物凄い形相で我々を睨みつけてきた。女の目は狂人のものだった。 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ その47

326: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/24(月) 02:50:19 ID:sH3eU5Tf0

10年前のクリスマスの夜の話。
真夜中にハイウエイを彼女を乗せてドライブしてると、
遠くに人影らしいものが見えた。
「高速道路を人が渡っているのか?」、
とりあえず速度は落として近づくとやはり人だった。
なんと、この寒い中を若い女性が一糸まとわぬ姿で立っていた。
車が近づくのに避けようともしない。

あわてて急ブレーキをかけると、車は女の前で止まった。
女は「クソ!」というような素振りをし、そして車に近づき、
両手でボンネットを激しくたたきながら、物凄い形相で我々を睨みつけてきた。
女の目は狂人のものだった。
「どけ、このキチガイが!!!」
クラクションを思いっきり鳴らし続けると
女はあきらめたらしく我々のそばから立ち去った。
横にのっていた彼女は、現実にありえない光景をみたという表情で呆然としていた。

今考えると、あの女は自分の死に場所を求めて彷徨っていたのだろうかとも思う。
しかし、なぜ、冬の真夜中に裸でいたのか、という疑問が残っているのだが・・・



PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1.
    • 2014年06月23日 17:37
    • で美人だった?
    • 2. 名無し
    • 2014年08月03日 15:33
    • 高速道路で人を見かけたら通報してね☆

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【陰謀論】面白い陰謀論教えてや 『現在の欧州の王家や旧王家がドイツ系かフランス系しかいないのは独仏が裏で手を組んでるから』
  • 【ほんのり】自分が来たときから住んでる上の階の住人が、小さな子供連れで、深夜になってもどたどた足音が聞こえてきてた
  • 【オカルト】灯台の断崖絶壁を、人が這い上がって登っているのです。 三人とも無言で、ひたすらその異様な光景を見ていました。
  • 【風習・信仰】埋葬後3年目に遺体を掘り出して洗骨する風習があった。  洗骨しないと次の死者が埋葬できないしきたりだった
  • 【オカルト】近鉄の最終電車  中はガラガラなのに走っているのを外から見ると  満員状態
  • 【オカルト談義】女には、呪術的で神聖な力が宿っていると信じられていたんだね。  西洋の魔女狩りにも見られる、この「女性の神秘性」ってすごく興味深い
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク