅多にないのに珍しいな、と思って
「猫アンカつけてやろうか」と声をかけ、腕を回して猫の背中をなでようとすると
モフモフじゃなくて何かぶよっとしたものに触った
焦って布団から転がり出て電気つけたんだが、布団の中には何もいなかった
というか、猫は実家にいるんだから、猫が新居の俺の布団に入ってくるわけもないことに気づいた
その後も夜中に背中のあたりとか足元とかに何か入ってきた感じがすることがある


【ほんのり】俺は「なんで座ってんの~! 悲しくないよ~! 俺は何もできないんだってば~!!!!」ってわんわん泣いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi

592
本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/04/17(月) 22:05:42.43 ID: ID:pG4ZVt480.net

ほんのりすぎて怖くないかもしれない話。

俺の家系や周りには、霊感が強い人が多い。
父祖母、母祖父母、叔母、伯母、従姉妹(A、B)、姉、姉の幼馴染み(T)、とやたら多い。
小学生の時の話。
親戚で集まって、婆ちゃんの家で焼肉をして、夜もふけてきたし、子供たちみんな婆ちゃんの家に泊まるかって話になった。
婆ちゃんの家は1階がリビングとか婆ちゃんの部屋や子供部屋、
2階に叔母夫婦の寝室と階段の踊り場を挟んで向かいにいつもは物置にしてる四畳半くらいの小さな部屋があって、
子供達が泊まる時はいつもその四畳半を好き勝手使っていいことになってた。
その日は俺と姉と幼馴染み、従姉妹(A、B)の5人で布団を敷き詰めて寝てた。
最初は電気を消して暗くなった後もちょっかい出し合ったりしてワイワイしてたんだけど、みんなふっと黙ったんだ。
かくいう俺もなんか寒い?って思って空気読んで黙った。
八月半ばだとしても、寒いというか、重いというか、とにかく変な感じ。
しばらくみんなでキョロキョロしてたんだけど、一番年下の従姉妹のBが急に「悲しい悲しい」って泣き出した。
怖い、悲しいって言いながらガチガチふるえてて、俺はおばあちゃんに昔から言われてたように「怖いって思うとつけ込まれるから、怖くないって思うんだよ。
怖くない、自分は何も出来ないから他のところに行ってって思うんだよ」って軽く言ってた。姉も幼馴染みのTも「そうそう、気にしない!寝よ?」って励ましてたんだけど、ずっと泣き止まないんだよ。
次第にイライラしてきて、ほっとこうと周り目をやって、絶句した。




 

【ほんのり】ボロボロ、血まみれ、今にも死にそうな様子だが目は爛々と光っていて歩き続ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi

618
1/2@\(^o^)/2017/04/20(木) 18:30:08.47 ID: ID:QrF9WOeW0.net

同業の先輩から聞いた話

先輩はお寺の子
とはいえそこから出奔(?)して板金屋を起業し辣腕を振るってた人
元板金なのですごい怖いが、でも愛嬌があって憎めない先輩
果たして何の因果か俺と同業になり、可愛がってもらって現在に至る

確か百物語っぽいのしようぜ! と別の先輩(留学経験あり。だからか?)が言い出したんだったか
俺たちはなんとなく経験した怖い話を次々語りだしたんだった
その中で先輩(元板金社長)が語ったのが今回の話

いわく
「俺は一度だけ見たことがある」とのこと
「はぁ」みたいな反応を返したと思う
なんでも、お寺で過ごした少年時代に見たそうだ




 

【ほんのり】スマイル浮かべた真っ赤な顔が一つ、怒ってる顔がもう一つ。隅っこのほうでは潰れた顔の男が控えめに覗いてる

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi

613
1/2@\(^o^)/2017/04/20(木) 12:39:42.03 ID: ID:QrF9WOeW0.net

ほんのりと怖いはずの話
ふと思い出したので書く

中学の修学旅行のときのこと
初日に京都を襲撃して奈良まで移動
山奥のやっすい旅館に泊まって2日目に奈良観光というよくあるコース
無事に旅館へ到着し、班ごとに部屋へ押し込められた俺たち
風呂を浴びて、修学旅行テンションも落ち着いてきた頃合いだったと思う
一人がドヤ顔でリュックの中からデジカメを取り出してしまったんだ

俺たちのテンション再燃
修学旅行に密輸入されたデジカメの降臨に高まる熱狂
当然はじまる記念撮影大会
ところが、5枚ぐらい撮ったところでおかしなものが映ってることに気付く
光の玉みたいなのがちらちら映り込んでたんだ

当時、第何次目かの心霊番組ブームが来ていた
そういった番組では写真に映る光の玉を「オーブ」と呼び、心霊写真の一種として扱う
純粋無垢なアホガキたる俺たちも当然そのことを知っていた
だから誰かが自然と言い出したんだ
「これオーブじゃない?」って




 
ギャラリー
  • 【オカルト】私の友人はハト好きです。ある日嬉しそうに話してくれました。「最近,うちによくハトが訪ねて来るんだ」
  • 【オカルト】「そういえばあのオヤジの部屋を特定したんだった」 本屋に行くついでにあの部屋を昼間、 外から眺めてみようと歩いて家を出た
  • 【オカルト】異様に静まった居間で突然祖父が「…来るぞ」とボソッと呟く。 すると玄関のドアが突然開き……
  • 【不思議な話】コンビニ全店の自動ドアが全く反応せん時期があった。スーパーや銀行の自動ドアはフツーに開く。
  • 【ほんのり】枕からフライドチキンが出てきた。 何言ってるのかわけわからんと思うけど本当のことなんです。
  • 【オカルト】想像すると怖い。私はひとり暮らしなのですがコタツ机とベッドがすぐ近くにあります……
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク