創作であったはずのあの話、それのどこかが「あちら側」の琴線に触れてしまったのでしょうか? | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?195

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1216473020/


267: 本当にあった怖い名無し 2008/07/25(金) 03:45:09 ID:t/O11+0y0

俺の友人の話です。

奴は作家志望(というか印税生活志望)で、いろんな出版社に駄文を書いてはよく送り付けてました。
そして去年、この板にいる方は知ってらっしゃるかと思います、某実話怪談本の企画に応募するために
一編の話を書き上げまして。
まあその話自体奴の創作(この時点で規約的にはアウトなんですが)だったんですけど。
で、その日の深夜に奴から電話が掛かって来まして…なんだか凄く取り乱してる様子で。
「な、なあ○○(自分のことです)、今さ…どこにいる?」
「どこって、自分の部屋だけど」
「い、い、今から俺の家来てくれん?」
「やだよ。何時だと思っとるんよ」
「やばいんだよ…押入れからさ…押入れから白い女が…」
「それお前が書いた話やろうが。からかっとるんか?」
「い、いや、ホントなんだって!ほん…ちょっ…嫌だ…まっ…プツッ(電話切れた)」
その時は手の込んだいたずらかと思って放置しました。
そしてそれ以来、その友人は失踪してしまいました。


友人の部屋からは、あの話を書いた原稿は見つかりませんでした。
そして、それほどの事件だったにもかかわらず
確かにあの話を聞いたはずの俺の記憶にも話の内容は殆ど残っていません。
ただ、最後に友人が言った「押入れ」「白い女」というのが記憶に残るのみです。
創作であったはずのあの話、それのどこかが「あちら側」の琴線に触れてしまったのでしょうか?
もはや何も真実はわかりません。



PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (1)

    • 1.
    • 2014年01月31日 23:11
    • 「琴線に触れる」は「感動する」という意味なんだが…
      「逆鱗に触れる」と言いたかったのか?

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【怖い話】神社でお化け屋敷って普通なのか? / 見世物小屋の思い出
  • 【オカルト】車一台しか通れないような細い道を挟んで家がいくつか並んでいて、その全部の家に何故か玄関が2つあった。
  • 【オカルト】怪談とは少し違うかもだが、少し前 東日本大震災があって少し経った頃のこと
  • 【ほんのり】友達のイタズラ?とか思ったけど、これ普通に考えたら郵便受けに入るはずがないもの。
  • 【不思議な話】なぜ私の家の電話番号を知っているのかも疑問でした。何かを言っているのですが、あまりよく聞き取れません
  • 【風習・信仰】幽霊も仏教のしきたりや作法に従ってるんだよ
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク