彼女がうつ伏せになって腕を顎の下で組んだ状態で頭を上げてこちらを見ていたのだ。 一瞬で目が覚めた。 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?252

203: 自治スレでローカルルール他を議論中 2010/10/30 05:42:43 ID:k1QPKbhg0

学生の頃の思い出。

僕が行ってた大学はわりと全国から入学者が集まる学校で
新入生の9割くらいは寮に入っていた。
寮の部屋は広さは6畳弱ぐらい、間口よりも奥行きが長い長方形の部屋で
金属製のベッドと机が各部屋に備えられていた。
水道と小さなシンクはあるがトイレ、キッチン、ランドリーは共同で各階に、
風呂は共同棟に銭湯のようなものがあった。
男子棟、女子棟と別れてはいたが寮監みたいなのは無く出入りは全くの自由だった。
ベッドと机は移動できたので各自他に必要な家具や小さい冷蔵庫などを持ち込んで
自由に配置して自分の部屋を作っていた。
そんな寮で暮らしていた1年生の時の話。

寮と言っても前述のとおり出入りは自由だったので
僕らはよく男女問わず誰かの部屋に集まってゲームしたり朝まで飲んだり話し込んだりしていた。
その夜は同級生の女の子の部屋で数人で集まって飲んでいた。
その子の部屋はベッドと机を部屋の奥の窓のほうに配置し、
玄関ドアを開けてすぐの所に割と大きなスペースをとってコタツを置いていた。
このコタツのおかげでみんながよく集まる部屋になっていた。



204: 自治スレでローカルルール他を議論中 2010/10/30 05:43:24 ID:k1QPKbhg0

12時に近くなった頃、何人かは自分の部屋に帰り
その部屋には部屋主の子ともう一人の女の子、そして僕の3人になった。
みんないい加減酔って眠くなっており、部屋主の子がベッドに入ってしまうと
僕ともう一人もコタツに入ったままなんとなく横になりそのままうとうとと寝てしまった。
空が白けてきた頃ふと目が覚めるとまだ2人は寝ている。
僕は少し朦朧としながらも急に下心が湧き出し、
コタツの向こう側に寝ている女の子の下半身を見てみたくなり、
コタツ布団をそろっと持ち上げ、音がしないように体をねじりながら中を覗き込んだ。

一瞬の事だった。
ありえない物を見て僕は持ち上げた布団を床に叩きつけるように閉じた。
尻と足が見えるはずのコタツの中に
彼女がうつ伏せになって腕を顎の下で組んだ状態で頭を上げてこちらを見ていたのだ。
一瞬で目が覚めた。
コタツの外では当然彼女が寝息を立てている。ちゃんと頭も見える。
見間違いかと思ったがもう一度コタツの中を確かめる勇気はなかった。
それから部屋主の女の子が起きるまでの小一時間、
身動きも出来ずに目だけが冴えながらまんじりともせず過ごした。

当然コタツの中を覗いた事など本人に言えるわけもなかったが
その後は一切その子に変わった事はなかった。
その部屋で変な事があったのもその一度きりだけだった。
でも僕はそれからコタツの中を覗けなくなった。


PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【不思議な体験】そういえば俺は5歳より前の俺自身の写真を家で見たことがない。 幼稚園卒業のころからの写真しかなかった。
  • 【ほんのり】こんな時間に子供が歩いてるなんてちょっと異様。なんかうつむいて両手ゴシゴシして泣いてるみたいに見えた
  • 【オカルト】会社の霊感強い人2人が見えるものを絵を描いたら全く同じ絵で、白い蛇だった
  • 【風習・信仰】お寺には入ってはいけない場所、禁域がある。 崖下から忌みものが村に戻っていかないように守っているんだそうだ。
  • 【オカルト】おばあさんが「獣くさい。狐がいる」と 四人のうち2人が聞いた。私ともう一人は「いらっしゃい。大きいねぇ」くらいしか喋っていないと主張
  • 【都市伝説】『人を喰った話』彼女は「見てて」と言って、紙とボールペンを取り出して「ぎょーざ」と字を書きました。そして口に放りこんで……
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク