【オカルト】結果、俺は右手の人差し指を少し切るだけで済んだのだが、 扇風機の翼は壁に深い傷跡を残し、止まっていた。 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない恐い話を集めてみない?70

608: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/04/12 00:12 ID:OLrbKjLc

昔、ある夏の暑い日のこと。
夏特有の夜の蒸し暑さに耐えかねて寝る前に壁掛け扇風機を回して寝ていた。
クーラーなんてものは居間にしかなかった。
それでも寝られず、仕方なくもう一台の扇風機も稼動させた。
しかし俺のベッドはパイプベッドだったため、寝床が高い位置にあり、
悩んだ末、イスの上に扇風機を乗せて回すことにした。

扇風機

■|  |_俺_|   こんな配置。
| ̄|  |  |
 ↑  ↑
 イス パイプベッド

二台目の扇風機のおかげで、俺は心地よく寝付くことができた。

そして次の日の朝。
休日だったためぐっすり寝続けていると、
俺の部屋からしか出入りできないベランダに干すための洗濯物を持って母がやってきた。
なぜか妹も一緒だった。
「いい加減起きなさいよ」
そう母と妹に言われ、回り続けていたイスの上の扇風機を寝ぼけ眼で止めようとした。



609: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/04/12 00:13 ID:OLrbKjLc

しかしその時、誤って扇風機をイスから落としてしまった。
扇風機は床に叩きつけられ、枠(?)の部分がはずれ、
回り続けていた扇風機の翼はその回転を弛めることなく俺のほうへ飛んできた。
その軌道は間違いなく俺の顔面直撃コースだったため、おもわず手で防いだ。

結果、俺は右手の人差し指を少し切るだけで済んだのだが、
扇風機の翼は壁に深い傷跡を残し、止まっていた。
母と妹は突然のことに一瞬驚愕した表情を見せ、妹はすぐさま絆創膏を持ってきてくれた。
母は「あんた、大丈夫ね!?」と心配してくれた。

自業自得とはいえ、もし手で防ごうとしなかったら、
俺の元から不細工な顔は、もう人様に見せられるものでは無くなっていたかも知れない。
もしくはそれ以上のことも……。
そう思ったとき、俺は妹の持ってきてくれた絆創膏を張りながら、ただただ安堵した。


別に怖くなくてスマン。
ただ実際に起こったとき洒落にならんくらい驚いたのを思い出して、書いてみた。


PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1.
    • 2015年01月14日 13:16
    • ありうる話なのかどうかわからないけど
      光景を想像して笑ってしまった。
      本当の話だとしたら申し訳ない。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】家に帰って、たまに部屋の空気が違う時っていつも閉まってる押入れが少し開いてる。そんな時は……
  • 【ほんのり】全身包帯で隠れてたんで、生身で見える所は両目だけ。包帯は黒やら茶色やら黄色やらで汚れてたんだが、何故か傷に当てて汚れた包帯を見るような不快感は無かった。
  • 【オカルト】大学1年生の時、神戸も震災後数年で部屋がなく運よく見つかった部屋が霊付きだったかというくらい。
  • 【不思議な話】ガラガラだった筈の車両が満席、通路まで人だらけ。自分の席にも誰か座っちゃってる。どこにも停車してないのに。
  • 【都市伝説】『ネクロフィリア』 オークションが開かれ八百万円の値が付けられた。ちなみに大抵の場合は一番乗りで二百万円だそうだ。
  • 【ほんのり】隣にちっちゃい子住んでるからその子が弾いてるのかもしれないけど夜中の2時とかにも聞こえたりする
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク