気がついたら部屋の隅に三人知らない人が立っており、上目遣いの凄い形相で主治医を睨んでた。 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加
202: 本当にあった怖い名無し 2011/06/09(木) 00:54:54.90 ID:d3Lw32mR0

親父が肝臓やって死にかけたとき、
母ちゃんと病院の説明室で主治医と研修医から話を聞いた。
大きなテーブルを挟んで対面していたんだが、気がついたら部屋の隅に三人知らない人が立っており、上目遣いの凄い形相で主治医を睨んでた。

オレはこれはこの世のものじゃないと思い、怖くて見ないようにしてた。
誰も気づいていないようだった。

猛反対する両親を遮り、強引にセカンドオピニオンをし、違う病院に移した。
親父は告げられた余命よりはだいぶ長生きした。
でもオレはあそこで見た連中の顔が目に焼き付いて、しばらく安定剤頼みになってしまった。
ほんとに怖かった。

あと、その病院に見舞いにいったとき、一度だけあったこと。
乗っていたエレベーターがとまり、乗り込もうとした看護婦に、
あっ、いっぱいですね、先どうぞ
と言われた。
乗ってたのはオレと母ちゃんだけだったのに。
なんか変な土地に建てちまったんじゃねえの、あの病院。


引用元 : 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?268


PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1.
    • 2012年11月30日 00:52
    • そういう所はいると聞くね
    • 2.
    • 2012年11月30日 09:48
    • 部屋で睨んでいたのはその主治医の誤診で亡くなった人達だったんじゃないかと・・・
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2015年12月03日 08:07
    • 目と目が合う瞬間

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【ほんのり】結婚して結婚7年目になる嫁が、蛇なんじゃないかと思う。そう思った根拠は色々あるんだが
  • 【怖い話】北欧の小さな町に滞在したら、日本人が来たのは初めてらしく歓迎してくれた。それに味をしめて今度は西部の田舎へ行った。
  • 【オカルト】ふと目線を下げて見ると、背後に、俺の太ももの位置位の身長しか無い女がいた。全力で逃げた。
  • 【オカルト】古い寺の前に差しかかった時、 『ミー、ミーミーミーミー・・・』 道の先から、か細い子猫の声が聞こえてきました。
  • 【オカルト】実家の離れに蔵がある。元々物をしまっておく蔵じゃなくて、 昔の村の病人を隔離するとこだったらしい
  • 【ほんのり】私は死んだら地獄行きなのかもしれない。善行も始めたけど多分間に合わないだろうな
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク